【一条工務店:床暖房】短期的に気温が上がる際には「ECO運転」ボタン1つで設定温度を下げよう!

床暖房




私の住んでいる一条工務店では冬季の暖房として多くが床暖房を採用しています。

「家は性能。」のもとで冬でも家中が暖かく過ごせるのは一条工務店の大きな特徴とも言えそうです。

しかしその床暖房にも弱点があります。

それは温度変化に対して設定温度を変更してもリニアに対応出来ないという点かなと思います。

とはいえ外気温が一気に上がった際にはそれなりの対応が必要になります。

そんな時には「ECO運転」を活用してみませんか?

あまり語られることのない床暖房の「ECO運転」ですが改めてその設定の仕方と活用方法を紹介してみたいと思います。

床暖房のモード

まずは簡単に床暖房の基本をおさらいしましょう。

通常運転とセーブ運転

一般的な温度設定において床暖房が稼働するのが通常運転です。

それに対してそれよりも低い温度設定をもう1つ作ることが出来ます。

それがセーブ運転です。

POINT通常運転とセーブ運転の異なる温度設定をすることによりタイマー設定などを使った際に床暖房の温度変化を作ることが出来ます。

24時間運転

こちらは24時間同じ温度で運転させるモードになります。

一般的には通常温度にて運転されるかと思います。

こちらは28℃にて24時間床暖房が稼働するような設定になっています。

タイマー運転

それに対して通常運転とセーブ運転を設定することにより温度変化を作ることが出来ます。

こちらは

  • 8時~22時 セーブ運転 26℃
  • 22時~8時 通常運転  28℃

ということで夜間の電気料金が安い時間帯に家を暖め、日中の陽射しが入り部屋が暖まる時間帯は設定温度を下げて極力床暖房を稼働させないような設定になります。

これが一般的に多い設定方法なのかなと思います。

間欠運転

またタイマー運転の延長として床暖房を一定時間だけ全く稼働させない間欠運転という設定方法もあるかと思います。

個人的に床暖房は間欠運転にせずに設定温度を下げても24時間タイマー運転にて稼働していたほうがフローリングなどを過度に冷やさずに効率が良いと思っています。

POINT間欠運転の床暖オフの時間帯は完全にオフにするのではなく最低限の温度設定にしておくことで不意の気温低下にも対応する事が出来ます。床暖房は設定温度よりも高い状態では自動的にその稼働が止まってくれます。

関連 エアコン暖房は勿体無い!床暖房は早期稼働しても大丈夫!消費電力を測定して分かったおすすめ設定を紹介します。

温度設定は手間が掛かる

これらの温度設定は冬を迎える数シーズンは設定温度に四苦八苦するので操作方法も自然と覚えそうです。

しかしある程度慣れてくると季節の変化によって設定温度を変えることがあってもあまり操作はしなくなるものではないでしょうか?

だからこそいざ操作しようと思うとその操作に戸惑う事もあるかなと思います。

特にも最大で8エリアに渡る温度設定を通常運転とセーブ運転を設定するということは16個の項目を変更しなければならないことになります。

そう、これは床暖房の温度設定をちょいちょいっと変更したい時に困るのです。

床暖房は設定温度になると稼働を停止する

3月になると三寒四温ではありませんが数日おきに暖かい日と寒い日が繰り返されてくると思うのです。

2~3日に渡り最高気温が20℃近くなるときがあったと思えばその後最高気温が10度を下回ってみたり。

そんな時皆さんはどうされますか?

こんな時床暖房のスイッチをOFFにするのは絶対に間違いです。

電源をオフにしてしまうと想定外の気温低下の際にせっかく温まった家の躯体が冷めてしまいます。

また床暖房を稼働しようとした際に改めて家全体を暖めなければならないために余計な電気代が掛かります。

床暖房はずっと稼働している訳ではなく設定温度になるとその運転を停止してくれるのです。

CHECK

床暖房は設定温度をある程度下げることにより循環液の水温が下がったときだけ最低限の稼働で家を暖めづつけてくれます。

関連 秋の寒さはエアコンよりも床暖房!意外と安い電気代とおすすめ設定を紹介

数日の温度変化はECO運転(エコ運転)で凌ごう!

床暖房の温度設定は季節の変化によって長期的に変えていくものだと思うのです。

しかし先程も紹介しました

2~3日だけ外気温が一気に上る

という短期的な気温変化の際にその設定に対して面倒だと思うのではないでしょうか?

床暖房を切ると日中は暖かいものの夜はそれなりに冷え込む。

とはいえそのままだと昼間に室内が暖まりすぎてしまう。

でも設定温度を全エリア変更するのは面倒。

そんな時はECOを運転を使っては如何でしょうか?

ECO運転とは?

みなさん床暖房の設定パネルにECO運転という操作があるのを知っていましたでしょうか?

ECO運転とは自分で設定している通常運転やセーブ運転の温度設定に対して任意の1℃~5℃を一括で下げてくれるモードになります。

つまり我が家で言うとECO運転を2℃に設定していると

  • 8時~22時 セーブ運転 26℃
  • 22時~8時 通常運転  28℃

この設定温度が操作一つで

  • 8時~22時 セーブ運転 24℃
  • 22時~8時 通常運転  26℃

になってくれるのです。

このモード設定は床暖リモコン毎に一括で設定されるものなので2個のリモコンがある際には2ヶ所の設定は必要になるわけですね。

ECOモードはデフォルト設定では2℃に設定されていますので任意の温度設定にすることが可能になります。

それでは実際にどのような操作が必要なのか見てみましょう。

ECO運転の設定方法

設定はボタンひとつ

それでは実際にどのような操作が必要なのかを見てみましょう。

床暖房リモコンを開けるとこのような表示パネルになっているかと思います。

この画面においてこちらのモード切り替えボタンを押しましょう。

この操作一つでこのように【ECO】表示が出ましてECO運転が作動しています。

先程もお伝えしたとおりデフォルトでは2℃設定になっています。

この状態ではこのリモコンに設定した温度全てがマイナス2℃になっています。

ECO運転の温度設定

ECO運転によって下げる設定温度は1℃~5℃までの設定が出来ます。

こちらの表示の際に【モード切替】ボタンを約3秒長押しします。

このような画面になりますので、【温度△▽】ボタンで設定温度を変更します。

設定しましたら忘れずに【確定】ボタンを押しましょう。

注意!見た目には設定温度が変わりません!

ここで気を付けたいのはECO運転は表示温度”から”設定温度を下げる機能になります。

よってこのように個別のエリア設定を見た時に設定温度は今までと変わっていません。

ただしここにECO運転表示がされていれば確かに温度設定は指定温度だけ下がっています。

設定温度の割に暖まらない方へ

よく床暖房が温度設定に対して部屋が暖まらないとお嘆きの声をお聞きします。

それはもちろん家の間取りや窓や陽当りなどの要因により寒さを感じることもあると思うのです。

しかしまさか。

まさかこのECO運転の表示が出てませんよね?

それはデフォルトの場合設定温度よりも2℃低い温度設定になります。

再度確認をされてみることをお薦めします。

CHECK

床暖房で室温が上がらない理由は沢山あるし間取り設計で対応可能です!

関連 【一条工務店】何で室温が上がらないの?床暖房の効果を決める大事な要素を知ってほしい。

まとめ

季節の変わり目は温度変化が激しい日が多いですよね。

その都度全てのエリアの床暖房の温度設定を変更するのは大変です。

その際はこのECO設定をすることにより一括にて設定温度を下げることが出来ます。

3月辺りは暖かい日も増えてくることでしょう。

その際はECO設定を是非ともご活用下さいね。