食洗機へ食器の入れ方を革命的に変えたパナソニックのムービングラックプラス

パナソニック ビルトイン食洗機 ムービングラックプラス オプション・住設




多くのハウスメーカーさんでも導入されているパナソニック製のビルトイン食洗機。

その新型ビルトイン食洗機の特徴の一つに「ムービングラックプラス」という新しいラック(カゴ)があります。

食洗機を上手に使う上で

  • 入れやすい食器選び
  • 入れ方のコツ
  • 浅型と深型の選択

などという点が重要なポイントになります。

今回のこのムービングラックプラスの採用は食洗機の使い勝手を大きく変える画期的な改良だと思っています。

もう旧型を使っている私達には関係ないのね。新型の食洗機はいいですねぇ。

とお思いの方はちょっと待ってください。

旧型のパナソニック製ビルトイン食洗機をお使いの方もこのラックを使うチャンスがあるんです。

この記事では新型パナソニック製ビルトイン食洗機の簡単な特徴から、ムービングラックプラスがどんな点で優れているのかを紹介します。

上カゴに置ける物が格段に増えて、今まで食洗機に入れにくかった食器がどんどん使えるようになりましたよ♪

パナソニック製ビルトイン食洗機の特徴

まずは2019年3月現在パナソニックさんで扱っているビルトイン食洗機の特徴を簡単に紹介してみます。

既に旧型をお使いの方はどこが変わっているのかをご確認下さい。

フルオープンドア

パナソニックさんで扱っている食洗機の中でも最上位機種であるK8シリーズで採用されているのがこちらのフルオープンドアになります。

ドアを2回ノックするだけで食洗機がフルオープンしてくれる機能です。

洗い物などをしていて手が汚れていたり、ネイルなどをしている人にはとても便利な機能です。

一方でこちらの機能は最上位機種であるK8シリーズのみの機能です。

パナソニック製の一部キッチンとセットでないと採用出来ない機種ですのでご注意ください。

我が家の建築した一条工務店さんのキッチンにはどうやっても採用が出来ない機種(機能)になります。

ムービングラックプラス

1世代前まであったムービングラックに比べて上カゴの可動範囲が広がりました。

また可動範囲だけでなく置ける広さや置ける物の種類も格段に増えています。

これにより食洗機の上部の使い勝手が大きく改善しています。

また同時に下部のピン形状も若干変わっているようです。

安定性が増したということですね。

下カゴに関してはピン形状の変更であり、基本的な使い勝手は前の機種とそこまでの大きな違いは無いかなと思います。

ただし包丁ホルダーや小物などを入れる場所がモデルチェンジ毎に若干変わっています。前の機種を使っている人の入れ方などを参考にされる方はお気をつけ下さい。

3Dプラネットアーム洗浄

先程紹介しましたムービングラックプラスにより上カゴの形状が変わりました。

それに伴いノズルも新形状になり洗浄パターンが若干変わったようです。

>目次に戻る

食洗機を上手に使うコツは入れ方と入れる食器選びから

食洗機を上手く使えない!という方には

  • 思ったように食器が入らない
  • 洗い残しも出る
  • その為に余計な予洗いも必要
  • 手洗いの方が早いと感じる

という事を感じている共通点が多いと思っています。

しかし食洗機を上手に使うためにはある程度の準備が必要になります。

食洗機に入れやすい食器やキッチンツールを選択する必要があるんです。

食洗機はどんな食器でも綺麗に洗うことが出来るわけではありません。

食器類は1点物やモデルチェンジが早い物ではなく、長く使われていて同じ物が手に入りやすいものを。

関連 食洗機に入れやすいおすすめ食器は置き方を選ばないイッタラですよ!

まな板なども食洗機に使いやすい大きすぎず薄すぎす適度な物を。

関連 食洗機対応でシンデレラフィットのオススメまな板はこれだ!

洗い物が大変な毎日のお弁当や小物を入れるカゴやシリコンカップなども揃えると格段に使い勝手が変わります。

関連 食洗機でお弁当を洗いきるポイントは小物カゴとシリコンカップ!

そして何よりも食洗機を最大限に使うポイントは深型であること。

下段に詰め込んだ食器の上のエリアに、ボウルなどのキッチンツールを置ける点が、カタログスペックでは見えてこない大きな違いになります。

そのちょっとの差が洗い物を減らし食洗機を最大限に活用する大きなポイントであります。

関連 パナソニック食洗機は深型がおすすめ!浅型との大きな違いをレビュー

しかし食洗機を初めて使う際に、このような準備が一度に出来るわけではないと思います。

対応する食器類も少しずつ揃えていくことになるでしょう。

その中で徐々に食洗機が使いやすくなり、使いにくいというイメージも変わってくるのではないでしょうか。

>目次に戻る

ムービングラックで食器の種類や入れ方が大幅に改善

新型の追加機能で2ノックでドアがフルオープンしてくれる機能は、実際に家事をしてても欲しいなと思う場面があります。

しかし現状で一番大きな変更ポイントはムービングラックプラスだと思います。

食洗機が上手に使えない原因となる食器の入れ方や食器の種類が大きく広がり、使い勝手が本当に良くなったと思います。

先程の食洗機を使いやすくするポイントに、入れやすい食器を選ぶというポイントを紹介しました。

食洗機に入れにくい食器の特徴として

  • 食器の厚みや深さがありピンに立たない
  • 変な形で場所をとる
  • 食器の種類が違うので重ねて入れる際に困る
  • 入れる場所が同じで庫内に余裕があっても入らない食器がある

などの点があります。

このようなデメリットを解消するためにも、食器選びには定番で同じものが手に入る人気の食器をオススメしました。

関連 食洗機に入れやすいおすすめ食器は置き方を選ばないイッタラですよ!

一方で食洗機に入れにくい物でも普段から使い慣れた食器があるのも事実です。

そのような食器は食洗機に入れると効率が悪いので手洗いをしていました。

しかし今回のムービングラックプラスを使うことにより、このようなデメリットが大幅に改善されたと感じます。

下段に今まで通りに食器を並べます。

その後の上のエリアに今までに置けなかった食器などが置けるようになった、置ける点数が格段に増えた点が非常に大きいです。

私の使っている1世代前のムービングラックでもそれなりの量のグラスなどは上カゴに入りました。

しかしムービングラックプラスでは更に多くの物が上に載せられます。

また今までには上カゴだけでなく、下カゴにも入れるのを苦労していたこのようなお弁当箱なども入れることが出来ます。

またムービングラックプラスはたたみ方やスライドの仕方によって、背の高い物を入れる際のバリエーションも広がったと思います。

  • 食洗機はとにかく深型にすべし

この理由は深型にする事により庫内の上のスペースを最大限に活用できる事でした。

このムービングラックプラスは、まさにその使い勝手の良さを浅型・深型を問わずバージョンアップしてくれる画期的なラックだと思っています。

>目次に戻る

旧型でも使ってみたいムービングラックプラス

このように食洗機の使い勝手を大きく変えてくれたムービングラックプラス。

そのポイントは食洗機の上部エリアを最大限に活用できるようになった点です。

特にもビルトイン食洗機を選ばれる際に迷う方の多い「深型」と「浅型」の違い。

その違いはまさに上カゴの上部エリアをいかに上手に使えるか?がポイントでした。

そのポイントが浅型においても改善される事は、実際に食洗機を使っているからこそ感じるとても大きな改善点です。

しかしこのムービングラックプラスはあくまで新型についている機能というかラックです。

私の食洗機は旧型だし今更そんな事を言われても。新しい人は良いですねぇ。

とお嘆きになるのは早いですよ。

実はこのムービングラックプラス。

既に旧型のパナソニック製食洗機を使われている方でも使える可能性があるんです。

上カゴ部分だけを取り寄せて旧型のパナソニック製ビルトイン食洗機で使えるか?を実際に検証してみました。

  • 実際に使うことが出来たのか?
  • その注意点は?
  • どこでラックを買えるのか?

などは次回の記事にてご紹介したいなと思います。

最後まで読んで下さりましてありがとうございました。食洗機の使い勝手にお困りの方はこちらの記事をご覧になられてはいかがでしょうか?