ブラーバが寿命ですぐ止まるのでバッテリー交換して修理してみた

家電




床拭きロボットのブラーバを使っていると、最後まで掃除が出来なくて止まってしまうトラブルが出てきます。

  • 充電してもすぐ止まる
  • 水拭きすると途中で止まる
  • ピピピというエラー音が鳴る
  • 電源ボタンが赤く点滅する

このような症状が出てきたら、バッテリーが寿命で交換が必要な状態だと思います。

バッテリーの寿命は使用頻度によりますが、私の場合は10~12カ月程度です。

バッテリー交換は公式のサポートセンターでも出来ますが、簡単な作業なので自分でやった方が良いでしょう。

この記事をご覧頂くと

  • バッテリーの設定寿命
  • エラー発生時の様子
  • バッテリーの購入方法
  • バッテリーの交換手順
  • 廃バッテリーの廃棄方法

など、ブラーバのバッテリー交換に関わる手順などがお分かり頂けます。

ブラーバのタイヤ交換をする方法はこちらをご覧ください。

関連 自分で出来る!ブラーバのタイヤゴム交換の手順を写真付きで紹介

公式のサポートセンターの見解も聞きながら、バッテリーの寿命や交換方法を詳しく説明させていただきます!

ブラーバの型式と種類

ブラーバとブラーバジェット

我が家で使用しているブラーバは正確には「ブラーバ380j」という型式になります。

申し訳ありませんが、こちらの記事ではブラーバジェットのバッテリー交換については取り扱っておりません。

ブラーバ390jと380jと371jの違い

ブラーバには最新機種の「390j」と「380j」と「371j」の3種類あります。

全て本体性能は同じで付属品の違いのみ。

最新の390jは380jに対して付属品が増えただけで基本機能は変わりません。

今回の記事にあるバッテリー交換の手順は全ての機種に共通の内容です。

ブラーバのバッテリーと設定寿命をサポートセンターに聞いてみた

どちらの機種も付属品の違いだけで、本体性能には代わりがありません。

使っているバッテリーも同じものです。

メーカー側で設定している寿命はどれほどなのか?をサポートセンターさんに電話して聞いてみました。

Q:バッテリーの設定寿命はどのぐらいですか?
A:約1年半を目安に考えています。

Q:1年半の寿命はそのぐらいの使用頻度で設定していますか?
A:使用にあたってはお客様によって違いがあると思うので、特別に設定はしておりません。

Q:使用後はバッテリーの残量に関わらず充電する事を取扱説明書でも推奨されていますよね?
A:はいその通りです。使用後は必ず充電した状態で保管して頂くようにお願いしております。

とりあえず使用頻度・使用範囲などに関わらず、約1年半を目安に交換が必要という設定になっているようです。

しかし一般的にバッテリーは使い続ける間に劣化するものです。

使用頻度が高いほど早くヘタるのかなと思います。

実際に我が家では1年を待たずにバッテリーがダメになってしまいました。

あまり使用せずに充電台やコードを繋ぎっぱなしでもバッテリー寿命は減っていくと思います。

ブラーバのバッテリー寿命のサイン

ブラーバのバッテリー寿命を疑うサインで一番多いのが

  • ドライモードよりもウェットモードで
  • 稼働時間が減ってすぐに止まる
  • 最後まで掃除できない
  • 途中でピッピッピやピピピというエラー音が鳴って止まる
  • 電源ボタンが赤く点滅する

という風に、今までよりも稼働時間が大きく減ってしまうものです。

特にも最初はドライモードよりもウェットモードで異常を感じる方が多いはずです。

ドライモードとウェットモードでの違い

どうして最初にウェットモードでバッテリー寿命の異常を感じるのか?

それはウェットモードはドライモードよりもバッテリーの消費が大きいのだと思います。

  • ドライモードは直線的な動きのみ
  • ウェットモードは前進後退を繰り返す

という事で動きも多く、その分だけバッテリーの消費が激しいのだと思います。

毎日使用する中でウェットモードで最初のエラーが出てからおよそ1ヶ月ほど。

ドライモードでもまともに掃除が出来なくなりました。

途中で停止するようになったブラーバは、1~2週間で弱り始めた後に動かなくなる可能性もありそうですね

ブラーバの交換用バッテリーはどこで手に入れる?

ブラーバの300シリーズに使われるバッテリーはこのような品番になっています。

  • 4449273
  • フロアモッピングロボット ブラーバ300シリーズ用 バッテリー
  • JANコード:0885155007612

これらの品番から検索すると商品が出てきます。

まずはブラーバの製造元であるiRobot社のiRobot Storeですね。

こちら10,000円以下では送料が全国一律648円掛かります。

バッテリーのみを購入される場合は、送料が無料でポイントも使える楽天さんなどを使っても良さそうですね。

互換性のある安いバッテリーも売られていますが、当たり外れが大きくデメリットもあります。

個人的には純正バッテリーを強くお勧めします。

関連  見事に失敗!ブラーババッテリーの互換品はおすすめできません!

バッテリー交換作業のやり方

バッテリーが届きましたら交換作業は簡単なものです。

用意するものは

  • ブラーバ本体
  • 交換用バッテリー
  • マイナスドライバー

だけです。

写真付きで交換手順を説明させていただきます。

箱の開封

純正バッテリーはこのような箱に入って届きます。

ブラーバ バッテリー

品番等が書かれていますね。

ブラーバ バッテリー

梱包材は省きまして、このように交換用の新しいバッテリーと交換のための説明書が付属しています。

ブラーバ バッテリー

バッテリーはこのような物になります。

※クリックで拡大可能です

難しい内容ではないのでこれから順を追って説明しますね。

バッテリー蓋の取り外し

ブラーバ300シリーズのバッテリーは本体の裏側にあります。

ブラーバ バッテリー

この部分にバッテリーが入っています。

蓋の取り外しにはマイナスドライバーなどを使用しましょう。

ブラーバ バッテリー

このマイナスドライバーを刺しているネジ的な物は蓋からは外れません。

ネジが緩んだら蓋を取り外しましょう。

ブラーバ バッテリー

このように蓋にネジがくっついたまま外れます。

中には寿命の切れたバッテリーが見えますね。

バッテリーの取り外し

それではバッテリーを取り外しましょう。

バッテリーは指だけを使うと取り外しにくいです。

先程使ったマイナスドライバーをちょっとだけ引っ掛けてあげると取り外しやすかったです。

こちらのコネクタも取り外します。

コネクタも結構硬くて、引っ張ると線が切れちゃうかもしれません。

コツはバッテリー本体と同じように、マイナスドライバーを端子の間に入れてクイッとしてやると外れやすいかもしれません。

ブラーバ バッテリー

新旧のバッテリーですが表からみると見分けがつきません。

ブラーバ バッテリー

裏面を見ると表記に若干の違いがあるようです。

これは製造時期によって変わるものなのかもしれませんね。

新しいバッテリーの取り付け

それでは新しいバッテリーの取り付けをします。

ブラーバ バッテリー

まずは端子を取り付けましょう。

白いコードが右側に来るように気をつけて下さい。

ブラーバ バッテリー

挿し込む際には、マイナスドライバーを使って端子の真ん中を押してやると良さそうでしたよ。

コードの収納&蓋を閉じる

バッテリー本体を収めたらコードを収納します。

ブラーバ バッテリー

ネジ穴には被らないように気をつけましょうね。

ブラーバ バッテリー

最後に蓋を閉じて終わりです。

マイナスドライバーを使ってしっかり取り付けましょう。

交換作業お疲れさまでした♪

交換後のバッテリーは一度充電をしましょう

バッテリーは劣化防止のために、買い置きしないように公式通販サイトにも注意書きがあります。

また長く使わなかったバッテリーは自己放電をしています。

新しく買ったバッテリーは満充電ではありませんので、一度充電してから使用したほうが良いかなと思います。

交換した廃バッテリーの処分方法は?

交換して使わなくなったバッテリーの処分方法に困る方もいらっしゃると思います。ブラーバ バッテリー

バッテリーの処分方法についても、取扱説明書に説明がありました。

ブラーバ バッテリー

このようにプラグの端子が隠れるようにビニールテープを巻きつけてから、ケーブルをバッテリーなどに固定しましょう。

処分先については、取扱説明書にこのような記載があります。

充電式電池リサイクル協力店、または協力自治体へお持ちください。

よく分からないので、大型家電量販店にこの劣化したバッテリーを引き取って貰えるのかを確認しました。

  • ヨドバシカメラ→OK
  • ケーズ電機→OK
  • ヤマダ電機→OK

大型家電量販店では概ね引き取って下さるそうなので、遠慮なく持ち込んで良さそうです。

ただし注意されたい点があります。

今回買った純正バッテリーを含めて、このようなリサイクルマークが記載されております。

このリサイクルマークが記載されていないバッテリーは引き取りが出来ないということでした。

ブラーバのバッテリーを交換する方法のまとめ

ブラーバのバッテリーは、使用頻度によりますがおよそ1年程度で寿命がきそうです。

その際にはこのような症状が出るはずです。

  • 充電してもすぐ止まる
  • 水拭きすると途中で止まる
  • ピピピというエラー音が鳴る
  • 電源ボタンが赤く点滅する

その際には交換作業も簡単なので、新しいバッテリーを取り寄せて交換してしまいましょう。

その際には是非とも「お安い互換バッテリー」ではなく「純正バッテリー」をおすすめします。

関連  見事に失敗!ブラーババッテリーの互換品はおすすめできません!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。ブラーバのメンテナンスなどに関してはこちらの記事もご覧ください♪