シェード用アイプレートの取り付け



足場が外れる前に取り付けていたものがもう一つありました。夏場の西日対策としてシェードを固定するアイプレートを取り付けてもらいました。

こちらの作業は普通にハイドロテクトタイルが施工された後に自分で取り付ける事も可能では有ると思います。

しかしながら見栄えの問題といざという時の外壁への水漏れなどの心配を考えると、一条さんへの作業を依頼した方が間違いなのかなと思います。

施工に関しては設計時には設計さんや営業さんと、建築時には監督さんなどとよく相談された上での施工をされてください。

シェード用アイプレートを取り付ける理由

夏場に西日が直接LDKに入ってこないように、子供がタイルデッキで遊ぶ際の日除けにという用途が大きいですね。特にも夏場は全館冷房予定なので、日中に西日によって暖められる部屋の温度上昇を和らげる効果は大きいと思います。

一番期待しているのは直射日光などによるフローリングや畳の温度上昇が軽減出来ればなと思っています。トリプルサッシは紫外線などを大幅にカットしてくれるとはいえ、流石に直射日光にさらされた場所は他の場所に比べて熱くなると思っています。部屋内の空気はエアコンで冷やせても輻射熱を軽減することは出来ませんからね。
※輻射熱の使い方があっているのかわかりません^^;

遮熱をしてもハニカムに熱を取り込む?

一条さんの西側に取り付けられるハニカムシェードは標準で遮光ハニカムになりますよね。西日対策ということだと思います。我が家でも西側だけでなく主寝室の南側も全て遮光+レースのダブルハニカムにしてあります。

しかし直射日光が防げてもハニカム自体が熱をもって室温の上昇に付与するというブログ記事を見かけましてやはり西側の窓には出来るだけシェードを採用したいなと思いました。これはカーテンを使っても同じなのかな?と思います。確かに西日を浴びるカーテンって熱を持ちますよね。

取り付け位置について

タイルデッキ周りのLDK及び主寝室南側

こちらはどのようにシェードを貼ってもいいように数か所アイプレートを設置する予定です。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b01

主寝室の西側

こちらも地味に熱くなりそうな西日を浴びる窓です。こちらには当初はシェードを取り付ける予定は無かったのですが、シェード自体が熱を持つという記事を見かけてから急遽取り付けを検討しました。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b02

自分で思っていた取り付け位置

シェード用のアイプレートを取り付けていらっしゃる方の多くはこの場所に取り付けされてるのではないでしょうか?

img_58261

アイプレートのサイズによってはこの縦のタイルにぴったり嵌って綺麗にみえますよね。私としてもこの位置のほうがタイル屋さんも作業が楽だし綺麗に見えるかなと思ってたんです。

タイル屋さんに聞いた取り付けやすい位置

取り付け位置をタイル屋さんと確認する中でとんだ勘違いをしていることに気づきました。このアイプレートを取り付ける際にはタイルの貼られている壁面に下地を入れなければしっかり固定が出来ません。しかしこの下地は通常は一定間隔にしか無いので、下地がない場所に取り付けを依頼する際には壁全体を剥がして下地を入れなければならないそうです。

我が家の場合はこのように下地があるので。。。。

img_49811

もしも私が思うこの位置にフックの取り付けをお願いするとこの辺のタイルと黒い下地が一体になった物を剥がして下地を入れて戻してという作業が発生するんだそうです。

よって、タイル屋さんとしては希望があれば作業はするけどもともと下地の入っているこのライン

img_4977

ここに取り付けだと必要な面のタイルを剥がして取り付けるだけなので作業も楽なんだそうです。

そもそもベストな取り付け位置は?

シェードは通常カラビナなどに結んだ紐やゴムの様なもので壁面と固定すると思います。その際にピンとシェードを張らせる為にはシェードよりも間隔が広いほうが都合が良いんだと思うんです。
※取り外しなどの際に作業する事は考えなければなりませんけどね。

タイルの加工などが綺麗になるのかも心配で窓枠の上の縦のタイル部分に施工してもらおうと思っていましたが、タイル屋さんのお話を聞いても逆に窓枠の外側に取り付けできるのであればそれがベストかなと思いました。

取り付け工程をみてみる

ということで、我が家はもともと下地のある場所を狙って取り付けることになりましたので表面のタイルだけを剥がしてからフックを取り付けることになりました。こんな事になると思ってなかったので下地の写真が少ないのはそういうことなんです。

取り付け位置のタイル剥がし

取り付け予定の場所のタイルが剥がされました。

LDKの西側掃き出し窓上

img_5817

主寝室南側の三連窓

img_5816

主寝室南側

img_5818

ここにアイプレートを取り付けた後にハイドロテクトタイルが加工されて貼り付けられていきます。

取り付け後はこんな感じです

LDKの西側掃き出し窓上

img_5820

こちらはど真ん中に下地があったので良かったです。

主寝室南側の三連窓

img_5822

下地の写真を見て頂けるとわかるように、こちらは三連窓のど真ん中に下地がなくて真ん中の窓の両脇に2枚下地が入っていました。悩んだのですがどこからでもアイプレートを取れるように二箇所とも設置してもらいました。余った方には虫よけとかぶら下げてても良いでしょうしね。

主寝室西側

img_5823

細かい施工を見る

どうですか?窓枠の上の縦のタイルはもちろんですが、外側のタイルも予想以上に綺麗に施工されていると思いませんか?

img_5825

上の写真はLDKの掃き出し窓脇の金具です。

img_5826

こちらも主寝室南側の三連窓脇の金具です。

タイル屋さんは細かいタイルを張る作業をしながらタイルの割れやズレをチェックしながら作業するそうですね。なのでこのアイプレートを取り付けるにあたりタイルを剥がして貰ったりする作業に関しては特別作業工程が増えるわけではないそうです。むしろ下地を新たに入れる方が手間が掛かると仰ってました。予想以上の仕上がりに感謝しかありません。

使った金具はこちらです

imag1531

近所のホームセンターにたまたま置いてあったんですが、株式会社ダイドーハントさんのアイプレートです。サイズが何種類か有りましたが、お店にあった一番大きなサイズが100ミリ☓30ミリでちょうど窓枠上のタイルサイズにピッタリだったんです。

imag1533

あとは忘れずにステンレス製のネジも購入。監督さんからタイルの下地から入れるなら50ミリ以上あれば良いですと言われていました。

まとめ

予想している場所とは違う場所の設置になりましたが、結果的に用途に合った良い場所に取り付けが出来たのではないかと思います。

img_5852

アイプレートを取り付けすぎて目立ちすぎるかな?と思ったのですが、この場所はそもそも人目に触れる場所ではありませんし、予想以上に目立たずに取り付け出来たなと思います。タイルの色がホワイト&ピンクタイルでアイプレートの色と近い事もありますかね。

実際に使用しての感想は内覧会でお伝えしますね!