一条工務店:シェードの金具・アイプレート設置が公式オプションになりました!

生活全般




我が家では西日が入り込む掃出し窓があるタイルデッキに、日除け用のシェードセイルを張っています。

その際にシェードセイルをしっかりと固定する為に、外壁にアイプレートと呼ばれる金具を設置しました。

関連 日除けの為のシェード用アイプレートを外壁に取り付る為のポイントまとめ

あくまで標準外作業として取り付けをお願いしたこちらのアイプレート。

なんと2019年6月末より一条工務店さんの正式オプションとして採用されたようです!

しかし聞くところによると何処にでも設置が出来る訳ではなく、その設置条件はかなり限られるようです。

取り付け場所などに注意が必要ですが、気軽に作業をお願いできるようになった点は本当に嬉しいです!
2019.7.14
アイプレート取付位置 更新

外壁にアイプレート(金具)を取り付ける

シェードセイル アイプレート

日除けの為にシェードセイルを設置する際の悩み事の1つが、その固定方法です。

様々な固定方法がありますが、家の外壁にはアイプレートと呼ばれる金具を設置。

シェード用アルミ柱

家と反対側はシェード用のアルミ柱を使ったり外構フェンスに引っ掛けるなどの方法が考えられます。

シェードセイル 日除け

急な天候変化などの際にもシェードセイルが外れて周りに被害を加えないように、しっかりと固定をすることが必要になると思います。

我が家で使ったシェードや固定部品などはこちらを参照ください。

シェードを張るアルミ柱などは外構面からもしっかりと計画をしましょう。

>目次に戻る

アイプレート設置が一条工務店の公式オプションに

このアイプレートの設置ですが以前までは自分で設置するか、監督さんなどに設置をお願いしなければならないものでした。

もちろん知識があれば自分でも作業は可能です。

しかし外壁面への施工ということもあり、施工時の失敗などによる

  • 外壁内への雨漏り
  • タイルの破損
  • その際の保証問題

などを考えるとしっかりとした施工をお願いしたく、設計時から営業さんや監督さんに依頼しての作業をおすすめしておりました。

関連 一条工務店の外壁に日除けサンシェード用の固定金具を取り付ける方法

特にもビスだけ差し込んで大丈夫と言っている方。何かあってからでは取り返しのつかない事になりますよ。

しかしあくまで標準外の特別作業。

作業を断られる方や、どのタイミングでお願いしたら良いのか?と迷う方もいらっしゃったことでしょう。

それも標準外の作業をお願いするだけに仕方のない事でした。

しかし2019年6月下旬よりこのアイプレートの設置が一条工務店の正式オプションとして採用されたようなのです!

まだまだ分からないことだらけではありますが、現状で把握できているだけの情報を共有したいと思います。

皆さんからの情報を元に詳しい情報を集めております。

内容に間違いがある可能性もありますので、必ず担当の設計さんなどに確認をお願いします。

また追加の情報などありましたらコメントまで情報提供をお願い致します。

>目次に戻る

外壁へのアイプレート金具取り付けのまとめ

それでは2019年7月現在での情報になります。

加えてお断りしますが正確な情報とは限りません。

皆さんよりの情報提供をお待ちしております。

アイプレート設置の依頼

こちらは家の設計時にお願いをする公式オプションになります。

よって着手承諾前までに設計士さんに依頼をして図面に記載をしてもらい、見積書などにも計上が必要になるかなと思います。

既に着手承諾をされている方に関しては、恐らく今までと同じように個別に依頼することが必要なのかな?と思います。

あくまでこれから打ち合わせ→着手承諾をされる方を対象にしていると思います。

また後に記載しておりますが、設置場所には細かいルールがあるようです。

その既定の場所以外に設置をする場合には、公式オプションとはならず外の料金が掛かる可能性は理解しておきましょう。

この段階の方は営業さんや監督さんとしっかりと状況確認を行ってください。

アイプレート設置のオプション料金

アイプレート設置のオプション料金は現状で確認出来ているのは

2,000円/箇所

という金額設定です。

アイプレート 設置場所

この場合には3箇所なので6,000円という事になろうかと思います。

公式オプションで設置されるアイプレートの種類やサイズが分かりませんが、部品代だけでも1,000円程度はするものです。

一般的なアイプレートのお値段と作業料金を考えるとかなり割安な設定だと思います。

アイプレートの設置可能箇所

またアイプレートの設置可能な場所はかなり限定されているようです。

基本的な事をまとめると

  • 窓の上のタイルが縦になっている付近から横のエリア
  • 窓に対して左右均等に設置できない場合もある

という事です。

 

アイプレート 取付位置

設置可能箇所は、この窓枠のタイルが縦に貼られている部分から左右方向への設置が基本になりそうです。

また45cm間隔で設置が出来るというお話もあるようですが、これは下地が45センチ間隔であることからそのように言われているものと思います。

一条工務店 外壁 下地

※外壁面の下地の様子

また窓に対して左右均等に設置出来ない可能性に関しても、この下地が原因なのかなと思います。

私の場合はたまたま均等っぽい場所に設置出来ています。

しかし窓の大きさは様々。

窓に対して左右均等に下地があるわけではありませんからね。

どうしても左右均等にしたかったら、別途作業にて下地を入れてもらうなどの対処が必要なのかなと思います。

このような設定外の場所への設置の場合は公式オプションではなく設定外での取り付け依頼になり、料金も余計にかかる可能性は覚悟しなければいけませんね。

設置場所が窓枠上のライン付近に限定されている理由として考えられるのは

  • タイルを加工する手間がかかる
  • オプションとして図面などに記載する際の都合

などの関係もあるのかなと思います。

公式オプションになるという事はしっかりと図面に記載され、恐らくHRDで壁が作られる段階で加工などがされてくるという事なのかな?

その際にしっかりと場所を特定し図面に記載する為には、場所の特定は大きな問題なのかな?とも思います。

私の勝手な想像なので話半分に聞いてくださいね。

よって指定外の場所に設置を依頼する場合には、もしかしたら今までと同じような設定外のような作業をお願いする必要もあるのかもしれません。

この辺はいろいろな方の打ち合わせ時のお話をお聞かせ願えれば嬉しいなと思います。

>目次に戻る

アイプレートは窓枠の上ではなく両脇に取り付けたい

シェード 壁 アイプレート 金具

我が家ではアイプレートを窓の上ではなく少し離れた両脇に設置しています。

これにはしっかりとした理由がありまして。

シェードというのは基本的に2辺を引っ張るように設置されます。

我が家ではゴムを使用しており紐でもいいのですが、

シェードセイル 張り方

このようにシェードセイルに対して斜めに引っ張ることになるんですよね。

壁から地面方向にシェードセイルを張る時も基本は変わりません。

窓枠から真っ直ぐに引っ張っても取り付けできない訳ではないんですよ。

しかしシェードにたるみが出てしまいますし、取付状態としてはあまり良いものではないと思います。

つまり窓枠の真上にアイプレートがあってもそれが本当に使い勝手の良い金具になるのか?というのはちょっと疑問が残ります。

タイルが縦方向であることから窓枠上の部分にアイプレートを設置しがちかと思います。

しかし出来ることならアイプレートは窓枠よりも離れた場所へ設置する事を勧めします。

>目次に戻る

アイプレート取り付けオプション化の情報を求めます

今回の記事は、Instagramにて私のアイプレート取り付けを参考にお問い合わせ下さった方よりの情報提供がきっかけでした。

アイプレートの取り付け自体は私が建築する前から設置されている方もいらっしゃいました。

しかしそれは単なる日差しを遮るという目的の為だったと思います。

しかしながら

  • 春から秋までのエアコン1台での全館冷房除湿
  • 高気密高断熱住宅の暮らしに大きく関わる日射制御
  • その為に日除けのシェードセイルを設置する
  • その為に外壁にしっかりとしたアイプレート(金具)を設置する

これが皆さんにしっかりと伝わってお問い合わせして頂き、取り付けをトライして下さったからこその公式オプション化だと思っています。

私自身が既に建築済みであることから、建築士さんなどから詳しい情報を聞ける立場にございません。

これから公式オプションにてアイプレートを設置される方におきましては、その情報を頂けますと大変ありがたいです。

私のサイトのコメント欄などはメールアドレスなどを入力しなくてもコメントが可能です。

出来る限りの情報を取りまとめて共有したいなと考えております。

最後まで読んでくださってありがとうございます。アイプレート設置に関する情報がありましたら記事の下↓にあるコメント欄やお問い合わせから情報提供下さると嬉しいです♪