IHのトッププレートの汚れを綺麗にするのでなく簡単なコツで汚さない方法。

オプション・住設




我が家で建築をした一条工務店さんでは標準でパナソニック製のビルトインIHが採用できます。

こちらのビルトインIHのトッププレートですが使用と共に黒い汚れが付着してくるというレビューをよく拝見します。

実際にビルトインIHのトッププレートを綺麗にする掃除グッズなども多数販売されていますよね。

一方で私は入居して既に1年半近くになりますがそのような特別な物で特別にビルトインIHのトッププレートを掃除した覚えがありません。

毎日の家事が終わった際にキッチンと一緒にマイクロファイバークロスで拭き掃除するだけです。

それでもちょっとした事に気をつけるだけで専用の洗剤などでゴシゴシしたりせずとも綺麗な状態を保てるのです。

その簡単なコツを紹介させて頂きたいなと思います。

ビルトインIHの天板の汚れ

どんな汚れがつくの?

新居に入居して色々な住設を使うのが初めてだったのですがそのひとつにIH調理器があります。

こちらの使い勝手についても色々な方のレビューなどを参考にした上で我が家は生活を始めました。

その中でよく見かけたのがIHの天板の汚れをゴシゴシと落とす作業になります。

ここで汚れたIHの写真でもお見せしたい所なのですが一度も汚れたことがないので写真がありません。

とはいえこの記事をご覧の皆さんはどんな状態になるのかお分かりかと思いますし「IH 汚れ」などと検索するとその状態は直ぐにお分かりになるかと思います。

大きく分けて3種類の汚れになりそうです。

  • ガス火で使っていた物が焦げて調理器具に付着していたもの。(黒汚れ)
  • 煮汁などが吹きこぼれたもの。(黒汚れ)
  • 水分が蒸発したもの(白汚れ)

どれも放置しておくとトッププレートにこびり付いてとりにくくなることに変わりはありません。

一般的に汚れ落としは何を使う?

汚れのお手入れについては取扱説明書にもしっかりと記載があります。

参照:パナソニックIHクッキングヒーター取扱説明書

POINT

  • 軽い汚れは布巾をよく絞り水拭きする。
  • 汚れが落ちにくい場合には研磨剤が入ったようなクレンザーで丸めたラップやアルミ箔でこすり取る。

お掃除方法については色々な方が色々な方法で試されていますよね。

汚れ具合に応じて適切なお掃除をされると良いと思います。

そもそも汚さないという考え方

我が家が入居する前に色々な方のレビューを拝見しました。

そのほとんどがIHに付着してしまった汚れをどのようにして落とすのか?という内容で書かれてありました。

しかしこちらに紹介させて頂きますコスケさんの記事はとても興味深いものでした。

IHが汚れる原因とその対策について書かれています。

今回の記事の要点に見合うように色々な点を交えて簡単に説明させて頂きますね。

IHが汚れる原因

IHのトッププレートが汚れるのはトッププレート上に汚れの原因となる水や油や料理の際の汁などがある状態で熱を加えることでそれらが固着することにありそうです。

問題はそこに至るまでの原因にあるのですね。

トッププレートが汚れていた場合

まずは単純にトッププレートが汚れた状態で使い続けた場合でしょうか。

可能性としては2パターンありそうで。

まずは調理器具から吹きこぼれたりした物がIHとの間に入り込みそれを気にせず使い続けた場合。

もう一つは片方の調理器具で作業をしている際に飛び跳ねたような物に気づかずにお隣のIHを使用した際でしょうか。

どちらも調理器具とトッププレートの間に入り込んだ物を気にせずそのまま使用することで熱で汚れが固着してしまいます。

このように調理中に発生した汚れだけでなく以前に使った際の汚れが残っていても汚れが固着する原因になりえます。

対処法IHのトッププレート側は使用後に水拭きするだけで簡単に綺麗になります。ただし調理器具側は形状的に汚れが付きやすいので吹きこぼれなどの際には直ぐに掃除するべきだと思います。

調理器具側が汚れていた場合

逆にトッププレートに乗せる調理器具自体が汚れている場合もありますね。

綺麗なIHを使い始める際に既に汚れが付着している調理器具を使うとその汚れがトッププレートに移ってきて汚れるようです。

POINT調理器具の底面も定期的にチェックすることでIHのトッププレートを汚さずに済みそうです。

水分が滲み出てくる場合

こちらが先ほど紹介させていただいたコスケさんも指摘されていた事ですね。

調理器具の取っ手の部分に入り込んだ水分が知らない間に流れ出てトッププレートとの間に入り込み蒸発することで水道水に含まれる成分が固着し白くなるパターンかと思います。

単純な水分が蒸発することで出来る汚れという点では調理器具を洗って直ぐに使う際に拭き取りが完全でない場合も含まれるかと思います。

使用歴1年4ヶ月の状況報告

まずは我が家の状況をお伝えしましょう。

IHを使用して1年4ヶ月ですがやっていることは毎日の使用後にキッチンを拭き掃除するのと一緒にファイバークロスで水拭きしているだけです。

POINT油が跳ねた場合だけはセスキ水とショップタオルでサッと拭き取りをします。

IHトッププレート

まずはこちらの画像をご覧ください。

そもそも汚れを付けなければ一生懸命に擦って汚れを落とす必要もないのです。

若干の擦り傷はあるものの白いくすみさえも無い購入時と全く変わらない状態になっています。

逆にどれだけ使ったらあんなに汚れるのか分からなくなるほどです。

フライパンなどの底

新品で使い始めたティファールのフライパンや鍋ですが底面はこんな風に綺麗な状態を維持しています。

よく見ると染みのようになっている場所もありますがほぼ綺麗な状態を維持していると言ってよいと思います。

POINTティファールのフライパンや鍋はアルカリ性洗剤を使った食洗機では基本的に洗えないので手洗いをしています。底面においても特別に擦ったりすることもなく普通に食器用洗剤で洗う程度です。

我が家の対処法

料理器具は新しいものから使い始める

我が家においては新居に引っ越す際にティファールのセットを購入しました。

IHとガス火兼用でまだまだ使えるフライパンなどもありましたがガス火で底面がかなり汚れていたので思い切って買い替えました。

とにかく以前に使っていたフライパンなどの汚れが新品のIHに新たに付着するのを防ぐためには新しい物から使い始めるのが一番です。

取っ手に水が入り込まない物を選ぶ

参考にさせて頂いたコスケさんの記事にもありましたが調理器具の取っ手形状によっては水分が料理中に垂れてきてIHトッププレートの汚れの原因となります。

私の使っているティファールの取っ手も例外ではないのですが常に食洗機で洗っているからかあまり水が垂れてくるような事はありません。

これが水道水で手洗いした場合には水分が垂れてくるのかなと思います。

またパスタ鍋などは形状をかなり気にして購入しました。

コスケさんの記事を参考にするとこのような形状だと水が垂れてくることはありませんので安心ですね。

IH用の茹で鍋を新調!選んだポイントは?

2017.04.22

音の変化に注意!水分は直ぐ拭くこと

吹きこぼれなどは見てすぐに分かると思うのです。

問題なのが先ほどからお伝えしている取っ手部分から流れ出た水分があったり料理器具の底に水分が残っていた場合でしょうか。

その際には普段聞いたことのないような音がIH付近からすると思います。

具体的には水分が沸騰する際の音がトッププレートからする訳ですがその際には直ぐに調理器具を外して水分を拭き取るようにしましょう。

調理中にわざわざ手を止めて拭き取りをするのを面倒に思うかもしれませんね。

しかしこの一手間を掛けるか掛けないかでその後の経過が大きく変わってきます。

調理器具の底面は特に拭き取りを気をつけること

何度もお伝えしている通り調理器具の底面の汚れはそのままIHトッププレートの汚れにつながります。

手洗いする際には内側だけでなく底面もよく洗ってあげましょう。

よく洗うとはいえ綺麗な状態で使えていればタワシで特別に擦る必要もなく普通に食器用洗剤で洗う程度で良いでしょう。

その際に気を付けたいこと。

IHの底面はこのようなパンチング状の形状になっているものも多いですよね。

このような形状の底面は洗った後にササッっと拭き取りをすると思いがけず水分が残っている場合が多いです。

そのまま食器棚などに置いた場合に水分が蒸発することなく次に使う際にそのままIHのトッププレート上で蒸発し汚れにつながることも多いです。

我が家で使っている食器棚シートなどは水分を通さないので拭き取りが甘いと水分が残っていることがあります。

同じ調理器具を続けて使う時以外にもそのような点から底面が濡れていないか気を付けないといけませんね。

フライパンや鍋を裏返して置くと確実に乾かすことが出来るのですが食器棚から取り出す際に手に取りにくいんですよね。

使用後に必ずトッププレートを拭き掃除すること

トッププレート自体も綺麗にしておかないといけませんね。

必ず拭き掃除することなんて大変なことのように思えますが普通にキッチンを使い終わった際に拭き掃除するだけですからなんてことありません。

我が家では油汚れの際はセスキ水+ショップタオルで拭き取りをしますがそれ以外は普通にマイクロファイバークロスで拭き掃除をするだけです。

これもコスケさんが紹介されてたマイクロファイバークロスですが物凄い使い心地とそれに対するお値段の安さが他を寄せ付けません。

まとめ

今回はビルトインIHのトッププレートの汚れを落とす方法ではなくて汚さない方法をお伝えしてみました。

冒頭でお伝えしたコスケさんの記事を読まなかったらきっとこのような使い方はしていなかったと思います。

別に汚れたらクレンザーでササッと落とせばそれでも良いんです。

そうやって掃除しやすいのもIHのメリットの一つですし。

その作業自体もそこまで多大な時間も労力が掛かるわけではありませんし。

でも今回紹介したことは

  • 水気がない状態でIHを使用する。
  • 吹きこぼれなどはその都度拭き取る。
  • 汚れた調理器具を使わない。

という普段からやっている事をその延長線上でしっかりやりましょうということだけで済むことです。

こんな簡単な方法で作業の手間を減らせるならちょっと気を付けてやってみても良いのではないか?と思い紹介させて頂きました。

Instagramなどでキッチンリセットしました!などと投稿するのが日課の方はこんな事をせずとも綺麗に出来るのでしょう。

しかし毎日使うIHトッププレートが汚れた状態で掃除しなきゃな~と思いつつ仕事や子育ての日々の忙しさで後回しになり見逃すことも出来ずモヤモヤを抱える、なんて人もいらっしゃることでしょう。

そんな事ならキッチンを拭き掃除するついでにトッププレートをしっかり拭き取りをする。

調理器具の底面も洗う際に綺麗にする。

それだけで済ませられればそれが一番かなと思います。

これから新たにIHを使い始める方はこんな点にも注意して使って頂ければ良いなと思います。