自在棚の壁補強



自在棚だらけの我が家

さて、我が家は壁補強の範囲がそれなりに広いと思います。

前にお見せしたトイレは介護用の手すりなどをどこにでも取り付けられるように全面壁補強です。

子供部屋の三枚扉で仕切った収納&ロスガード部分も補強済み。

細かい所でいうとキッチンのこの部分、このちょっとの為に壁補強しました。窓の分だけ損してますw

こちらは脱衣所から見た両壁ですね。どちらも特注のタオル掛けを設置するためにセラールの下地として壁補強しております。

緑の枠で囲った部分の断熱材がかなり大胆に削られてたので不思議に思ってたのですが、前の記事で紹介したとおりエアコンの隠蔽配管でした。

っとこのように、外壁部分も内壁部分も壁補強される場所は基本的にすべてHRDで取り付けて来ることが分かりました。私はてっきり大工さんが壁補強するのかと思ってましたよ。

自在棚レール用の補強

さて、本題はここから。

自在棚というオプションがありますよね。主にダボレールと棚板のセットで棚板の枚数によってお値段が追加されていきます。反面、結構なお値段がするのでDIYで取り付けようと計画する方も多いと思います。

以前はダボレールだけの注文が出来たようですが、最近はレールとセットで棚板を最低1枚買わないといけなくなったそうですね。

何度か記事にしたとおり自在棚の施工料金にはレールを設置する場所への壁補強代が入っています。なので取り付け予定の場所にちょうど構造体があれば良いのですが、場合によっては壁補強が別途必要になるので単純に部材だけの料金差ではないですよと。

私はてっきり壁補強と同じものが自在棚を取付ける部分にくると思ってたんです。

正解はこちら。

こちらはキッチンパントリー代わりになる押入Zに自在棚を設置する場所です。ちょっと見づらくて申し訳ないのですが、一条さんお得意の緑色に変色した木材が追加されています。

ちなみに我が家の押入で唯一、自在棚を取付ける予定もなく壁補強もしてない主寝室押入はこうなってます。

※そういえば上棟中で天井が無い写真だ。

ねっ、全然違うでしょ。合板が貼られるのかと思ったら普通に太い柱が立っていたでござる。

まぁ、壁補強の合板に自分で自在棚を取り付けても良いとは思いますし強度的にも問題ないと思うのですが、特にも重いものを設置しようとする自在棚は大人しくこの木材を立ててもらってそこに固定・設置したほうが安定感・安心感があるなーって思いました。

自在棚の棚の耐荷重に注意

i-smartの自在棚の棚板の耐荷重は20㎏/枚なのに大してi-cubeの棚板は50kg/枚という仕様になっているはずです。

なのでi-smartでオーブンレンジなどを棚板に載せようと思うと重量的には結構ギリギリな訳ですが、棚板を設置するレールの全体的な耐荷重を考えても重いものを置く予定のある自在棚はやはり標準仕様の自在棚を設置して居たほうが無難かなと思った次第です。

※大型のオーブンレンジだと20キロオーバーなのでi-smartの棚板だとアウトな機種も多いはず。

また、自在棚を書斎のテーブル変わりなどに使おうと言う場合に関しても、思いがけず手を掛けたり一時的に荷重がかかる事もあると思うので同じく標準仕様の自在棚を設置していたほうが良いのかなとか思ったりします。

これから打ち合わせする方の参考になるかしら?ちなみに耐荷重の確保できるi-cubeならではの仕様で、i-smartは普通に合板の壁補強だったりするかもしれませんので、情報お持ちの方が居らっしゃいましたらお教え下さい。

※i-smartでも基本的に同じような補強がされているようです。ただし、ダボレールを通常と違う施工場所に取り付ける場合は補強材を現場で取付けることもあるそうです。