【新型アラウーノ】2017年最新版:パナソニック公式のおすすめ洗剤・人気のチャーミーMajica(マジカ)で使える製品のまとめ



高機能トイレとして人気のパナソニック製の新型アラウーノの特徴の一つに、泡と水流でしっかりおそうじをしてくれる「激落ちバブル」機能があります。

こちらの機能は市販の台所用合成洗剤(中性)を利用し細かい泡が便器内をめぐり、たっぷりの泡パワーでしっかり便器を洗ってくれるものです。

この機能で使用する洗剤ですが、公式のアラウーノフォームの他にも台所用合成洗剤(中性)が使用できます。公式で推奨している一般的な台所洗剤としてライオンのチャーミーMajica(マジカ)が上げられているようです。

ラインナップが追加されつつあるこのチャーミーMajica(マジカ)で現在発売されている8種類のうち使えるものは何種類あるのでしょうか?パナソニックさんのお客様相談センターに直接問い合わせてみました。

パナソニック アラウーノ

パナソニックさんで現在展開しているアラウーノは大きく分けて3種類になります。このうち激落ちバブル機能を有しているのは新型アラウーノ(3タイプ)とアラウーノSⅡになります。

出典:パナソニック アラウーノ:主な機能の比較 http://sumai.panasonic.jp/toilet/alauno/comparison/

新型アラウーノとアラウーノSⅡでは洗剤の補給場所が違います。アラウーノSⅡの方がお手軽価格で基本機能は変わらないので、アラウーノSⅡを選択される方のほうが多いかもしれませんね。激落ちバブル機能に関しては両者の違いは無いと思います。

激落ちバブル機能

洗剤から作られた泡が便器内をめぐりお掃除をしてくれる機能になります。詳しい説明はこちらの公式HPをご覧ください。

使用可能な洗剤

取扱説明書を見るとこのような記載があります。

出典:パナソニック 新型アラウーノ 取扱説明書

  • アラウーノフォーム
  • 市販の台所用合成洗剤(中性)

この2種類が挙げられていますね。市販の台所用合成洗剤については中性であっても使用できないものもあるようです。

アラウーノフォーム

こちらが公式の洗剤になります。入居時に1本付属しておりまして半年ほどでなくなりました。(大人2名使用)通常の使用時で約3ヶ月という事ですが、やはり使用状況や設定により変わりそうではありますね。

何となく前に比べると安くなったような気もしますが、送料を考えるとやはり割高感が否めません。これであればお近くのスーパーで台所用合成洗剤を購入したほうが良さそうな気もします。

市販の台所用合成洗剤(中性)

台所用合成洗剤と言っても使用できない洗剤として以下の項目が書かれています。

  • ヤシの実洗剤
  • オレンジオイルを含む洗剤
  • 柑橘系の香りを有する洗剤
  • トイレ用洗剤
  • ジェルタイプの洗剤
  • 酸性・アルカリ・塩素系洗剤
  • アルコールを含む洗剤

※天然由来成分を材料としている洗剤は効果が得られず、洗剤の成分によっては製品の故障の原因になる為だそうです。

逆に使用できる洗剤は何なの!?ということで、今回紹介するチャーミーマジカ(Majica)になるわけですね。

チャーミーマジカ(Majica)

こちらの台所用合成洗剤(中性)がパナソニックさんで公式に使用を薦めている商品になります。お皿を洗った際の効果に関してはこちらをご覧下さいね。

今回はおトイレに使うお話なので詳しくは割愛させて頂きます。発売当初は3種類のラインナップでしたが使える物と使えない物はこのようになっていました。

出典:ライオン 食器用洗剤Majica(マジカ) 製品情報 http://magica.lion.co.jp/product.htm

スプラッシュオレンジは柑橘系の香りという事でダメだったようですね。こちらもパナソニックさんのお客様相談センターに問い合わせた内容です。

2016年3月、「除菌+(プラス)」と「無香性」が発売に。

2016年3月に「除菌+(プラス)」と「無香性」を訴求した2品がラインナップに加わりました。除菌に対する需要も高いようですよね。

これらの商品は使えるのでしょうか?パナソニックさんのお客様相談センターの回答は以下の通りです。

出典:ライオン 食器用洗剤Majica(マジカ) 製品情報 http://magica.lion.co.jp/product.htm

  • 無香性→推奨品でないが使用可能
  • 除菌+(プラス)→使用不可

このような回答になりました。

チャーミーマジカ(Majica)さんでは定期的に期間限定の香りを発売しているようですが、これに関しましては調査しておりませんので予めご了承下さい。

推奨品でないけど使用可能ってどういうこと?

なんとも歯切れの悪いお答えですよね。これに関してはこのような見解でした。

除菌+(プラス)がダメな理由

シトラスグリーンの香りとレモンピールの香りは何れも柑橘系の香りという事で使用不可になります。

シトラスって柑橘系なんですね。私も調べて初めて知りました。レモンピールの香りは言うまでもありませんよね。

無香性が大丈夫な理由

無香性に関しましては使用できない洗剤の要項に当てはまるものがないために使用は出来るという事でした。

ただし、パナソニックさんとして推奨できるだけのテストをしていない為に「推奨品ではないが使用が出来る」という表現をしているそうです。

2017年9月、「速乾+(プラス)」に2種類の香りが発売に。

2017年9月には速乾+(プラス)という水切れを追求した商品として2種類の香りが発売になりました。

こちらの可否についてもパナソニックのサポートセンターさんに確認をしてみました。

このように2種類とも使用が可能だということです。心配された食物繊維由来成分もアラウーノには使用が可能だとのことです。

詳しくはこちらの記事にて紹介していますので宜しければご覧ください。

2017年9月現在で使えるチャーミーMajica(マジカ)のまとめ

結局のところラインナップは8種類に増えております。

使えるものと使えないものを簡単に表しますとこのようになります。

8種類あるうち5種類がアラウーノでの使用が可能となっているようです。

まな板などの除菌まで出来るという除菌+(プラス)は香り成分の影響で使用が出来ないとなっていますが、その他のものでもスポンジ除菌は出来るという事です。

一般的な台所用洗剤と併用しての使用も十分可能になりますね。

どれを使うべき?

せっかく食器用洗剤を使うわけなので共用が出来ると買い置きも無駄にならないと思うわけです。我が家では食器用洗剤としてずっとジョイの除菌プラスを使用していました。

しかし新居に引っ越してからビルトイン食洗機を多用するようになり食器用洗剤の使用もかなり減りました。特にも油汚れに関しては食洗機の方が明らかに綺麗に洗ってくれるので助かっています。

アルカリ性洗剤は調理器具にも良くはない

ずっと食器用洗剤として愛用していたジョイですがこちらは弱アルカリ性の洗剤になります。

アルカリ性洗剤はアラウーノで使用することが出来ないので選択肢からは外れてしまうわけです。

ここで問題なのは本来テフロンやチタンなどのコーティングがされたフライパンなどの調理器具にとってアルカリ性洗剤は塗装面を痛めるために使用できず中性洗剤を使うことが望ましいということです。

愛用していますティファールのフライパンや鍋などは取扱説明書にも洗剤は中性を使って下さいと記載されています。

アルカリ性洗剤の方が油汚れに強いのだと思いますが、代償として塗装面に良い影響はないということですよね。

我が家ではアラウーノに使う洗剤と共用することにしてジョイから卒業することにしました。

ちなみに、食洗機の洗剤は食洗機用ハイウォッシュジョイの粉末タイプが匂い・洗い上がりなどの面からもコスパ最強だと思っているのでジョイはこちらでお世話になり続けようと思います。

換気扇などのお掃除にも中性洗剤を

換気扇のシロッコファンやフィルターなども基本的に中性洗剤を使用してのお掃除が推奨されています。

基本的にこまめな掃除で汚れが落ちやすいようにコーティングなどがされているのですが、アルカリ性や酸性の洗剤を使うことにより表面を痛め、余計に汚れが付きやすくなる可能性もあります。

オキシクリーンなどのアルカリ性洗剤を使われる方も多いですが、濃度の濃さによっては汚れが落ちるのも一時的で塗装面を痛めて汚れが付着しやすくなる可能性もあると思います。

お掃除の際には中性洗剤を使うほうが無難かなと思います。

我が家の結論

新居に住んでから色々な住設のお手入れについて改めて感じることは、基本的に洗剤は中性のものを使う方が間違いがないということです。

頑固な汚れなどに対してはその汚れや場所によって酸性・アルカリ性の洗剤を使用することも必要かもしれませんが、一番はそこまで酷くなる前に対処できるように日頃からお掃除しましょうっていうことですね。

家中のお掃除に対して使える中性洗剤としてこのチャーミーマジカ(Majica)を使用してみようと思います。