【新型アラウーノ】チャーミーMajica(マジカ)の新作:速乾+(プラス)はアラウーノの洗剤として使えるのか?



パナソニックさんで取り扱っている人気のタンクレストイレ:アラウーノですが泡と水流しっかりお掃除をしてくれる「激落ちバブル」機能が特徴的ですよね。

専用のアラウーノフォームはもちろんですが、市販の台所用合成洗剤(中性)を利用したっぷりの泡パワーで便器内をしっかりと洗ってくれるものです。

パナソニックさんが公式で認められている一般的な台所用合成洗剤としてライオンのチャーミーMajica(Majica)が挙げられております。

今回はこちらのチャーミーMajicaシリーズに「速乾+(プラス)」のナチュラルハーブの香りとクリアミントの香りが2017年9月に仲間入りしました。

早速アラウーノに使えるのかをパナソニックさんのサポートセンターに問い合わせてみましたのでご報告致します。

チャーミーMajica 速乾+(プラス)

今回発売になった速乾+は2種類の香りが楽しめるラインナップになっているようですね。

詳しくはこちらの公式HPをご覧になってください。

こちらの新作2種はアラウーノに使えるのか?

早速ですが、こちらの新商品である速乾+(プラス)の2種がアラウーノに使えるのかをパナソニックさんの公式サポートセンターに問い合わせてみました。

まだ発売されたばかりとあってサポートセンターさんでも内容を全く把握をされておりませんでした。

またライオンさんのチャーミーMajicaのHPにも詳しい成分などの記載が無かった為に折り返しのお電話を頂き調べる手間をおかけしました。

それでは速乾+はアラウーノの洗剤として使えるのでしょうか?

 

このようにどちらの製品もアラウーノの洗剤として使用が可能だということです。

心配だった植物繊維由来成分

アラウーノの洗剤として使えない市販の台所用合成洗剤(中性)としてこのような項目がありました。

  • ヤシの実洗剤
  • オレンジオイルを含む洗剤
  • 柑橘系の香りを有する潜在
  • トイレ用洗剤
  • ジェルタイプの洗剤
  • 酸性・アルカリ性・塩素系洗剤
  • アルコールを含む洗剤

特にも天然由来成分を材料としている洗剤は効果が得られず、洗剤の成分によっては製品の故障の原因になる為に使用が出来ないということでした。

そして速乾+の新感覚の水切れのヒミツとして「植物繊維由来成分」が新たに配合されているとのことでした。

この「食物繊維由来成分」が「天然由来成分」に当たるのではないかと思い、加えてサポートセンターの担当の方にお聞きしました。

問題ないそうです。

これで新しい速乾+が気に入った方はそのままアラウーノ洗剤として使うことが出来ますね。

アラウーノに使えるチャーミーMajica(マジカ)のまとめ

という事で、今回の新発売の速乾+の2種類を合わせましてアラウーノに使えるMajica(マジカ)の種類は現時点で5種類に増えました。

詳しくはこちらの記事にまとめてありますので合わせてご覧頂けますと嬉しいです。

また、チャーミーMajica(マジカ)を補充する際の点順を説明した記事はこちらになります。