【一条工務店】加湿器の購入はちょっと待って!初めて冬を迎える家に本当に欲しいものは?



一条工務店で家を建てられた方が心待ちにする床暖房の時期がやってきますね。

それと同時に乾燥との闘いの始まりでもあります。

冬は基本的に外気が乾燥しますのでロスガードを使って24時間計画換気をしている家の中も同じように乾燥するのが一般的です。

色々な方の報告からも、一条工務店で家を建てて床暖房を使用する場合には加湿器が必須!というのが皆さんの共通認識だと思います。

そしてそれに対応するために加湿器の購入を検討、もしくは入居前に購入される方も多いと思います。

しかし私としては新居での生活のために加湿器を新たに購入予定の方はその購入ちょっと待って!と言いたいです。

その理由などをちょっとだけ書いてみたいなと思います。

準備万端で迎えた最初の冬

私は2016年10月に新居の引き渡しを受け、11月下旬に引っ越しを済ませそのまま床暖房での冬の生活をはじめました。

  • 一条工務店の家の冬はとにかく乾燥する!
  • 加湿器必須!
  • 洗濯物もあっという間に乾くよ!
  • 風呂とかお湯張ったままで開けっ放しだと程よく加湿になるよ!

などというのがよく聞くお話ですよね。

我が家は引渡し時期の関係で床暖房で家全体が暖まった状態で暮らし始めるのが分かっていたので、直ぐに加湿器を稼働できるように万全の準備をしていきました。

使用している加湿器は旧宅から使っていますこちらの機種になります。

今回は家電の紹介記事ではないのでこの加湿器の利点に関しては今回は詳しくは語りませんが、基本的に長時間に渡り使用する電化製品は強運転での性能ではなく弱運転での性能を見るべきだと思います。

家全体(広いLDK)を加湿するにあたりこの位の性能は欲しい所です。

特にも2タンクをそれぞれ分けて給水できる点は毎日のことなので大事なことです。

こちらの機種に使うフィルターなども新居に向けて新しいものを準備していました。

そんな状況で迎えた新居の冬でしたが実際はどうなったでしょうか?

加湿が全く必要ない!

さて実際に生活をしてみると異変に気づきます。

  • 湿度が下がらない。
  • 相対湿度でいうと50%を常に超えている
  • 料理後や風呂上がりは60%に迫る勢い
  • 絶対湿度でいうと11.0g/㎥以上になる

乾燥するって言ってたのは嘘だったのか!?

また冬期においては乾燥することを前提に、家全体での物干し計画についてそれぞれの場所にてその計画をしていました。

しかしこの計画では逆に湿度が上がりすぎる時もありました。

結局このシーズンに加湿器を稼働することはなく1月頃には物置きに片付けてしまいました。

そしてあろうことか、真冬なのに除湿機を使ってリビングを除湿することで室内の湿度管理をしていました。

なぜ室内は乾燥しなかったのか?

わかりません。

まーーったく分かりません。

ただし同じ年に入居した同時期にブログを書いていた方たちの中にも同じように何故か乾燥しないお宅がありました。

個人的に建築に使われた木材に含まれた水分が影響して過加湿な状態になっているのではないか?と思ったのですが、著名なブロガーさん達に意見を仰いでも明確な答えは出てきませんでした。

私なりに間取りも関係があるのかな?と思うことがあったので紹介してみます。

廊下のない平屋=湿度が均等になりやすい?

我が家は約27坪の平屋作りになっています。

限られた予算での建築になったために廊下を極力削りました、といか廊下がありません。

家全体がワンルームに近い作りになっていますよね。

この中で湿気の発生源となり得るものはこんな感じになるのかなと思います。

湿気を発生させる要因としては

  • 住んでいる人の呼気・発汗
  • キッチンでの調理
  • お風呂からの湿気
  • 洗濯物の部屋干し

などが簡単に考えられると思うのですが、毎日のことで言うとやはりキッチンでの調理とお風呂からの湿気が多いのかなと思います。

また室内での物干しも局所的に湿気を発生させる要因としては大きいと思います。

我が家で言うと部屋干しに加えてお風呂からの湿気とキッチンで出た湿気が家の中心部分(LDK)に集まり、その後ロスガードのRA(排気口)や換気扇から廃棄されることになります。

2階建てや廊下で区画が区切られたような間取りの方よりはずっと湿気の影響を全体的に受けそうな間取りなのかな?と考えました。

家が乾燥するかどうかは入居して確認してほしい

という事で、全てのお宅ではないものの入居1年目の冬は思ったよりも乾燥しない家もあるという事です。

旧宅より加湿器を持ち込む方は良いのですが、新居で使う加湿器を買おうと思っている方はその購入ちょっと待って下さい。

買う機種を選定などしておくのは凄くお薦めします。

そして実際に入居して乾燥がひどい!と判断してから買っては如何でしょうか?

今はネット通販などでも在庫があれば2~3日で届くものです。そのぐらい待っても問題はないかなと思います。

むしろ入居時は色々とお金がかかる時期です。また加湿器の種類によっては毎年新型の物がでる大きさの機種もあります。

せっかく買った加湿器が使われることもなく型落ちになるのはちょっと悲しいです。

乾燥しているかはどうやって判断する?

これもとても大事なことです。

よく皆さんが湿度30%だから乾燥してる!50%だから大丈夫!と言っているのは全く見当違いのお話なんです。

一番大事なことは空気中の水分量(絶対湿度)を把握することです。

以前にも紹介しましたが、一条工務店さんからプレゼントされる温湿度計は表示誤差が気になります。

我が家での計測結果からみると温度は正確ですが相対湿度に関しては10%ほど低く表示されてしまうようです。

これは真ん中にある温湿度計がある程度の正確性をもっているというフエッピーさんの検証のもとに考えているものです。
※真ん中の機種はみはりん坊Wとは違いますが同じ会社の物で一番数値が近いです。

しかしながら一方で誤差はあれど低く出ない例も有るようで。

この辺はもうちょっと精査が必要かなとは思いますが、いずれにせよ一条工務店さんのプレゼント品の温湿度計は湿度面に関しては個人的にあまり信用を置いていません。

やはり絶対湿度を確認するには夏の全館冷房の際にも活躍した温湿度計であるみはりん坊Wを使うのが一番楽チンです。

これがありますと、空気中の水分量がひと目で確認ができます。

このように空気中の水分量(絶対湿度)を視認できる温湿度計って意外と少ないんですよ。

床暖房で室温はある程度一定に保たれますが、それでも陽射しや外気温などの関係で前後はするものです。

その際に相対湿度(○○%)という単位で見ては部屋の状態を正確に把握することは出来ません。

我が家では冬季にあたりましては絶対湿度量が

  • 9.5g/㎥~10.5g/㎥

の範囲に収めるように管理しています。

この範囲であればトリプルサッシの表面の結露も最小限に、そして相対湿度を40~55%程に管理することが出来ます。

ハニカムシェードの下を開けていても結露がひどい!というお話をよく目にします。これは間違いなく過加湿が原因によるものと考えています。

トリプルサッシなどの採用が前提になりますが、東北以北などの寒冷地でなければしっかり湿度管理された家では結露はしても朝にハニカムシェードを開けると自然と結露は消えてなくなる程度で済むはずです。

詳しくはこちらの記事にて紹介しております。

ということで加湿器を買う前に是非ともみはりん坊Wを購入してもらい、家の中の状態を正確に把握することのほうが大事ではないか?と思うわけです。

まとめ

今回の記事を簡単に言うと、加湿器は乾燥する家だなと確認が出来てから買っても良いんじゃないか?ということです。

そしてどれだけ乾燥しているか?を把握するには一般的な温湿度計ではなく絶対湿度を視認できるみはりん坊Wが最適です。

まずはこれを手に入れていただくと、1年を通しての家の湿度管理が容易になります。

そしてこの湿度管理こそ高気密高断熱住宅において住み心地を把握し管理する上で大事な要素なのではないかと思うんです。

もちろん大事なのは体感です。喉の調子・お肌の調子などにより湿度を高めにしたい方もいらっしゃるでしょう。

しかし見た目の湿度に惑わされている面は無いでしょうか?

何となく、みんなそう言っているからという理由で湿度管理をしていては冬の間結露に悩まされる生活になるのではないかと思います。

入居1年目は乾燥しなかった我が家ですが、さて2年目を迎えた今シーズンどのような状態になるのかが本当に楽しみです。

もしも間取り的な要因で加湿器が必要なければこれほど嬉しいことはありません。

買っておいたフィルター類が無駄になってしまいますが、同じ機種をお使いの方が結構いらっしゃるので誰かにお譲りしたいなと思います。

この記事が公開される頃には既に床暖房を稼働していると思います。

そう遠くなく結果をお知らせできるかなと思います。