無印良品の小型サーキュレーターが新型に!静音性などの違いを比較してみた。

家電




無印良品の中でも夏になると売り切れることも多い人気のサーキュレーター。

大小2種類のラインナップがあるのですが小さいタイプのサーキュレーターが2018年にリニューアルされました。

しかし旧型との違いがよく分からない方も多いのではないでしょうか?

新型は旧型に比べてどのような点が変わったのか?

  • サイズやデザイン
  • 扱いやすさ
  • 静音性
  • 省エネ性能

これら4点に着目して新型と旧型との比較をしてみたいと思います。

無印良品のサーキュレーター

無印良品のサーキュレーターには現在2種類のラインナップがありますので簡単に紹介させて頂きますね。

低騒音ファン・大風量タイプ(AT-CF26R-W)

こちらは2種類あるサーキュレーターでも大型の大風量のタイプになります。

このサイズでも通常時に使用する弱運転では生活音に紛れる程度の騒音しか無くほぼ送風音を感じません。

寝室の枕元に置いても寝れるほどのDCモーターの扇風機やサーキュレーターに匹敵する静かさを持っています。

その上でDCモーター機種に比べて格段の安さを持っているのが大きな特徴かなと思います。

低騒音ファン(MJ-CF18JP-W)

こちらは2018年に発売された新型の小型タイプになります。

こちらの写真は旧型のタイプなのですが大きさはほぼ変わらないので大風量タイプとの比較としてご覧下さい。

詳しくは後ほど比較させて頂きますね。

旧タイプ:低騒音ファン(AT-CF18R2ーW)

ちなみにこちらの旧タイプの印象を大風量タイプと比べながら簡単に紹介させて頂きます。

こちらの旧タイプの印象は簡単に言うと大型の大風量タイプに比べて

  • 消費電力は風量なりに少ないものの
  • 騒音値が比べ物にならないほど大きく
  • 小さい以外にメリットがない

という状況でした。

一般的に常用される風量ノッチ(1・弱)において比較をしてみると

  • 風量(㎥/min)
    大:6.5 小:5.5
  • 消費電力(W)
    大:8.0 小:7.0
  • 騒音値(dB)
    大:18.0 小:27.0

風量および消費電力はそれなりですが特筆すべきは騒音値ですね。

風量が多いはずの大タイプに比べて風量の少ないはずの少タイプの方が騒音値が大きいんです。

これは弱運転をしてる状態で静まった夜に

  • 大:音をほとんど感じない
  • 小:確かにファンが回っている音が分かる

という明確な違いがありました。

補足
他のACモーターを採用しているサーキュレーターに比べれば静かなことには確かです。

ナノイー発生機との騒音を比べる

一条工務店で建築された方は「綺麗な空気de快適生活キャンペーン」でパナソニック製のナノイー発生機が付いていると思います。

こちらも静かな場所で聞くとモーター音(駆動音)がしますよね。

このナノイー発生機よりもサーキュレーター小の弱運転の方が若干騒音値が大きいですね。

ナノイー発生機が天井に付いている一方でサーキュレーターはもっと耳元に近い位置でも使用する事からもどれだけ音として認識できるのかが分かるかなと思います。

新型と旧型を比較

それでは実際に両者を比較してみましょう。

  • サイズやデザイン
  • 扱いやすさ
  • 静音性
  • 省エネ性能

について比較をしてみようと思います。

サイズやデザインの変化

まずは外観の変化をチェックしてみましょう。

前面

前面からみると大きな違いは無さそうに見えます。

新型は前面カバーのグリルの間隔がすこし狭くなっていて掃除の際に手間が掛かるかな?と思います。

側面

側面から見ると大きな変化が見えます。

旧型に比べ新型は給気口の開口部が約150%拡大したとの事です。

網目が増えることにより掃除をサボった際に汚れを取る手間は増えるかなと思います。

しかしこれはどのサーキュレーターや扇風機にも言えることですね。

背面

背面から見るとスイッチ周りや取っ手部分の意匠面の違いはありますが大きな変化は見られないようです。

上部

上から見ると開口部の大きさは目立つものの全体のサイズ感に大きな違いがないことも分かります。

羽の形状

 

羽根の形状は新型になりスリムになっている印象がありますが大きな違いはありません。

商品紹介HPには前縁部にウェーブ形状の凹凸を設けたとあります。

しかし一番の違いは羽にシールが無くなったことでしょうか。

あのシールは私は気になってしまうんですよね。

しかし羽のバランスを取っているので剥がさないでというサポートセンターからのお言葉もありました。

新型はそんな事は気にしなくても良さそうです。

サイズの変化

新型のサイズは無印良品の公式HPに記載がありました。

こちらのサイズなどに関しては取扱説明書にも記載がなく、旧型の公式HPが削除されてしまっているので正確な確認がとれない状況です。

しかし先程から紹介しましたように両者を比較しても大きな差は無いように思います。

扱いやすさ

サーキュレーターとしての用途はあまり変化がありませんがお手入れの際の手間に差があるかなと思います。

風向調整

風向は両者とも同じ角度調節設定になっています。

6段階にて調節できます。

こちらは手で簡単に位置調節できます。

ただし自動で首振りをしたりするような機能はありません。

風量選択

3段階ある風量を選択するノッチのデザインに若干の変化がありましたが大きな変化はありません。

CHECK

スイッチが手動だからこそできるタイマーコンセントを使った間欠運転をする方法はこちら!

関連 無印良品のサーキュレーターとタイマー式コンセントを使って全館冷房の効率アップ!一条工務店の家と好相性でおすすめの逸品。

前面グリル(吹出口)の取り外しやすさ

前面グリルはサーキュレーター内部を掃除する際などに取り外す事になります。

我が家のようにほぼ24時間稼働をしていると設置場所にもよりますがおよそ1ヶ月ほどでファンにホコリが溜まり掃除の必要がありそうです。

旧型は前面グリルを矢印方向に回すだけで外すことが出来ました。

しかし新型はちょっと手間が増えております。

新型はこちらのロックカバーを外しまして。

ロックカバーを外した状態でこちらのマークを参考にグリルを回し取り外します。

旧型に比べ外れにくいという点は安全性の面からは喜ばしいのかもしれませんが実際に作業をするとちょっと面倒な点が見受けられました。

特にもグリルを戻そうという時に誤って入れる場所(角度)を間違えると取り外すのにかなり苦労をしました。

静音性・省エネ性

旧型と新型の静音性を50hz(東日本の場合)で比べてみましょう。

  • 風量 弱
    旧:27.0dB 新:19.0dB
  • 風量 中
    旧:36.0dB 新:32.0dB
  • 風量 強
    旧:40.0dB 新:36.5dB

全体的に静音化がかなり進んでいる事がよく分かると思います。

特にも常用で一番使うと思われる風量「弱」における静音化が顕著だと思います。

これは大風量タイプの弱運転と比べましても

  • 風量(㎥/min)
    大: 6.5 小:8.5
  • 消費電力(W)
    大: 8.0 小:4.2
  • 騒音値(dB)
    大:18.0 小:19.0

かなり遜色の無い内容となっていると思います。

ポイントを抜粋しますと

  • 風量がかなり大きく
  • 消費電力がかなり減り
  • 風量に比べて騒音がかなり低い

という結果になっています。

旧型と比べての進化が顕著なだけでなく弱運転においては大風量タイプを凌ぐ風量と省エネ性能を有していることが分かりました。

まとめ

2018年にリニューアルされた無印良品のサーキュレーター小型タイプ。

普段の生活で一番使われるであろう弱運転においてはかなりの改善が見られたと思います。

サーキュレーターにおいてはそもそもは屋内の空気を循環させる事が目的であると思います。

しかしその実は扇風機の代用として使ったりする方も多く実用域である弱運転の静音性が高まった点はかなり大きな変化では無いかと思います。

これにより大風量タイプとの使い分けが顕著になり使う場所や用途によりその選択肢が増えるのかなと思います。