ブラーバのお安い互換バッテリーを買って見事に失敗!寿命短すぎ!

家電




床拭き掃除ロボットとして大人気のi-robot社のブラーバ。

こちら使用頻度によっては1年を待たずにバッテリーの交換時期が来る事も多いようです。

我が家では使用頻度が高いのでおよそ10ヶ月で交換時期がやってきますよ。

バッテリー交換は自分で作業が可能です。

関連 床拭きロボット:ブラーバが途中停止するのでバッテリー交換して修理してみた。

そしてバッテリーには「純正バッテリー」と「互換バッテリー」があります。

普段は純正バッテリー派なのですが今回は試しにお安い「互換バッテリー」を買ってみたところ見事にハズレを引いてしまったお話です。

しかも購入当初「は」絶好調だったという罠がオマケについていましたよ。

この記事でブラーバの交換用バッテリーを買う際に

高い純正バッテリーとお安い互換バッテリーどっちが良いかな?

という点で迷っている方への一つの検討材料として参考にしていただければと思います。

個人的にはやっぱり純正バッテリーをお勧めしたいです♪

ブラーババッテリーの寿命

我が家で使用しているブラーバはブラーバ380jというタイプになります。

こちらのブラーバのバッテリーの寿命はサポートセンターにも確認したところ約1年半という事になっています。

しかしこのバッテリー寿命の使用頻度などの想定は全く無いようです。

何を想定して1年半だとしているのかが全くの不明ですね。

もちろんバッテリーには個体差のような物もあるでしょう。

しかし頂いたコメントや私自身の経験からも早い方では8ヶ月前後から約1年ほどでは寿命が来る例が多いと考えておいて良いと思います。

バッテリー交換は自分でできる

ブラーババッテリー交換

バッテリーの交換はドライバー1本で交換作業が可能になります。

順を追って説明した記事もありますので宜しければ御覧くださいね。

関連 床拭きロボット:ブラーバが途中停止するのでバッテリー交換して修理してみた。

ただし交換するためのバッテリーは自分で手に入ればければなりません。

現在は公式のアイロボットストア及び一般通販で手に入れることが出来ます。

アイロボットストアでは送料が掛かりますのでAmazonさんや楽天さんやYahoo!ショッピングさんを利用した方がお安く手に入るかなと思います。

ブラーバの互換バッテリー

ここでバッテリーを調べるとこんなバッテリーが目に入ると思うのです。

いわゆる互換バッテリーと呼ばれるものです。

お値段も2,000~3,000円程で手に入ります。

純正のバッテリーではない代わりにお安く手に入りバッテリー容量も多いということなのでつい飛びつきがちです。

純正バッテリーが2,000mAなのでこの商品は3,000mAで1.5倍の容量があることになりますね。

でもデメリット面が怖くて今まではどうしても純正品を選んで来たんですよね。

互換バッテリーのような物はメーカーが製造したものではありません。

よって品質面などの心配を拭いきれない部分はあります。

お安い値段と引き換えにそのようなデメリットを承知の上で購入することが必要ですね。

使用1ヶ月半で充電されなくなった

普段は純正バッテリーを購入する私も試しにと思いこの互換バッテリーを購入してみました。

購入当初は全く問題なく使えてたんですよ。

でも1ヶ月半ほど使用した際にその兆候は現れました。

明らかに掃除途中でブラーバが停止してる!

そうなんです。

あのバッテリーが弱ってきて掃除しきれずエラー音と共に停止してしまうあの症状が現れたのです。

純正バッテリーが1~2週間で徐々に弱っていくのに対して互換バッテリーは2~3日で一気に弱ってしまいました。

購入時にバッテリーが充電されないような不具合は口コミなどから見ていたのですがこのような例もあるんですね。

最初は何かの間違いかと思い何度か充電&掃除を繰り返してみたものの駄目でした。

見事に不良品を引き当ててしまいました。

口コミからみるメリットとデメリット

このような互換バッテリーを購入する際には口コミなどを参考にする方も多いと思います。

ただしその評価は二分されているようですね。

メリット

  • 使用可能時間も伸びて使いやすいです。
  • 新品みたいに使えてます!

というように全く問題なく使用出来ている口コミも見られます。

バッテリー容量が増えていますので運転時間が増えているのは当然ですね!

商品到着後にしっかりと動作確認がとれるとこのようなメリット面の口コミになるのかなと思います。

私も使用後すぐにレビューするとメリット面の書き込みをする事になったと思います。

一方でこんなデメリットを訴えるコメントもありました。

デメリット

  • そもそも充電されない
  • 満充電からでも直ぐに止まってしまう

というように主にそもそもの充電が出来ないというコメントも多く見られました。

多くは商品到着後にすぐ使えないような状況が多く見受けられました。

またこのデメリット面に関しては私のように使用後ある程度使えていた人のレビューはあまり反映されにくいのかな?とも思いました。

保証関係はどうなっていた?

今回購入した汎用バッテリーの商品説明にはこのような表記がありました。

  • 3000mAh大容量長時間稼働
  • 日本管理基準
  • 不良率1%未満
  • 1年間長期保証
  • 30日返品返金

不良率などの真偽は分かりませんがとりあえず一通りの保証対応はしているようです。

実際に口コミを見ると返品・返金にも対応はしているようですね。

保証で交換してくれたら良いんじゃない?

そもそもこのようなお安い互換バッテリーは不良品を掴むこともある程度覚悟して購入される方も多いかなと思います。

私も今回この互換バッテリーを購入する際には

ハズレを引いても3回までだったら純正バッテリーと変わらないかな?

なんていう軽い気持ちで購入をしました。

しかし不良品に当たってしまうと実際はこんな事を考えてしまいます。

返品・返金の手続きも面倒だなぁ。
その間の掃除が出来ないならさっさと純正バッテリーを注文した方が早いんじゃない?

毎日の床掃除の多くをブラーバくんに頼っている我が家。

バッテリーを交換してもらったりする手間と時間。

そして今までブラーバに任せていた毎日の床掃除を手作業で行う事。

このような手間を考えたら純正バッテリーをさっさと注文した方が良いという結論に達しました。

互換バッテリーを選ぶに当たって

互換バッテリーにも何種類かあります。

今回私の購入したもの以外にも数種類の互換バッテリーがあります。

それぞれのバッテリーをしっかりと使用できている方が居るのも確かです。

しかしハズレを引く可能性は断然に互換バッテリーの方が高いのだと思います。

この事例から互換バッテリーを選ぶ際に

  • 不良品に当たる可能性が高いこと
  • 返品や返金の手間を面倒だと思わない
  • その間にブラーバで掃除が出来なくても気にしない
  • それを含めてお安い値段である事

このような事を前提として購入されるのであれば良いなと思います。

まとめ

という事でまさか不良品を引いてしまったら記事にでも出来るかなと思って買ったお安い互換バッテリー。

普段は互換バッテリーなんて絶対に選択しないのですが試しに購入してみたところ見事に不良品を引き当ててしまいました。

今回はバッテリーが早期にヘタってしまうという事例だったのでまだ良いのです。

しかし購入者の口コミなどをみると使用後に異常に発熱する例などもあったようで。

実際には稼働させたまま目を離す事も多いので発熱により発火するなどの不具合が出た場合にはちょっと怖いなという思いもあります。

そしてそのような事例を見ると本当に互換バッテリーを使うのは自己責任になるのだなと感じます。

これらの事から個人的には純正バッテリーを購入したほうが間違いがないなと思います。

お安い互換バッテリーをご購入の方はそのデメリット面と価格のメリット面を天秤にかけよく考えた上でご購入されると良いと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました♪