パナソニック製ビルトイン食洗機は絶対に深型がおすすめ!その理由と最大限に使いこなすコツを紹介してみる。

オプション・住設




我が家では新築時にパナソニック製のビルトイン食洗機を採用しました。

今まで食洗機というものを使ったことがなかった我が家。

一条工務店さんで家を新築する際にパナソニック製の標準型ビルトイン食洗機が標準装備だったこともあり、この際にということで深形へとグレードアップして採用を致しました。

結果として最初は食器の入れ方にも四苦八苦!

思った通りに食器が入らずに手洗いするものも意外と多く、食洗機があっても使わなくなるという人のレビューが頭をチラつきました。

しかし何故綺麗に食器が入らないんだろう?と考えるうちにコツを覚えるとなんと使い勝手の良いものでしょうか。

結果として親子3人で朝晩の2食分の食器をほぼ全て食洗機に入れて洗う事が出来て、手洗いするのはフライパンや鍋などの一部の調理器具だけになっています。

私と同じように初めて食洗機を使う方が食器などを選ぶ際に参考の一つとなって、食洗機を最大限に利用してくれるように。

また一条工務店さんで打ち合わせ中の方には強く深型食洗機をおすすめしたいのですがその理由なども含めてこの記事を書いてみたいと思います。

パナソニック製ビルトイン食洗機

我が家で使用している食洗機は2016年に販売されていたM7シリーズになるかと思います。

参照:パナソニック ビルトイン食洗機現行機比較一覧 H27.4

一条工務店さんで採用される食洗機の品番がちょっと違うのは販売店専用モデルのような扱いだからなのかな?と思います。

2018年現在はこのパナソニック製ビルトイン食洗機はM8シリーズへと進化しているようです。

私が使っているM7シリーズとの大きな違いは以下のようになりそうです。

新機種での変更点

ムービングラックプラス

上カゴの可動範囲が広がり食洗機上部の使い勝手が大きく改善しているようです。

これに伴い下部のピンの形状も若干変わっているようです。

安定性が増したということですがピン形状の変更であり基本的な使い勝手は私の機種と同じものとして説明せさせて頂きますね。

3Dプラネットアーム洗浄

先程紹介したムービングラックプラスにより上カゴの形状が変わったこともあり新ノズルで洗浄パターンが若干変わったようです。

大きな変更はない

先程紹介したもので上カゴの仕様変更などはコツを覚えれば確実に使い勝手が良くなりそうですね。

食洗機上部のスペースを有効活用できるのは深形を選んでこその機能かなと考えます。

また上位機種のK8シリーズを採用出来ればノック2回で扉がフルオープンになる仕様があるようです。

POINT
これはドア材などの指定がありそうですので一条工務店さんに採用することは難しそうに思えます。実質的にパナソニックさんの指定キッチンに採用されるモデルなのかなと思います。

カゴ形状やピン形状が若干変わりましたがこれは型式が新しくなる度に改良が重ねられている点ですね。

この新仕様の食洗機がどの段階から一条工務店さんで採用されているのか?採用される予定なのか?はちょっと分かりません。

すみません。

とりあえず今回紹介します私のM7シリーズとは「大きな差」は無いものとして説明を続けさせて頂きます。

食洗機が使い難いと思う原因

それでは私が生まれて初めて食洗機を使った際に上手に使いこなすことが出来なかった原因を探ってみたいと思います。

食洗機対応の食器が少ない

まずはそもそも食洗機対応の食器が少なかったです。

食洗機は洗浄の際に約80℃の高温のお湯で洗いますので90℃以上の耐熱性の無いものは変形などの原因になります。

また洗えない物の例はこちらのページをご覧頂ければそのダメな理由などと共に確認が出来ます。

我が家においてネックになったのは主に

  • 木製の食器
  • 耐熱温度が90℃以下

に該当する物です。

木製の小皿なども沢山ありましたしそもそも耐熱性が確認出来ない食器も沢山ありました。

これは食洗機で高温洗浄した際に熱で反ったりする可能性があるという事なのでそれを覚悟で洗うのであれば良いと思います。

しかし一方で後述する理由により木製の食器はどうしても食洗機で洗いにくかったです。

食器が上手く入らない

我が家は食器に対して全く拘りがありませんでした。

学生時代にひとり暮らしをしている時から愛用している物もあれば、何となく100円ショップで買った物から適当に近所のホームセンターで買った物まで。

ここで食洗機に入らない理由として2つ挙げたいと思います。

食器が厚いために立たない

食洗機は基本的に底面にあるピンに食器を引っ掛けて立たせるか、ピンとピンの間に挟んで立たせるかの2パターンで食器を収納します。

例えばこのカレーやパスタなどに使っていた食器ですが物凄い分厚い上に形が歪です。

このように2枚分のピンを使わないと立たないので2枚入れただけでこんなにスペースを使ってしまいます。

こんな焼き魚やおつまみなどに使っていた平皿も

とりあず無理やり立たせてみましたがまともに入りません。

このように形状的に無駄なスペースを使ってしまう食器は全て他の食器で代用をするようにしました。

単純にサイズオーバー

これは物理的に食洗機に入れられるサイズを越えているものになります。

私は晩酌をするのが大好きなのですがこのようなビールグラスはダメですね。

このグラスの高さは約16.5cmなのですが上部カゴに立てて入れた際に扉を閉めることが出来ません。

なのでビールを飲む際にはこのようなスタウトタイプのビールグラスを使います。

こちらは高さが約13.5cmになりますが深型の場合これなら立てたまま食洗機に入れることが出来ます。

食器を入れる場所が被る

普段からつい手に取ってしまう使いやすい食器ってあると思うんです。

その食器たちが例えばしっかりとピンに立てて洗えるとしましょう。

しかしその食器を入れるエリアが同じだった場合には他の場所が空いていても入れることが出来ないんですよね。

その為に一度に何枚も使った際に収納しきれずに他のスペースが空いているのに泣く泣く手洗いする事が多かったです。

どんなに使いやすくても複数枚を使う食器は入れる場所を特定してしまうと食洗機に入り切らない可能性が高くなり結果的に手洗いすることになってしまいます。

よってこの系統の食器は最小限を残すだけにして廃棄しました。

洗い上がりが綺麗にならない

これは食器とは全く別の問題です。

食洗機は高温のお湯と強アルカリ性の洗剤(※中性洗剤の場合は別です)を使ってノズルからの水圧と共に汚れを落とすものです。

汚れを落とす様子はこちらの動画を見て頂けるとよく分かりますし、これを見て頂けるとお皿を入れる際のヒントにもなると思います。

下部に設置した食器に食品残渣(食べかす)が付いているとその残渣が上部に置いたグラスなどに直接付着し、洗い残しとして失敗することが有りました。

我が家では食洗機に入れる前にシンクに待機している洗う前の鍋やフライパンなどに溜まった水に食器を潜らせて食べかすを落としています。

脂ギッシュな水とかでも全く気にしません。

また子供が使ったティッシュペーパーのカスを使ってそのままゴミ箱へ捨てたりするなどして残渣を処理する場合もあります。

わざわざその為に桶に水を貯めたりはしませんが水ほうき水栓のシャワーでざーっと洗い流す事はあります。

しかしこの作業をすることで洗い上がりが失敗したということはまず無くなります。

予洗いの認識

この作業は一般的に予洗いと呼ばれるかもしれません。

予洗いするならそのまま洗ったほうが良いという事は食洗機を使わない方からよくお聞きしますね。

私のこの食品残渣を取り除く作業というのはあくまで食洗機に入れた際に固形の物が出ないようにそれを排除するするための作業です。

例えばカレーなども固形物が残っていなければ全く気にせずに食洗機へ入れてしまいます。

食洗機を最大限利用するにはその為の準備が必要である

このように食洗機を最大限に利用するためには適切な食器選びが重要かと思います。

また食器に限らずに日々洗い物をする物を食洗機で使えるように揃えていく、買い替えていくことも必要かなと思います。

こちらの記事にその為に揃えた物を紹介させて頂きましたのでご覧頂ければと思います。

食洗機に入れる工程を紹介

それでは我が家で実際に出ることの多い食器を元にどんな順番で食器をいれていくと効率的に収納できるかを紹介してみようと思います。

まずは置き場所が固定された食器を入れる

置き場所が固定された物というのは主にお椀や小鉢系の食器になります。

こちらを入れることにより余ったエリアにどこにでも入れられる食器を吟味して入れることが出来ます。

小鉢系

こちらはお椀などを入れるエリアになります。

その間の真ん中のエリアは子供の小さなお椀や小鉢系を入れる場所にしています。

大きいお椀系は隣同士だと当たってしまいますが間に小鉢を挟むことで収納が可能になります。

このような感じで小さい小鉢から大きな小鉢のような感じで置くこともありますが小鉢の数が多い場合には。

このようにお隣のエリアにお邪魔することもあります。

ご飯のお茶碗&味噌汁お椀

次はご飯のお茶碗と味噌汁のお椀になります。

食器の記事で紹介しましたサルヤトンの330mlお茶碗を置きまして。

その上で味噌汁お椀を入れます。

お椀は深さがあるので同じ種類を並べるとお椀同士が接触して入らなかったりする原因になるのですがこのようにすることで最大限に入れることが出来ます。

またこのようにノズルから出る水流がお椀の下だけでなく脇からも入り込むようになりますので洗い残しが無くなります。

特にも納豆食べた後とかね。

ちゃんと落ちるのかなといつもドキドキします。

その上でサルヤトンの680mlを置くと一通りのお椀系の食器が入ったことになります。

サルヤトンの680mlを使うのは私だけの事が多いのでお椀の後ろにイッタラのボウル等を入れることも多いです。

このように置くことで深さのあるお椀同士が重なることがなく効率的に綺麗に入れることが出来ます。

まな板やティファールの蓋など

次はまな板やティファールのフライパンセットに入っている蓋を入れます。

こちらの記事で紹介しましたまな板はこちらの大皿エリアに食器と同じように立てて入れることが出来るのが何よりのメリットですね。

ティファールのこのタイプの蓋は食洗機対応なので余裕があればどんどん立てて入れます。

ティファールのフライパンや鍋はアルカリ性洗剤を使用している食洗機では洗えません。中性洗剤を入れていたとしても食器類を最大限に洗うことを考えるので余程でない限りは食洗機では洗いません。

大きな平皿

カレーやパスタなどを食べた際に使うティーマボウルの21cmやプレートの21cmはこちらに入れるしか無いので定位置と言えそうです

今回は写真撮影しませんでしたが包丁などは指定された位置に入れます。

包丁はこのエリアに入れるのですがポイントはお椀などを最初に入れた後に包丁を入れることでしょうか。

包丁を先に入れてしまうと柄の部分が邪魔になってお椀を入れる点数が減ってしまうことが多いです。

お椀を先に入れて包丁の柄をお椀の上に置くような感じにすると良さそうですよ。

どこにでも入れられる食器を入れる

お椀系やまな板などの大きなものが入りましたら次は残ったエリアにどこにでも入れられる食器を入れていきます。

ティーマシリアルボウル15cm

まずはどこにでも入るメインの食器であるシリアルボウル15cmを入れていきます。

お椀エリアは説明の為に沢山入れていますが毎日こんなに数が出るわけではありません。

お椀を入れて余った場所がある際はこちらから入れていきます。

お椀エリアに入り切らない場合はこちらの大皿エリアにも入れます。

ほとんどの場合はここまででお椀やボウル系はほぼ入りきります。

ティーマプレート17cm

ティーマプレートは2箇所入れる候補エリアがあります。

大皿エリアに入るならばそこに入れきってしまいますが

足りなければ小物入れの脇のエリアに持ってくるしかありません。

しかしこちらのエリアは別の物(お弁当用の小物カゴ)を入れたい場所になりますので出来るだけ使いたくない場所になります。

お弁当など

お弁当に関してはこちらの記事で説明させて頂きましたがとりあえず流れとしてご覧ください。

お弁当は本体と蓋の定位置が異なります。

お弁当の本体はこちらが定位置になります。

蓋は空いたスペースに入れることが多いですがこちらに入れる事が多いです。

新しいムービングラックは上カゴがフラットになりお弁当などを置けるような形状になっているようですが、グラスの数などによっては置く場所は一考が必要かもしれませんね。

次はお弁当のシリコンカップなどを入れる小物入れですね。

こちらの平皿エリアに立てることは出来るのです。

しかし中にシリコンカップを入れた場合はノズルから出る水流の角度などの問題で洗い残しや洗浄後に水が溜まっていたりすることがあり適切ではないようです。

基本的にこちらの小物エリアの脇に立て掛けて入れることが多いです。

これは上カゴエリアにグラスが置ききれなくなる可能性があるからです。

しかしお弁当が2個になると小物カゴも2個使いますし、皿の数によっては上カゴに置かざるを得ない時もありますので。

上カゴに置くときにはこのように下向きに入れます。

また大皿エリアなどの皿の上に被せて置いてしまう場合もありますが洗い残しが出る場合があるのでそれは最後の手段でしょうか。

上カゴエリア

上カゴエリアには主にグラスを置くことになります。

注意すべきはこの上カゴエリアに入れる事が出来る物の高さになりますでしょうか。

私はビールが好きでよく飲むのですが出来るだけグラスに注いで飲むようにしています。

しかしこのような高さのグラスは食洗機に入れることができません。

食洗機で洗いたいので現在はこのようなスタウトタイプのグラスを使用しています。

このようの我が家で使用している深型のタイプでは上カゴに置ける物の高さは14.5cmとなっています。

我が家で使っているスタウトタイプのグラスは約13.5cmだったのでギリギリセーフだったんですね。

そしてグラスの口径もこのスタウトグラスの8.0cmぐらいが限度になります。

8.5cmぐらいまではギリギリ入りますが上カゴの真ん中当たりに入れるのがやっとですのでお使いのグラスにはご注意下さいね。

小物エリア

こちらは特に紹介することでも無いのですがこんな感じで入れております。

特に難しい事はないのですが現状の問題はこちらの記事でも紹介しましたお弁当用の箸箱を入れるスペースが少ないことでしょうか。

その他シンク周りグッズ

最後の最後には大きいものを入れて終わりになります。

まずはシンクに敷いているシリコン製のマットをこの位置に差し込みます。

山崎産業 (Yamazaki Sangyo)
¥1,237 (2018/05/26 22:16:31時点 Amazon調べ-詳細)

もちろん食洗機対応モデルになります。

また写真には撮影しませんでしたがシンクの排水口の網カゴも開いてる場所に適当に入れます。

三栄水栓製作所(SAN-EI)
¥773 (2018/05/26 22:16:32時点 Amazon調べ-詳細)

麺類などを作った際に使ったボウル関係もこちらに被せて入れてしまいます。

ここまで入るのも深型ならではなのでしょうね。

深型=入る食器点数の多さではない

ここまで我が家がビルトイン食洗機を最大限に活用するために

  • どのような食器を選び
  • どのようなキッチンツールを選び
  • どのようなお弁当グッズを選んだか

を紹介しながらその効率的な入れ方を紹介させて頂きました。

重ね重ねお伝えしますが我が家の食洗機はオプション料金を支払って深型のタイプにしております。

通常タイプと深型の決定的な違い

みなさん通常タイプと深型の違いってどんなイメージでしたか?

一般的には深型って通常よりも食器がちょっと多く入る的なイメージしか無いのかなと思うのです。

パナソニックさんのHPにも一応このような比較がされています。

大きく分けて3点

  • 庫内容量 40L→60L
  • 対応人数 5人→6人
  • 食器点数 40点→44点

庫内の寸法以外ではこのような差として紹介がされています。

深型は確かに庫内全体のサイズが大きいので容量は1.5倍とかなり大きくなっていますよね。

一方で人数や点数に目を配るとそこまでの差がないような気がします。

一条工務店さんで標準タイプから深型タイプに変更すると我が家で建築していた当時で50,000円のオプション料金が掛かっていました。

この差だけを見るとこの50,000円というオプション料金を支払う価値を見いだせずに仕分け対象にされる方も多く見受けられます。

しかし断言します。

食洗機は深型でこそその真価を発揮するのです。

その決定的な違いは入れられる食器点数の違いではありません。

庫内のあらゆるポイントに入る物の大きさが違うんです。

各所の違いを比べてみる

それではポイントとなる場所を紹介してみましょう。

お椀エリア

まずはお椀エリアですがこちらは余り違いを感じません。

上カゴを外した場合に深さが3cmほど違いがありますが普段は上カゴを外すことは無いのであまり気にする点はないのかなと思います。

我が家で上カゴを外すのは食洗機庫内に余裕がある際にパスタ鍋を洗ったり食器受けカゴを洗ったりする際だけでしょうか。

大皿エリア

大皿エリアは入る高さが全く違います。

このように高さでいうと最大で25cmと30cmという5cmの差があります。

この差が大きく出るのが大皿でもありまな板でもあります。

我が家では使っておりませんが例えばiittala(イッタラ)のティーマプレートは26cmというサイズがあります。

この皿は25cmが限度の通常タイプには入らず30cmが限度の深型にのみ入れることが出来ます。

またまな板ですが我が家で使用しているタイプ。

この29cmという絶妙なサイズのまな板を立てて入れることが出来ます。

小物エリア

こちらの小物エリアも入るものの高さに差があります。

このように高さでいうと最大で23cmと27cmという4cmの差があるように見えます。

あまり大きな差に感じられないかもしれませんが恐らくこの高さはは上カゴをある程度移動できる高さとして測定してあるのかな?と思います。

実際には庫内の高さの差としては9.5cmもの違いがありますのでかなり大きな差となって現れます。

この差を感じられるのがお玉などのキッチンツールを入れる場合になります。

一般的なお玉って調べてみると柄が24cm~26cmの場合が多いようです。

実際は柄が26cmでも全体で30cmを超えたりします。

もちろんお玉を小物入れに立てるとちょっと斜めになりますので高さ限度を少し超えた位であれば入らないことも無いのです。

このお玉は柄の部分で26cm、全体では30センチ強になりますが余裕で入ります。

しかし通常タイプの23cm(庫内内寸高さ25cm)が限度では立てて入れる事ができるお玉はかなり限られるでしょう。

同じように菜箸も長さによっては立てて入れることも出来るわけです。

この菜箸は33cmありますが小物入れに斜めに立てることが出来ればこのまま入れることが出来ます。

しかし小物入れが満杯の事も多く上カゴや下カゴに横にして入れることも多いです。

菜箸は食洗機対応ではありませんが曲がったら買い換えるつもりで食洗機に入れています。

上カゴエリア

こちらの上カゴエリアも大きな差が出ます。

こちらの図は最新式の上カゴになっているようですが高さを調べると私の物と変わらない感じなので同じものとして進めさせて頂きます。

先ほども紹介しました通り深型高さ制限が14.5cmになりますので一般的なビールグラスなどは入れることが出来ません。

普段お使いのグラス関係の高さにもよると思うのですが、晩酌でビールグラスを使う方にとってはこの高さ制限はちょっと痛いところです。

全体的に見て

ここまでは細かいエリアとして見てきたのですが最後はこの大皿エリアと小物エリアの上のスペースですね。

我が家ではこのエリアは最後にボウルやザルなどを入れることが多いです。

通常タイプと深型タイプとではこのエリアの余裕感が全く違うかと思います。

これは先程も説明しましたとおり深さ内寸の9.5cmの差がダイレクトに関係してきます。

この差は本当に大きい。

このエリアは食器点数には換算されていないスペースかと思うのです。

しかしザルやボウルに限らずに最後に上にかぶせて入れる事が出来るので他のエリアに入らなかった物を最後に入れるスペースを持っていることは食洗機を最大限に使用するという事を考えると大きな違いです。

まとめ

今回はパナソニック製のビルトイン食洗機を最大限に使うためにどのように食器を入れていけば良いのか?という点から記事を書いてみました。

もちろんどんな食器でもキッチンツールでも入るわけではありません。

食洗機には適切な食器と適切なキッチンツールを使って初めてその力を最大限に発揮できます。

そしてどんなに適切な物を使ったとしてもそれが日々使いにくいものでは仕方がありません。

そういう意味でも食洗機の様々なポイントで適応できるサイズの大きい深型オプションは絶対に欠かせないオプションになると強くお伝えしたいです。

適応食器数や対応人数だけを見ると大した差が無いように思えますがその差は歴然です。

そして半端な数しか食洗機に入れられない方が手洗いしたほうが早いとか結局使わなくなったとかというレビューをされるのでしょう。

このコツを掴んだ人と掴んでない人では食洗機に対する感想は大きく変わるものと思います。

一条工務店さんで打ち合わせ中の方で食洗機が標準の方がこの記事で深型食洗機に変更して頂き入居後に満足して頂ける事を切に願います。