日除けのサンシェード取り付けを紐でなくゴムにするメリットとは?

生活全般




我が家では家の外壁に固定金具を設置しサンシェードを張って日除け対策を行っています。

その中で疑問に思われる方も多そうな

サンシェード取り付けって普通は紐なのに何でゴムなんて使ってるの?

という件に関して実際にゴムを使う事でどのようなメリットがあるのかを紹介させて頂きたいなと思います。

この記事を読んでいただくと

  • サンシェードの取り付け方法
  • ゴムを使うメリット
  • ゴムの取り付け方
  • シェードの破損対策

などがお分かりいただけます。

シェードの取り付け方法や破損対策に迷っている方。取り外しなどの手間を掛けたくない方などに読んで頂きたいなと思います♪

日除けシェードの取り付け方法

日除け用のシェードを取付ける方法は色々あると思います。

我が家の場合は

  • 外壁のアイプレート(固定金具)から
  • シェード用アルミ柱の金具まで

をほぼ水平に張る方法になります。

タカショー シェードセイル

水平に貼らなくてもベランダの手すりだったり地面に固定するパターンもあると思います。

しかし1枚のシェードを張る場合には多くは4スミを紐などで固定する方法が多いかなと思います。

タカショー シェードセイルの場合

我が家で取り付けをしたのはタカショーのシェードセイルです。

こちらの商品ではこのような取り付け方法が推奨されていました。

壁面側(片方)を固定した後にもう片方をターンバックルなどを使い取り付ける方法です。

ターンバックルを使うと最後の調整にて増し締めが出来るためにシェードをピンっと張ることが出来るようになります。

しっかりとしたテンションを掛ける為には2ヶ所以上の固定点にターンバックルを使用すると良いようですよ。

ターンバックルを使わなかった理由

我が家ではターンバックルを使いませんでした。

その理由は何点かあるのですが一番大きな理由は作業性の問題でした。

ターンバックルを使って紐を引っ張りテンションを掛ける作業はそれなりに手間が掛かるものです。

またその為にターンバックルを外すにもまた同じだけの作業が必要になります。

2シーズン使用している中で急遽取り外したい!という事は今までありません。

しかし緊急時に取り外したいなと思った時に私しか作業できない可能性は潰しておきたかったのです。

妻が工具を使いターンバックルを外すという作業は風が強いかも知れないシチュエーションではちょっと怖かったんです。

サンシェード取り付けにゴムを使った理由

それではなぜ我が家ではサンシェードの取り付けにゴムを使ったのでしょうか?

我が家ではトラック用のゴムを使用しました。

トラック用のゴムを使った理由は何点かあるのですが一番のポイントは耐久性とゴムの強さのバランスでした。

トラック用のゴムといっても様々な種類があります。

私が先程紹介したタイプは伸び縮みの強さが適度に強くシェードが風で煽られるような場合でもかなりバタバタを抑えてくれていました。

また特徴はこのゴムが1本物ではないという事です。

トラック用ゴム
このような輪っかの形になっている事で大きなメリットが生まれるんですよ。

ゴムを使うメリット

それではサンシェードの取り付けにゴムを使うメリットを紹介してみましょう。

シェードのハトメへの負担軽減

多くのサンシェードはこのような「ハトメ」と呼ばれる金具が取り付けられています。

サンシェードのハトメ

ブルーシートなどにも取り付けれている事があるので見覚えのある方も多いと思います。

このハトメの効果は色々あるのですが一番の効果は「紐などを通した際の補強」という点かなと思います。

しかしいくら補強しても大きな力が加わると引きちぎれる可能性があるのには変わりませんよね。

サンシェード ハトメ 破損

このようにこのハトメ部分に直接紐や金具を取り付けると力が一点にかかり破損の可能性が高いと感じます。

しかしゴムバンドをこのハトメに通すことによりどうなるでしょうか?

サンシェード ハトメ 破損しにくい

このようにハトメ1ヶ所ではなくシェードの2辺に均等に力が掛かる事になります。

これによりシェードのハトメ部分が壊れることを大幅に防げると思います。

この理屈は四角いサンシェードの場合は4スミにしか使えないのがポイントになりますね。

我が家で使用しているようなタイプですと1辺の真ん中のような場所に取り付けられたハトメには使えない論理になるかと思います。

しかしシェードを張る際に一番多くの力が掛かるのが4スミの部分になるかと思います。

突風などの際に意図せずシェードが破損し風に煽られてご近所などに迷惑をかけたりする危険を回避できます。

不在の際にこのような事が起こった時は対処のしようが無いので一番気にしなければならない点かなと思います。

ゴムが切れた際の効果

一般的にシェードを張る際には紐を使うことが多いかなと思います。

ワイヤーなどを準備される方も居るかもしれませんが恐らく少数派ですよね。

紐を使った際の最大のデメリットは切れる可能性が比較的高いという事です。

サンシェードを張る際には強い力で引っ張っていますので紐に掛かる負担も軽くありません。

そして多くの場合は雨などが降ってもほぼ出しっぱなしになるであろうサンシェード。

材質にもよりますが陽射しなどを浴びて紐が劣化する事はどうしても防げないことと思います。

もしも瞬間的に強い力が掛かり紐が切れるとどうなるでしょうか?

先程のハトメが破損したときと同じようにシェードが張れなくなりバタバタと煽られることで2次被害を及ぼす可能性が出てきますね。

誰も居ない状況で紐が切れたりハトメが破損してシェードが暴れる事は本当に危険なことだと思うんです。

しかしゴムを使った取り付けをした場合は際はどうなるでしょうか?

ゴムが切れた時どうなるか?

それでは実際にゴムが切れたときにどのような状態になるのかご覧ください。

サンシェード ゴム切れる サンシェード ゴム切れる

どうでしょうか?

片方のゴムが切れてももう片方のゴムで何とか状態を維持しているのがお分かりになるでしょうか?

  • ゴムとゴムを連結
  • ハトメなどとゴムを連結

などのようにゴムを繋ぐ場合はこのような方法を取ります。

ゴム連結方法

片方のゴムにもう片方のゴムを通し

ゴム連結方法

さらにゴムを通し

ゴム連結方法

引っ張ることでこのようにゴムとゴムがしっかりと噛み合ってくれます。

同じようにハトメとゴムも

ゴム連結方法

このようにハトメに輪っかを通して

ゴム連結方法

さらに輪にゴムを通し

ゴム連結方法

引っ張ることでこのようにゴムとゴムがしっかりと噛み合ってくれます。

1本物のゴムではなく輪っかのゴムを使うことによるメリットがここに出てくるんですよね。

意図せずに突然ゴムが切れたとしても2本が同時に切れるようなことはほとんど無いのです。

そして切れたとしてもゴムとゴムがしっかりと噛み合っているのでもう1本のゴムで完全に切れるような事態を防いでくれるのです。

これは先ほどのデメリットで挙げた不在時に突然ゴムが切れたときにも安心であるという大きなメリットになります。

今まで3回ほど切れましたが2本同時に切れて外れてしまったことはありませんでしたよ。

デメリットは若干のバタつき

一方でゴムを使うデメリットが無いわけではありません。

ゴムの場合は紐などを使いギリギリの強い力で引っ張っている訳ではありません。

やはり紐とターンバックルなどを使う場合に比べると風などの際にバタつきは大きいかなと思います。

そこまで風が強いシチュエーションでサンシェードの下にいるのかは分かりません。

しかしシェードがバタついた際にその動きの中で

  • 物干し金物
  • スポットライトなどの照明
  • アンテナなど

シェードが接触することで破損等の危険がある場合には設置位置などの検討が必要かなと思います。

ただしこのバタつきというのは主にゴムが伸縮することによるバタつきになります。

シェードセイルのバタつき

風で煽られてシェードが上下したときにもゴムが伸縮する事により力を分散してくれる訳です。

若干のバタつきを許容する事はシェード本体やハトメ等の破損の危険を減らす役割にもなるわけですね。

まとめ

サンシェードの取り付けは様々な方法があるかと思います。

その中で「サンシェードを引っ張って張る」という作業において一般的には紐が多く使われる事と思います。

しかしここに輪っか状のゴムを使うことにより

  • シェードやハトメの破損を最小限に出来る
  • 1本が切れた際にも張った状態を維持できる

というメリットがあるわけですね。

もちろんこまめに取り外しなどを行えるのであれば良いのです。

しかし一般的にこのタイプの日除けは一度設置するとよほどの場合以外には取り外さない方も多いのではないかと思うのです。

それだけに不在時などに張っている紐が切れた際の危険性を回避する点からもゴムを使うメリットは大きいと感じています。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました♪