養生を外した玄関ドア下枠にDIYで誰でも出来る傷防止対策!



一条工務店さんに限らずに家を建てる方の多くが一度は検討し、採用される方も多いと思われる三協アルミさんの玄関ドアですが、先日の記事にて私は養生に気づかなかったよ!という事をお伝えしました。

もうね、そんなの知ってたよ今更何を言ってるんだという声が聞こえてきそうですね。あの記事の後に入居後の方々からもコメントを頂きました。

グラスママ様より

こんばんは。うちは入居して何か月かして、玄関ドアの不具合で業者さんに治してもらいました。その時にドアの下の白いものは養生だから取ったほうがいいですよと言ってくださって取ってもらいました。時間が経つとくっついて取りずらくなるとも言ってましたよ。
なぜか、一条さんはその養生を取らずに何の説明もしないので施主の方は知らない方が多いようです。
まぼこさんの記事を読んでまだ説明をしないんだなあと思いました。
きっと知らない方がかなりいらっしゃると思うのでこの記事は是非、施主の方に読んでほしいなとおもいました。

ベターラテ様より

こんばんは。はじめましてです。
この部分が養生だということは承知していましたが、先日ぼろぼろになり遂に剝がしました。ちなみに記事中にあるnutsさんと同じく入居4年目です(汗)
その際、グラスママさんのコメントにあるように、この養生シール?がべとべとになっていて、きれいに剥がせませんでした。一部白いのがこびりついてます(涙)

いやね、養生の白いテープにずっと気づかなかった位ですし、見た目もボロボロ感が無いのでそのまま使おうと思っていたのです。しかしながらこの養生は時間が経つにつれて剥がれにくくなり良くないようですね。

ということでこの養生を剥がすことにして、替わりに何か養生代わりの傷などの防止になる施工が出来ないかなと思い作業をしてみました。

記事中における作業は素人作業になりますので、私が気づかない良くない点があるかもしれません。施工に関しては各自の責任において行って下さい。また記事中の作業に関して指摘がございましたら是非ともコメントなどで教えてください。

三協アルミ ドアの下枠の養生

とりあえずそもそもの問題である養生とはどのような物でしょうか?

ここの部分が白い人は養生テープですので本来の姿ではありません。本来はシルバーの部分が見えるそうです。剥がすか剥がさないかはご本人の判断次第ですが、入居済みの方の意見を参考にして今回は剥がそうと思います。

施工の目的

今回の目的は以下の点になります。

  • 養生テープはとりあえず剥がす。
  • 養生テープを剥がした後の枠の保護をする方法を何か考える。
  • 誰でも出来そうな方法で考える。
  • お掃除などに困らないように考える。
  • お金も出来るだけ掛けない方法を考える。
  • 見た目が変ではない。

自分でも素人のくせによくもハードルを上げたなと思います。玄関ドアの養生の件の記事を書いたのが4月28日で直ぐにコメントを頂いて何かやろう!と考え、何とかゴールデンウィークの連休中に作業をするぞ!と短時間で考えた方法ですのでその点をご考慮いただけると助かります。

準備したもの

とりあえず何で保護するかということですが、単純にゴムマット的な物を引けば良いかなと考えました。

とりあえずホームセンターでこのようなゴムロールをゲットしてきました。予め計測した必要サイズでは幅6センチ×長さ77センチだったんですが、丁度よいサイズもなく、カットしてもそのままでも使えるように幅が5センチと10センチのものを購入。厚さも2ミリと3ミリを購入しました。

こんな感じでぐるぐる巻で売られていました。価格はどれも300~500円ほどで手に入りました。

今回の作業で使用したのは厚さ3ミリ×幅5センチ×長さ1メートルのサイズでした。

ゴムの下準備

ゴムって黒い色が色移りしたりするんですよね。今後の使用においてどうなるか分かりませんが何となく洗ってみます。

どれだけの効果があるか分かりませんけどね。使用後については定期的にゴムを外して色移りに気をつけたいなと思います。

そこまで常に圧着される場所ではないので大丈夫とは思うのですが、同じことをされる方はお気をつけ下さい。

取付作業

では作業に入りましょう。今回取り付ける部分はドアのパッキンというのかな?2層のパッキンがあるのですが下の部分にくっつける形で取り付けたいと思います。(上のペラペラのパッキンの下に潜り込ませる感じです)

養生剥がし

まずは養生を剥がさないと進みませんね。ドアの端っこにある部品の養生から剥がしていきます。

まぁまぁ順調ですね。全く問題ありません。まだまだ引き渡し半年なので糊がこびりつくような事もありません。スルスルと剥がれていきます。

ではメインの養生も真ん中から剥がしていきますよ!ここから左に向かってスルスルと剥がしてゆくと。。。

さっそくのトラブル発生。。。養生が部品の下に挟まってます。。。。

ここで暫く考えまして、このまま引きちぎっても良いのですが明らかに部品の下に養生が入り込んでるので部品を外してみることにします。

施工状態によって変わると思いますが、ネジが結構硬い上に小さなネジで一度舐めると取り返しがつかない気がしたので、電動ドライバーを使って確実正確に一発で作業したほうが良いと判断しました。

ということで、部品が外れて中が見えました。どうやら戸枠の調整か何かに使われる場所のようですね。写真には見えませんが外した部品の下にも水が入り込まないようにパッキンっぽい施工がしてありました。

ご自分で養生を外された方はここの部品も外されましたか?引きちぎってるとここに養生が残ってないかな?と心配になりました。

トラブル発生

トラブルというか確認不足です。我が家は親子ドアなのをすっかり忘れてました。親ドア部分の事しか考えてなかったのでゴムの長さが足りません。

そもそもこの親ドア部分の長さが77センチなのを確認して余裕をもって1メートルのゴムを買ってきたのですが。。。。

 

実際に全部取り付けようと思ったら長さが足りません。そもそも私が見た数件のホームセンターでは規格サイズで1メートルより長い物が見当たらなかったんですよね。子ドアは開けることがまず無いので寸足らずでもしょうが無いと判断して作業を進めます。

養生剥がしの続き

気を取り直して作業を進めます。

ピリピリとテープを剥がして行くわけです。

ここの作業は気をつけて下さい。この部品はネジを完全に外そうと思うと下のネジを受ける部品が外れてしまい取付に相当苦労しそうでした。ネジを2個緩めて養生が外せそうになったら引きちぎるなりして養生を外した後、速やかに部品を戻した方が良さそうです。

ということで、右側の部品も外して綺麗に養生が外れました!

養生が取れた完成形

こちらが玄関ドアの本来の姿になるわけですね。この状態で引き渡された方は今までの作業はなんだったという事になるのでしょう。

素晴らしく輝いてますね。。。

小石の上に乗ったりして傷などが付く前に続きの作業をしたいと思います。

新しいゴム養生の取付

それでは新しいゴム養生を取り付ける作業に移りましょう。

カメラの設定を誤って奥がボケちゃってますが、こちらが仮置きしてみた状態になります。ゴムにある程度の厚みがあるのでそのまま置いても割りとしっくりきます。
※奥のほうが丸まってちょっと浮いてるのが見えると思います。

今回は2ミリと3ミリの厚さのゴムを購入しましたが、やはりある程度の厚さがあったほうが置いた際に安定する点と、ドアの下にギリギリである点から厚さ3ミリ×幅5センチ×長さ1メートルの物を使うことにしました。

しっかりと施工される方は幅があるものを購入してきて幅6センチに切っても良いと思います。

取付時には加工が必要

こちらも先程の想定外の事態の続きなのですが、本来子ドアの下の部分を全く気にしてなかったもので。。。

 

こちら小ドアをロックする部分が入る穴なのですが、ゴムと被ってしまうので穴を開けないといけません。

サイズを測ってみると幅方向はこんな感じで

長さ方向は1メートル製品の右側から計測してこんな感じです。

こんな感じで1.5センチ×4.0センチ程の穴を開けると良さそうです。こちらはカッターで穴を開けました。

施工面が汚いのは見ない振りをしておいてください、素人ですから。

固定はどうする?

このゴム養生の固定をどうするかは本当に悩みました。置いたままでは流石に動きやすいですし、かといって協力に固定をすると取り外しにも苦労する。

結果としてこんな感じにしてみました。

いやー本当に半端ですみません。でもこれが一番良さそうだったんです。左側は両面テープで、右側は子ドアのストッパーが開けた穴に入るので動くことはありません。

  • 適度に動かない両面テープ
  • 水や砂ほこりが入り込んでも簡単に取り外しが出来る
  • 再施工も簡単である

特にも砂などはあまり入らないと思うのですが、水などが入り込んだ際にはゴムの色が移りそうな感じもするので早めに拭いてあげたいなと思います。

しかしながら我が家の玄関の形状から考えて玄関ドアが濡れていることがほとんど無いんですよね。玄関ポーチのお掃除する時が一番濡れるかもしれません。

なので今回の施工でも大丈夫かなと思いました。ちなみに今回も使っている両面テープは私の愛用品でして、使用後も綺麗に剥がせたりする万能両面テープで重宝しています。

ゴム養生の完成

ということで、出来上がりはこんな感じになりました。

子ドアの部分を全く考えてなかったのでちょっとだけ余ってしまいました。でも子ドアを開くことなんて現状ではほとんど無いのでこのままでも良いかなと思います。

幅が6センチあるシルバー部分に対してゴムは5センチしかないのですが、ギリギリまで施工すると水分を余計に中に入り込ませそうで、実はこの長さがベストなのではないかと思いました。

もともと黒いゴムパッキンがあったせいか、見た目的にもほとんど違和感がなく仕上がったと思います。

 

こちら子ドアを閉める際にパッキン部分が擦れる音が少しだけ聞こえます。今回偶然にも採用した厚さ3ミリがギリギリサイズだったのではないかと思います。

まとめ

今回の作業は記事としては長々と書いていますが、養生を剥がす→ゴムを置く(貼る)だけの簡単作業です。親子ドアの方は穴あけの加工が必要になりますが、普通のドアの方はゴムを必要な長さにカットするだけのお手軽施工だと思います。

養生は外したけど傷が気になるような方は是非ともゴムロールを手に入れて施工してみて下さい。私が購入した物はホームセンターで扱われていたものですが、探してみたら楽天さんでも同じサイズの取扱がありました。

特にもお子さんなんかは戸枠なんて気にせずに踏み込みまくるでしょうからね。我が家ではとりあえずこれで様子を見たいと思います。