【一条工務店】床暖房はいつ開始する?目に見える数値から検証する方法を紹介してみる。



エアコンによる全館冷房を終えて床暖房を開始するまでは数少ない中間期になります。

通常は窓を開けてもよい数少ない季節になりますが我が家では窓を開けない生活をしています。

そしてその後に待っている全館床暖房に関しては家全体を暖めてくれるとても心地よいものです。

一条工務店さんで契約される方でこの全館床暖房が標準総装備・比較的安価採用できる事が決め手になった方も多いことと思います。

そしてその床暖房を使えるだけの性能をもった家であることは間違いがありません。

床暖房を開始するタイミングについては地域や体感によっても地域差、個人差があるものだと思います。

この中間期における室温管理のポイントと、床暖房を開始する時期を見定めるポイントを我が家の住まいのある地域を例に紹介してみたいなと思います。

秋から夏にかけての中間期

我が家では今年は9月末日をもって夏の24時間全館冷房を終えました。

我が家では湿度管理の面からRayエアコンを使った再熱除湿のドライ運転で室温が下がりすぎるギリギリまで全館冷房を行っていました。

「全館冷房」と書くから抵抗があるのですが「全館除湿」と書けばあまり抵抗がなくなるような気がするのは何故でしょうかね。

この時期は外気より室温のほうが温度が低いのにエアコンを稼働するなんて言うチグハグな事が起こることも多いのですが、それも「湿度管理」のためだと思えば何も不思議な事はありません

秋になると外気が一気に乾燥してきますのでとても過ごしやすいのですが、窓を開けることは基本的にしません。

この時期を迎えるにあたり対策したことは以下のとおりです。

陽射しへの対策

中間期は日によって暑さ寒さを繰り返すので気温の上下も激しいですよね。

窓の配置に関しては四季を通じて留意しなければならないのですが一番効果があるのは陽射しに対する対策です。

我が家ではこのようにリビングに有る大きな掃出し窓などの西側の窓に、陽よけのシェードセイルを取り付けられる金具(アイプレート)などを設置しています。

秋からの気温が上がる時期は積極的に陽よけを利用して室温が上がりすぎるのを防ぎます。

逆に冬間近の気温が下がってきた時には陽よけを外して積極的に陽射しを取り入れることにより室温を維持することが出来ます。

室内の温度・湿度管理

この時期は陽よけをしていても室温が上がりすぎたり、不意に室内の湿度が上がりすぎたりして困るときもあります。

そんなときに我が家では「キッチン換気扇」と「差圧感応式換気口」を利用します。

空気中にある湿度の量を計測できるみはりん坊Wがあると、外気と室内の湿度がどれだけなのかがひと目で確認ができます。

こちらのみはりん坊Wをですね。

玄関ポーチにある郵便ポストの下に取り付けて外気の状態を確認し、室内に設置したみはりん坊Wで計測した状態よりも乾燥した状態であれば積極的に外気を取り入れて湿度を下げています。

それでは窓を開ければ良いじゃないかと思いますが、窓を開けると砂ホコリだったりが直接室内に入り込むのでやりたくないのです。

その点「差圧感応式換気口」から外気を取り入れればフィルターを通して乾燥した外気を取り入れられます。

床暖房の開始時期の目安はどうやって確認する?

短い中間期を終えるとあっという間に床暖房の時期になります。

何度か話題には上げていますが家というのは外気より平均的に7~8℃室温が上昇するそうです。

詳しくはこちらのフエッピーさんの記事をご覧ください。

つまり一般的に寒く感じないと思われる22~23℃の室温を維持しようと思うと、外気温の平均気温が15℃程を下回ると室温が下がりすぎて寒くなってしまうということです。

平均気温はどこで確認する?

平均気温は気象庁の過去の気象データ検索から確認をすることが出来ます。平均気温の確認の仕方はこちらの記事で紹介させて頂きました。

こちらの記事にご自分の地域の調べ方を紹介していますのでご覧頂ければと思います。

我が家の住まいのある福島県郡山市の2016年のデータを確認してみましょう。平均気温が15℃を下回った場所に印をつけてみました。

あああ

このように福島県郡山市では途中で一時的に暖かくなった時期もありますが、10月10日過ぎからかなり寒くなった時期が続き10月21日過ぎからは完全に床暖房を開始して良かったと思われます。

去年のこの時期は引き渡し直前だったためにまだ自分で床暖房を稼働する機会に恵まれませんでいた。我が家で床暖房を稼働したのは引き渡しを終えて外構工事が終わる11月中旬でした。

過去のデータを見ても床暖房を開始する時期は分からない

さて、気象庁のデータから平均気温を確認することはできるようになりました。

しかし平均気温は過去のデータなので昨日は寒かったなという過去形でしかありません。

床暖房は立ち上げてから家が温まるまでに2~3日掛かります。過去のデータを確認しているのでは前もって床暖房を開始する事はできません。

我が家の場合はどのようなタイミングで床暖を入れると良いのでしょうか?

最低気温の傾向から見る床暖開始のタイミング

一般的に床暖房を開始するタイミングはみなさん天気予報をみて決めるのではないかと思います。

週間天気予報などで寒い日が続きそうだなと言う時はその2~3日前から床暖房を開始しますよね。

我が家の住まいのある福島県郡山市の傾向からみてみたいなと思います。こちらは去年の2016年のデータになります。

例えば最低気温が10℃以下になった時にマーキングをしてみました。結構面白いように平均気温15℃以下になりましたね。

試しに一昨年の2015年のデータも見てみましょう。

2016年ほどの綺麗なデータではありませんが相関関係が見えるかなと思います。データの区切りもギリギリの所がありますので、曖昧にするともっと綺麗な見た目になりそうです。

こうみると2015年の10月って結構寒かったんですね。

これらのデータから見るに、我が家の住まいのある福島県郡山市では週間天気予報などで最低気温が1桁台になる日が続くような場合にはその前に床暖房を開始する準備をしても良さそうに思います。

我が家の住まいは気象庁のデータより2℃ほど高めの気温になりそうなので8℃ぐらいになったタイミングでも良さそうです。しかし床暖房は設定温度になると運転をセーブしてくれるのである程度余裕をもって稼働させても良いのかなと思います。

お住いの地域で確認をして下さい。

今回は我が家の住まいのある福島県郡山市を例にとって検証してみました。

目安の基本が平均気温であることには間違いないのですが、床暖房を開始する際には過去の平均気温を見ていては急に冷え込んだ際に間に合わない可能性が出てきます。

その際には補助的にエアコン暖房を使用しても良いとは思いますけどね。

我が家の地域では最低気温が1桁台という分かりやすい目安がありそうに感じましたが、地域によって気象庁の発表する値に対して平均気温がどのように推移するのか特性も有るのかなと思います。

興味の有る方は気象庁のHPからお住いの地域の過去のデータを見て頂き、自分なりの床暖房の開始時期を見つけて頂ければ良いなと思います。