雨水枡・汚水枡・浸透枡の計画。その設置ルールと役割の違いは?

間取り設計失敗例




えっ、この丸っこい蓋はなに?打ち合わせでも説明されてないよ!

という驚きと後悔はいつになっても無くならない新築時の問題あるあるなのかなと思います。

雨水枡や汚水枡の計画というのはハウスメーカーさんによって設計時期が異なると思います。

我が家で建築をした一条工務店さんではこれら枡の計画は家の間取り設定が終わり着手承諾間近にならないと図面として出てきませんでした。

間取り設計時に設置場所を相談されずに家が出来あがってからビックリするという例も多いようです。

枡の設置については自治体によりルールが決められている事が多いです。

よってハウスメーカーさんなどでは指定の方式で設置するのが当たり前と思い話題にさえ上がらない事も多いようですね。

唯でさえバタバタした設計時にはその計画自体が見過ごされることも。

今回は家を建築する際に絶対に避けては通れない雨水枡と汚水枡と浸透枡と呼ばれる枡について紹介してみます。

それぞれの枡がどんな役割を果たすのか?を紹介してみたいなと思います。

雨水枡と汚水枡の違い

そもそも「雨水枡」や「汚水枡」なんて一戸建てを建築しようと思わないと気にもしませんよね。

この雨水枡や汚水枡を簡単ではありますが説明してみたいなと思います。

雨水枡と汚水枡がある理由

家を建てて暮らす中で色々な排水が有るわけです。

それを大きく2種類に分けると「雨水」と「汚水」になります。

雨水枡と汚水枡
  • 「雨水」は文字通り屋根からの雨水が雨樋を通って地面まで降りてきたもの
  • 「汚水」は生活する中で出てくる汚れた水になります。

このように敷地内から出た排水を敷地外の水路や公共の設備へと排水する配管が必要になります。

その配管を途中で方向転換をする為に必要になるのが「雨水枡」と「汚水枡」になります。

汚水枡について

汚水枡とは生活する中での排水を流す汚水管の分岐点に設置される物になります。

汚水の処理方法としては一般的には「公共下水」に流す方法と「合併浄化槽」を使う方法かなと思います。

公共下水道に流す場合

自治体で工業下水道を整備している地域では指定された下水管に汚水を流すことになります。

その場合には先程紹介した通り敷地内から出した汚水管を下水管に接続して汚水を流すことになります。

汚水枡

この場合は多くの自治体では水道料金と共に下水料金も支払うことになるのかなと思います。

合併浄化槽などを使う場合

一方で公共下水道が整備されていない地域では敷地内に合併浄化槽を整備する場合が多そうです。

汚水を合併浄化槽で処理することにより綺麗に処理された水を敷地外へ流すことが出来ます。

合併浄化槽

このように合併浄化槽を使うとしても汚水管は必要になり汚水枡は必ず必要になります。

汚水枡は思ったよりも数が増える

汚水と言っても様々な種類があります。

  • キッチン(食洗機)
  • 洗面台
  • お風呂
  • 洗濯機
  • トイレ(手洗い)
  • 外部水栓
汚水が発生する場所って沢山あるんですねぇ。

外部水栓に関しては設計時から計画することで汚水管に流す事が出来ます。

しかし立水栓だけ取り付けた場合には汚水管への接続を準備していなければそのまま地面に排水(浸透)させることになります。

この場合は外構計画などから準備が必要かなと思います。

排水に流したい場合に立水栓を施主支給などで取り入れる場合は排水の計画も必要になることを忘れてはいけません。

一般的に水回りは集約される事が多いですよね。

我が家の例を見ても水回りを配置した間取りの外側には大量の汚水枡が設置されると思って良いでしょう。

ここも外構計画などで気をつけなければいけませんね。

雨水枡について

こちらは屋根から雨樋を伝って降りてくる雨水を排水するための雨水管に設置される枡です。

雨水をどのように処理するかは自治体によってルールが違う場合が多いんですよ!
  • 外構にそのまま流す
  • 雨水枡を設置し雨水管に流す
  • 浸透枡を設置する

これはお住まいの自治体によりますので一戸建てを検討されている方は工務店やハウスメーカーの営業さんなどに確認した方がよいと思います。

一般的に枡のデザインは変わるものの配管の角度が変わる場所に枡が設置されるなどのルールは汚水枡と同じです。

それではそれぞれどのような物なのかを確認してみましょう。

エルボ処理で外構に排水

まずは雨樋から落ちてきた雨水をそのまま外構へ流す仕様になります。

Smail Garden & Ex
¥233 (2018/07/23 09:13:50時点 Amazon調べ-詳細)
エルボとは配管をつなぐ部品の事でこの場合はL型の配管の事を言うん事が多そうですよ。

L型の配管を設置する事で雨樋から落ちてきた雨水が直接外構へ落ちることを防ぎます。

これにより水勢により地面やコンクリートなどが削れたりしないようにという配慮からのようです。

この場合には雨水枡を設置する必要はありません。

敷地内に浸透しなければ敷地外へ流れてしまう

エルボ処理の場合は雨樋から落ちてきた雨水は敷地内へ排水されます。

これが敷地内の土の部分に浸透していけばよいのです。

しかし土の性質が粘土質だったりすると水が浸透しない場所もありますよね。

また単純に排水が浸透する速度が追いつかない場合などは敷地外へ雨水が流れ出してしまう事になります。

住宅地ではあまり見られない仕様

雨水処理に関しては基本的に敷地内で発生した雨水によりご近所にご迷惑を掛けない為という面が強いです。

雨水をしっかり排水しないとお隣さんの敷地に流れ込んじゃう!

という事で住宅地に一戸建てを建築する場合には一般的に外構に排水することは少ないのかなと思います。

しかしこれも自治体のルールによるところが大きいのでよく確認が必要かなと思います。

雨水枡を設置し敷地外部へ排水

自治体により雨水管が整備されていたり敷地外の排水路などに接続する必要があります。

雨樋から落ちてきた雨水を「雨水枡」を使い分岐させて敷地外の雨水管や排水路へと流すことになります。

雨水桝

このように雨樋に接続された雨水管が雨水枡を経由して繋がっている様子が分かるかと思います。

雨水桝

雨水枡の内部はこのように塩ビ配管が接続されています。

雨水枡の内部に水が貯まると配管を通じて水が流れていく仕組みですね。

雨水桝配置例

このように雨樋から雨水枡を経由した雨水は敷地外へ流され公共の雨水管や排水路などへ流される事になります。

こちらの設備を配置するには一般的なハウスメーカーさんではお金が掛かることが多いと思います。

我が家では雨水枡の設置に約25万円のオプション料金が掛かりました。

浸透枡を設置する

敷地外へ排水することが出来ないルールの地域では一般的に浸透枡を配置する事になります。

雨水を敷地内に排水し地中に染み込ませる目的はエルボ処理をするのと一緒です。

しかしこちらはしっかりと地中に埋め込んだ枡を通して浸透させますので基本的にお隣さんにご迷惑を掛けるような事は少なそうです。

雨水枡と同じような構造になっています。

しかし枡全体から水を浸透させる為に底面と側面から水が地中に浸透できるような作りになっています。

浸透枡の設置も約20万円ほどの予算は考えておいたほうが良さそうですよ。

浸透枡は単独運用はしない?

浸透枡って雨樋1本に1個つくのかな?

こう考えるのも分かりますよね。

私も最初はそう思っていました。

しかし浸透枡の排水量というのはしっかりと計算されて配置されるようです。

浸透枡の許容量

浸透枡は1個だけで考えるとその排水量は限られています。

浸透桝の排水量

例えば屋根の傾斜などにより雨樋から流れてくる雨水量は変わってきますよね。

それぞれの枡の許容量を超えないように浸透枡同士を繋ぐことにより浸透させる量を補完する事になります。

よって多くの場合は浸透枡同士を繋ぐことになります。

だから浸透枡を設置しているのに配管を繋ぐために雨水枡が必要になることがあるのね!

これら浸透枡全体の許容量というのはしっかりと計算された上で配置されるものと思われます。

注意したいゲリラ豪雨

一般的な降雨に対してしっかりと計算されて配置される浸透枡。

しかし近年多く発生するゲリラ豪雨などの際に浸透枡の排水量を超えた場合には枡から水が溢れてくることになります。

この辺はしっかりと理解が必要になるのかなと思います。

水が溢れた際には浸透枡や雨水枡の蓋が外れると思うので注意が必要になりますね。

まとめ

汚水枡・雨水枡・浸透枡という枡は多くの一戸建てにはほぼ必ず設置されるものかと思います。

「汚水枡」に関してはほぼ全ての家庭において設置が必要となることでしょう。

公共下水道が整備されていればそのまま公共下水へ。

それが無ければ合併浄化槽を設置し綺麗に処理された水が排水される事になります。

雨水に関しても多くの自治体において排水方法のルールが決まっているものと思います。

その場合もエルボ型の処理をすることにより外構に排水する以外には必ず枡が設置されますよね。

このような事情はハウスメーカーさんがしっかりと把握されていると思いますのでしっかりと確認されることをお勧めします。

またこの枡は外構計画などにより多くのトラブルを招く原因となります。

しっかりと計画が必要になりますのでご注意下さい。