設計時に家の風通しを考える

間取り設計失敗例




窓を開けないのが基本設計

一条工務店の高気密高断熱住宅は基本的に窓を閉めっぱなしを前提に設計されていると思います。外気の流入はロスガードのフィルターを通して循環しますし、差圧感応式換気口も熱交換はされないもののフィルターを通してきますので窓を開けないほうが室内の空気は綺麗な状態を維持出来ると思います。

と言っても、やはり窓を開けて風を取り入れたい時はあるのかなと思います。自分では窓を開けないほうが良いと思っていても家族が開けちゃうとか、生活の仕方を変えるのが大変な年齢の方も中にはいらっしゃるでしょう。

窓を開けても良いのはいつ?

真夏の場合

お住いの地域によりますが、真夏などは外気温も高く空気を取り入れるメリットはほぼ無いと思います。この辺は夏でも熱帯夜(最低気温が25℃以上)の場合がありますし、熱帯夜までいかなくても20度を超えるような場合も多いです。夏はおとなしく全館冷房した方が良さそうです。

冬の場合

冬は一般的に床暖房を使用している方が殆どだと思うので、わざわざ暖めた室内の空気を外に逃がすことはありませんよね。勿体無いと思います。外気は乾燥しているので窓を開けることは問題無さそうですけどね。

外の湿度が高い時、梅雨時期など

室内よりも室外の湿度が高いときも空気を入れるメリットは無いと思います。東京なども夏の相対湿度は70%前後になっているようですし、たとえ外気温の方が低くてもエアコンで除湿された室内に湿気った空気を入れることは本末転倒です。温度が低い外気を取り入れて気持ち良い気がするけど、実際はどんどん不快にしていることになりますね。梅雨時期などは大人しくエアコンの再熱除湿機能などを使ったほうが良さそうに思います。また室内干しの場合もエアコンの再熱除湿機能や仕切った部屋の中で夜間の電気代が安い時間に除湿乾燥機を稼働したりする必要がありそうです。

春・秋の場合

日中は気温がそこそこ上がり、日差しもそれなりに入って室内が温まるが夜から朝方にかけて外気温が下がる時期ですね。外気の湿度もそこまで上がらずに室内干しなどをしている家では外気のほうが湿度が低い場面も出てくるかもしれません。

このような状況なら窓を開けて外気を取り入れても良さそうですね。以前のダイキン製のロスガードの場合にはこのような場合に外気を熱交換せずに取り入れられるモードがあったようですが、MAX社製のロスガードになってその機能は無くなったのでしょうかね?詳しくはこちらのpopologさんの記事をご覧下さい。

一条工務店のロスガードにおける梅雨の湿気対策に最適な設定とは

また、この件に関してはフェッピーさんも記事にされていました。

やはりエアコンを稼働出来ない時期の日除け対策は重要かなと思います。我が家では日差し対策として西側の窓に日除けのシェードセイルを取り付けられるアイプレートを取り付けました。

日よけの為のシェード用アイプレートの取り付る為のポイントまとめ

我が家で考えた風通しを見越した間取り設計

我が家では東西に細長い立地と、一年を通して強い西風のある地域なので比較的計画をしやすかったと思います。特に西側には風を遮る建物が絶対に建たない立地なので余計に計画がしやすかったです。

前述の通り基本的に窓を開けない生活だとは思いますが、室内に匂いが充満したりと一時的に風を通して空気を入れ替えたい場面もあると考えました。なので基本的に風通しをする際は「一時的に」窓を開ける程度になると考えています。

我が家の全体図

こちらが我が家の全体図です。これだけ間取り紹介をしておいて全体図を出すのは初めてかな?と思います。広さも控えめな平屋なので全体図を出すまでも無いですけどね。

風の流れるイメージ

我が家で窓を開けて風を通すイメージを考えるとこんな感じです。

我が家の計画では主寝室とリビングの掃き出し窓から一気に風が入り込み、LDKを抜けて玄関のシューズボックスの小窓から風が出ていくイメージを考えています。

この「風が抜ける」為に玄関の間取りは色々考えた経緯があるんです。

玄関の間取りで考えたこと

我が家の駐車場は図面右側の東側にあるので、本当は玄関をストレートに東側にしても良かったんです。

今のままの家の形で考えると玄関の間口は狭くなりますがこんな感じで間取りを考えることも出来ました。

収納は増えますし、土間も十分広いですし、物置や水栓も近くに設置出来ますし自転車置場に良さそうな場所も確保出来ます。カーポートの設置位置によってはほぼ雨に濡れずに玄関に辿り着けるんですよね。

しかし、これだと風が通らないんです。いざ風を通そうという時に玄関を開けっ放しにはしないでしょう。玄関ドアには網戸も設置出来ませんし。それと、この配置だと親子ドアの向こうのLDKが丸見えになっちゃうんですよね。LDKの広さ感を求めた我が家では親子ドアのガラスは透明にしたかったです。

という事でこのような配置は諦めて現在の玄関方向になったわけです。「風の抜け道」としてのシューズボックスの間にある窓は結構重要だなと思います。

とはいえ窓を開けないのが基本的に良いのは間違いないので、今までの生活を変えていけるかどうかが快適な生活への第一歩なのかもしれませんね。

まとめ

窓を基本的に開けない生活、湿度管理などは一般的な住宅ではあまり気にする必要が無かったことかなと思います。しかし高気密高断熱を売りにした一条工務店の住宅においてそのスペックを活かすにはある程度の基礎知識は必要なのかもしれません。

家に自分の生活や身体を合わせてどうするんだというお話も出てきそうですが、少しの対策をするだけで外気温に左右されない光熱費を抑えられた生活が出来るわけです。いや、光熱費は変わらないかもしれませんが家中快適な生活が出来るわけですね。冬は床暖房で言うまでもありませんが、夏も全館冷房の計画が上手くいくと快適な生活になるのかなと思います。

これから設計される方は、今までの昔ながらの日本家屋とは違うんだという事をよく分かって設計されて欲しいなと思います。我が家ではエアコンの配置など失敗したなぁと思いながら最低限の対策は出来たかなと思っています。