打ち合わせ中の方に見て欲しい。脱衣所のかってにスイッチ計画失敗は何が原因だったのかを考える。



今回は脱衣所に設置したスイッチの失敗談を紹介したいなと思います。

設計段階では色々な事を考えて間取・電気図面・照明案などを練るわけです。我が家に関しては相当頭を悩ませながら設計をしたという自負もあります。

よって「良い事」も「悪い事」もおおむね想定通りの出来上がりになっていると感じています。しかし想定していなかった「悪い事」が全く無いわけではありません。

我が家では居室以外の照明には基本的にパナソニックさんの「かってにスイッチ」と呼ばれるセンサー式スイッチを多用しております。

かってにスイッチにつきましては玄関ホールやトイレなどに設置をする方も多いですよね。今回はこのかってにスイッチを採用せずに失敗したという体験談になります。

設計段階に考えていたこと、実際に使ってみてのこと、それに対する対策を紹介してみたいと思います。

特にもこれから設計をされる方には是非とも見ていただきたい内容です。私の個人的な感想を元にしていますので自分には当てはまらないという方もいる一方、なるほどと思って下さる方も居るかもしれませんのでね。

宜しくお願いします。

かってにスイッチシリーズ

我が家で採用しているパナソニックのかってにスイッチと呼ばれるものには色々な種類があります。今回の話題に上がるのは壁に取り付けるタイプのこの2種類になります。

かってにスイッチ

こちらが一般的に壁に取り付けられるかってにスイッチになると思います。

  • 明るさセンサ付き
  • 熱線センサ付き
  • 手動・自動・切操作可能
  • センサーカバーにて感知エリア設定可能

という性能的には申し分ない製品になります。

かってにスイッチ(ほんのり点灯)

こちらは我が家で建築した一条工務店では標準で扱っていないほんのり点灯タイプのかってにスイッチになります。

基本的にトイレ用に設計されたセンサースイッチになります。

  • 明るさセンサ付き
  • 熱線センサ付き
  • 手動・自動・切操作可能

までは同じですが通常のかってにスイッチにない機能として

  • 設定時間帯において接続された調光機能付きの照明を任意の明るさにて点灯することが出来る

という特徴があります。つまり夜間などに照明が明るすぎて眩しいという事を防止するために指定時間だけ照明の照度を調光して落としてくれるんですよね。

さらにその変化具合も0%→指定%までゆるやかに点灯・消灯してくれるので、突然パッっと照明が点灯することも無く目に優しいです。

逆にトイレ用に設計された物なので

  • センサーカバーなどがなくエリア設定が不可能
  • 感知エリアがカタログ設計上2メートルしかない

というデメリットもあります。

我が家ではこの特性を理解した上で、夜間にトイレに行く導線にある洗面所→トイレにおいてはかってにスイッチのほんのり点灯を採用しています。

我が家の水回りの照明を確認

それでは我が家の水回りの照明がどのようになっているのかを今一度確認してみましょう。

かってにスイッチ(ほんのり点灯)

  • 洗面所
  • トイレ

手動のスイッチ

  • 脱衣所
  • 浴室

という構成になっています。

かってにスイッチのほんのり点灯に関しては先程も書きましたとおり、夜間にトイレに行く際の動線として照明が眩しくないようにするための対策です。

脱衣所のスイッチを手動にした理由

我が家では居室を除いた空間にはかってにスイッチなどのセンサー式スイッチを積極的に採用しています。

浴室に関しては手動しか選択肢がないのですが、脱衣所は割りと簡単に手動に決めてしまったと思っています。

ただしあまり考えなく手動スイッチにしたわけではなく一応センサー式も検討はしたんです。設計時に脱衣所でのスイッチ案に関して考えていたことはこのようなことでした。

脱衣所を使う=扉を閉める

入浴の際に脱衣所を使う時には扉を閉めるんだろうなという想定で設計をしました。当たり前のことのように思えますが、実は我が家の場合は夫婦だけなら確実に閉めないと思います。

でも息子が大きくなった時にはプライバシーも確保せにゃなりませんし、扉を閉めるんだろうなと思いながら設計をしました。

脱衣所の扉に関してはその他にも、衣類除湿乾燥機を使った際に浴室+脱衣所という最小限のエリアで区画を分けられるようにという思いもありました。

もちろん扉を閉めるのですからお風呂に入る夜には暗くなるわけで、お風呂と合わせた滞在時間を考えてもかってにスイッチよりは手動の方が良いかなと設計当初は考えました。

洗濯をする・洗濯の準備をする

洗濯をする際には洗濯カゴに無造作にいれられた洗濯物を仕分けする作業があります。ネットに入れたり、色柄物を分けたり。

そのような作業に関してはある程度時間がかかりますし、センサー式スイッチよりは手動の方が良いのかなと思いました。

暮らして分かった実際の使い勝手

それでは入居後に約1年暮らしてみての感想です。

まずは基本的にこの脱衣所の照明スイッチはあまり操作をしない=脱衣所の照明を点灯しないという現状になっています。

完全に使わない訳ではありません。しかし頻度はかなり少ないんです。

周りがセンサー式照明だと明るさには困らない。

まずはこちらの図で説明しましょう。LDKから脱衣所方面に侵入してくるとまずは洗面所の照明がセンサーにて点灯します。

この時点で既に明るいんです。脱衣所の扉が開いているとほとんどの作業は洗面所の明かりで可能になります。

細かいものを見る際には手動でスイッチを入れる事もありますけど本当に頻度としては少ないです。

脱衣所の扉は閉めなかった

これは子供がまだ小さいことが大いに関係しています。先ほどは脱衣所の扉を閉めなければ洗面所の明かりで用が済むと言いました。

では脱衣所の扉を閉めたら意味が無いだろうと思うのですが、実際のところこの脱衣所の扉を普段の生活の中で閉める事はほとんどありません。

子供がお風呂に入る際には私や妻も一緒に入るのですが、その際には子供の身体を拭いたり着替えの準備をさせたりするために、脱衣所だけでなく洗面所まで一面に物を広げて作業をします。

  • タオルを下に敷いて濡れ防止
  • 着替えを置いておく
  • 身体の保湿などのために塗る薬を置いておく
  • ベビーパウダーの缶を置いておく

たったこれだけですけど結構なスペースを使います。きっと子育て経験をされた方なら分かって頂けるはず。

脱衣所だけで出来るには出来るんです。でも洗面所まで使うともっと楽ちんに出来るんです。そしてその時には浴室の照明も点灯しています。

上図を見ていただいて分かるでしょうか?そうなんです。そもそも浴室の照明だけで結構明るかったりするんですよね。脱衣所に入って脱衣所の照明と浴室の照明を2箇所操作することは実はあまり無いというか面倒というか。

服を脱ぐ・服を着るという動作においてはそこまでの明かりを必要としなかったんです。もちろん明るいほうが良いんですよ。でもその為にスイッチ操作をするかと言われると我が家ではしなかった。

ここまで人間ものぐさになるとは思いませんでした。

洗濯物は夜にする予定がしなくなった

我が家の設計時には深夜の電気代が安い時間帯をめがけて洗濯&物干しをし、衣類除湿乾燥機を使うという計画をしていました。(乾燥に関わる作業が一番電力を消費するため)

お風呂の湯上がりに合わせて洗濯をし洗濯物を乾かし、そして深夜料金になる22時から衣類除湿乾燥機を稼働し朝には乾いているという計画です。

それがですね。

子供が保育園に入り、妻が昼過ぎまでの半日仕事をするようになりました

保育園に通うようになると洗濯物の量がどーーーんと増えます。また仕事を始めることにより時間の余裕がなくなり、夜に洗濯→物干しという作業をするには生活スタイルが合わなくなってきました。

また一番は作業をする妻が夜型ではなかったという事です。普段から22時にはお布団に入りたい人なので夜に何かをするというのが多大なストレスだったようです。

オール電化の家に住む上で夜にある程度の作業をするように計画するのは妻も理解してくれて心構えもしてくれていました。

しかしながら住んでみて感じたことは生活スタイルを崩してまで電気料金に拘ることは良くないなということです。

結果として現在は洗濯は週に3~4回ですがこのようなスタイルになっています。

  • 14時頃帰宅→洗濯機を回す
  • 15時頃から干す
  • 浴室・脱衣所を閉め切って衣類除湿乾燥機を稼働
    ※洗濯の回数が増えたので洗面所まで使う頻度は減りました
  • 洗濯物によるが19時ころには薄手のものが、21時頃にはほぼ乾燥が終わる
  • それでも残ったものはそのまま干しておくと翌朝には完全に乾く

ということで、洗濯作業はほぼ昼間から寝る前までに完結していしまいました。

電気代の消費は多くなる。。。というか我が家では余剰契約なので実際に支払う電気代はむしろ減るのですが、売電分に回る電力をガッツリ消費するので相対的には損をしている事に変わりは無いんですよね。

よって昼間に関しては外がよほど暗くない限りは洗濯に関わる照明点灯の必要もないわけです。

操作頻度が少ないだけに、いざ点灯した際に忘れる。

それでは浴室と脱衣所を隔離して洗濯物を乾かしているとしましょう。

こちらのエリアですね。衣類除湿乾燥機を使っている際は閉め切った部屋が温まって洗濯物が早く乾いてくれます。よって洗濯物の確認に行く際には熱気を逃さないように脱衣所の扉をサッサッっと閉めます。

洗濯物が乾いたかの確認をする時間帯は外も暗くなっているので、扉を閉めると室内は暗くなりますので流石に手動で照明を点灯します。

作業を終えて出る時に見事に忘れます。

いやそこを忘れないようにしろと言われると何も言い返せません。しかし普段から脱衣所のスイッチを押し慣れないのでどうしても忘れてしまうんです。(私が)

ということで電気つけっぱ!とよく叱られるわけです。(私が)LED照明なので電気代なんて本当に微々たるものなんですよ。でもやっぱり付けっぱなしっていうのは出来るだけしたくないんですよね。

ちなみに今の書き方から分かるように消し忘れをするのは主に私です。たまに妻も忘れますけど。この消し忘れという件は個人の性格というか注意力によるところが大きいかもしれないことは否定はできません。

結論

「周りがセンサー式照明で囲まれた場所に設置された手動スイッチはほとんど操作しなくなる事が多い」

と思います。もちろん作業内容によると思いますが、基本的に周りのセンサー式照明の明かりで作業的にはほとんどの事が済んでしまうと思います。

動線としてセンサー式照明に囲まれたような場所はセンサー式にしたほうがストレス無い生活が出来そうだなと感じます。

もちろん手動で点灯したら忘れないようにすればいいだけじゃないか!と言われたら言い返す言葉はありません。しかし今回の話題にしている場所はあくまで「周りがセンサー式照明」の場所に限っての話です。

この理論はハニカムシェードの記事にて電動式にした場所は全ての窓を電動化にしないとストレスが溜まりそうと言ったことと似ていると思います。

すなわち自動で点灯する照明が多い場所に設置された手動式照明は点灯することが少なくなるということです。

それでは設計時にどうすればいい?

我が家の事例のように入居してから完全に間違いに気づくこともあると思います。しかしながら設計時に

「ここは手動で良いか?センサーにすべきか?」

という選択に迫られる場面も多いと思います。また家族間でその必要性に意見の相違があって結果どちらかにしてしまうという事もあると思います。そんな時には私はこんな方法を提案します。

センサー式でも手動式でもどちらでも対応出来そうな場所にスイッチを取り付ける

かってにスイッチと普通のスイッチというのは一般的にこのようなサイズで規格が同じです。

例えば手動スイッチにしたけれどもやっぱりセンサーが良かったなぁと思えば、このスイッチ部分を交換するだけで簡単に対応が可能になります。

恐らく一般的なLED照明となら接続は可能だと思いますが設計時によく確認されておくと良いと思います。

スイッチに関してはホームセンターでも取り扱っていますし、ネットなどでも手に入ります。紹介しようと思ったのですが、かってにスイッチも私の使っている物と違いバージョンが新しくなっているんですね。

交換の際には一応確認は必要かなと思います。

スイッチプレートをかってにスイッチのサイズに合わせておく。

前述のスイッチの配置にも関わることなのですが、かってにスイッチに交換が容易に出来るようにスイッチプレートを大きくとっておくことです。

かってにスイッチのサイズはみなさん御存知の通りこのサイズです。一般的な2~3口コンセントと同じサイズですよね。

対してスイッチが何個も組み合わさる場所に関しては、小さなスイッチが集まったスイッチプレートが採用されることと思います。

我が家ではリビングライコンも採用しているためにスイッチが固まったプレートはこれが限界でした。

このようなプレートにしてしまいますと、かってにスイッチに交換しようと思った時にスペースが無く取り付けが困難になります。壁に穴を開けたりして追加は可能ですが結構な工事になってしまうと思います。

よって、このスイッチ部分だけはかってにスイッチを併用できるように大きいプレートサイズを確保してもらうと良いと思います。

取り付けや交換にあたっては担当監督さんなどに相談されると良いと思います。接続される照明などの種類によっては対応してないものもあるかもしれませんしね。

交換に当たっては電気工事士の資格が必要になります。資格をお持ちでない方は絶対にご自分で作業をされないようにお願い致します。

脱衣所のスイッチは交換予定

ということで我が家の脱衣所の照明に関しては将来的にかってにスイッチに交換をする予定を計画しています。

脱衣所では衣類除湿乾燥機を使用しています。使用にあたり熱も発しますしかってにスイッチが反応してしまうと思い検証してみました。

かってにスイッチは熱源を発する動くものに反応するので、衣類除湿乾燥機の熱風が出る羽根がスイングするのに反応するのが心配でした。

結果として衣類除湿乾燥機が固定された場所で動く分にはかってにスイッチは反応しないようでした。

これで心置きなく交換が出来そうです。

最新型のかってにスイッチは正面検知が追加されているようです。最新型のかってにスイッチを採用した場合には衣類除湿乾燥機に反応して照明が点灯してしまう可能性があります。その際は旧型を取り付けるか衣類除湿乾燥機を使用する際にスイッチをOFFにすると誤作動を防げるかと思います。

まとめ

記事タイトルにあるスイッチ計画に対して何が悪かったのか?という問いに答えるとすると

  • 照明とは計画時に思っているよりも明るかった
  • センサー式スイッチは思っているよりも便利であった
  • その為に手動スイッチの使用頻度が減ってしまった

という事を予見出来なかった事だと思います。お隣の部屋で点灯している照明でちょっとした作業は済んでしまうんですよね。

今回は触れませんでしたが、かってにスイッチのほんのり点灯タイプも同じようにスイッチを交換するだけで対応は可能なのかなと思います。

ただしその際は接続する照明に「調光機能」がついていないと意味がないです。そういう点を含めて、設計時に迷った際には将来的に対応が可能なようにスイッチ配置・照明配置を計画しておくと良いかもしれませんね。

今回のスイッチ計画の変更により我が家でのセンサー式照明の可動範囲はこのようになります。

寝室と子供部屋を除くほぼ全ての空間がセンサー式スイッチになっています。

LDKのキッチンに関してはかってにスイッチを特殊な条件で使っています。詳しくはこちらの間取り紹介をご覧ください。

これについての検証は後で別に記事にしたいと思います。

一般的に設計さんなどから全力で止められると思うLDKのかってにスイッチ案ですが、我が家で暮らしてみて一番の満足度を誇るスイッチかもしれません。

早めに記事に出来るように頑張ってみますね。

また、収納における失敗談もこちらの記事に書いておりますので、宜しければご覧下さいね。