エコキュートに入浴剤はダメの真相を聞いてみた。



我が家は入浴剤大好き一家です。しかし新居のエコキュートでは基本的に入浴剤は使えないというお話を聞いていました。

せっかくの新居なのに入浴剤が使えないのは悲しいです。入浴剤の使用を諦めきれずにその辺を詳しく掘り下げてみました。

記事の内容に関しましては独自に問い合わせをしたりしましてメーカー側の見解を直接確認しております。しかしながら私個人の意見も多々含まれますので、記事の内容に関してましていかなる損害が発生しましても責任を負いかねますのでご了承下さい。

エコキュートで入浴剤が使用できない理由

取扱説明書にも出ていますが、ふろ循環ポンプの不具合や配管等の金属腐食の原因となるから使用しないで下さいということです。

出典:三菱エコキュート 取扱説明書 P50 追いだきの仕組みより

出典:三菱エコキュート SRT-STK372UD取扱説明書 P50 追いだきの仕組みより

このオレンジ部分の配管とポンプの腐食の原因となる成分が入り込むことを懸念してるっていうことですね。自分としてはお湯がこの配管に入っていく事が悪い事なので、それならば風呂の自動を切って入浴し、その後は抜いてしまえば問題ないと思っていました。しかし問題がありまして。。。

冬季はお風呂の水を抜くことが出来ない

冬に行った宿泊体験の際にも営業さんから一言頂いたのですが、エコキュートって冬季の配管凍結防止の為にお湯を湯船に残しておかないといけないんですね!

出典:三菱エコキュート 取扱説明書 P48 浴槽のお湯を残しておく

出典:三菱エコキュート 取扱説明書 P48 浴槽のお湯を残しておく

このように、外気温が下がると自動で浴槽の残り湯を循環して配管が凍らないようにするようです。この機能があると配管の凍結を防止してくれますが、配管内に入浴剤が入るので使えない。。。。入浴剤を使ってお風呂に入るのが楽しみな我が家ではとても悲しい事です。

各社エコキュートの入浴剤に対する注意は?

ここで入浴剤に対する注意がどのようになっているのかを確認してみましょう。

三菱製エコキュート

我が家で使用しているエコキュートですがこちらはこのような注意書きがあります。

ws000003

出典:三菱エコキュート SRT-STK372UD取扱説明書 P8 入浴剤を使うときのお願い

長府製エコキュート

追い焚き付き給湯器で入浴剤を使用したいのですが?

温泉水やイオウ、酸、アルカリを含んだ入浴剤は、熱交換器の腐食の原因になりますので使用しないでください。

出典:http://chofu.co.jp/support/faq/supply/index.html 長府製作所 給湯関連 Q&Aより

長府製のエコキュートではこのような注意に留まっていますね。

結局どうなの?

一条工務店でエコキュートを選ぶ方は通常はこの三菱か長府のエコキュートを選ぶことになると思いますが、一般的には入浴剤は不可と言われていると思います。

三菱・長府製だけでなく、パナソニックなどの他社製エコキュートも大体同じような理由で入浴剤に対する注意が書いてありました。大まかにダメな理由はこのような感じで書いてあるようです。

  • 炭酸ガスなどで発泡するもの
    →発泡した泡が配管内に入り込むとポンプのセンサーなどに影響があるようです
  • イオウ成分が含まれるもの
    →温泉に含まれる成分で配管が痛みそうですよね。
  • 塩化ナトリウムを含むもの
    →いわゆる塩系の入浴剤でこれもサビの原因になりそうです。
  • 炭酸カルシウムを含むもの(濁り湯状にさせるもの)
    →炭酸カルシウムは簡単に言うと石灰成分であり、濁り成分は配管の表面などに付着して取れなくなりそうです。透明系のお湯でも入浴後のお肌が滑らかとかサラサラとかいう入浴剤には入っているようですね。

このように一般的に考えて濁り湯系は問題外にダメとしてもその他に泡ブクブク風呂とか葉っぱとかそういう物が入っているものも考えればダメですよね。

三菱エコキュートの推奨入浴剤の謎

三菱エコキュートの注意書きには「花王株式会社製バブシリーズ」の入浴剤は使用できます。ただし「白濁タイプ(バブミルキー、バブチーノなどはご使用出来ません」と書いてあります。

でも、とっても不思議なんですよね。花王のバブシリーズの代表的なこの商品。

バブ ゆずの香り [20錠入]

この成分を見ると、、、、

炭酸水素ナトリウム*、炭酸ナトリウム*、炭酸カルシウム*、フマル酸、ブドウ糖、PEG6000、酸化マグネシウム、デキストリン、ケイ酸Ca、ショ糖脂肪酸エステル、グリシン、香料、黄4
*は「有効成分」無表示は「その他の成分」

炭酸ガスで発泡させて身体の芯まで温めるとか、ダメって言われている炭酸カルシウムが有効成分として入っていたり、もう何でこれが良いの?っていう内容です。炭酸ガスだってバブは固形が溶け切るまで発泡し続けていますがきき湯なんて入れたら一瞬で発泡終わりますよ。よほどバブのほうが泡が配管内に入り込む可能性が高いと思うんですよね。お風呂のアダプタから泡が入り込むなんてよほど運が悪くないと無いと思うんですけど。

お客様相談室に電話して聞いてみました

この件がどうしても腑に落ちなくてお客様相談室に電話して聞いてみました。特にも大丈夫と謳っているバブにはダメと言われている成分が全て含まれているのに大丈夫なのは何故か?という質問をしました。回答は簡単に略すとこのような感じでした。

花王のバブに関しては長期的なテストを行って配管などに影響が無いことが確認されているので使用できます。その他の製品に関しましては十分なテストを行っていないので使用をお控え下さるようお願いします。

という物でした。結局のところ他社の製品はテストしてないだけなんですね。テストには多大な時間を要するので。。。。とか曖昧な返答をされていました。きき湯だって発売してから13年も経ってるのに割りと売れ筋商品じゃないかなって思うんですけど何で一緒にテストしなかったのかなぁ。。。なんてモヤモヤしますが大人の事情もあるのでしょう。なので我が家の方針としては濁り系やゆずなどの固形物をを直接投入しない限り気にせず入浴剤を使おうと思います。

我が家で使用予定の入浴剤

うちで使っている入浴剤って実は2~3種類しか無いんですよね。それが使えればOKです。

バスクリン きき湯

出典:https://www.bathclin.co.jp/products/kikiyu/ きき湯:製品ラインナップ

出典:https://www.bathclin.co.jp/products/kikiyu/ きき湯:製品ラインナップ

このきき湯のはちみつレモンの香りが常用の入浴剤です。お値段手頃で使いやすいです。このきき湯ですが他社製のエコキュートでは公式にOKと謳われている物も多い物なので、テストしていないだけで大丈夫なのかな?と個人的な考えです。

出典:https://www.bathclin.co.jp/products/kikiyu/ きき湯:製品ラインナップ

出典:https://www.bathclin.co.jp/products/kikiyu/ きき湯:製品ラインナップ

こちらは夏季限定で使用しています。どうやらオレンジとかレモン系の香りが好きみたいです。

きき湯に関してはこちらのQ&Aの浴槽・給湯器への安全性についてにも記載がありますので大丈夫かなと思います。三菱製のエコキュートに明確に記載が無かった事が引っかかっていただけなのでその点は自分なりにOKと考えました。

Kneipp(クナイプ) バスソルト

こちらはバスソルトというだけあり、主成分が完全に塩なので本来は使用不可のものです。しかしこのクナイプはお値段がちょっとお高い分だけ本当に身体が温まるんですよね。入浴後のポカポカ具合が全く違います。

なので我が家では自己責任として、入浴後にお湯を抜くような場合に風呂釜の自動を切って使おうと思っています。クナイプはその他にも色々な種類が出ているので見つけるとよく試してみたりします。

まとめ

今回調べてみて、他社製品のエコキュートだとわりと入浴剤使えるんだなと思ったわけです。またダメな理由を聞いてみると大丈夫なんじゃないの?と思うことも多かったわけです。本当はダメと言われているものを使うのは勇気が要りますが、この決断に至るにはある出来事がありまして。

我が家の監督さんはi-smartに住まわれているのですが、引き渡し説明の際に濁り系とか以外であればあまり気にせず使ってますよ~というお話を聞けたからです。その代わり、ジャバなどで配管を洗う機会を2~3ヶ月から1ヶ月毎とかにすればあまり気にせず使っても良いのでは?というお話でした。

確かに、入浴剤を使わなくて半年ぐらい配管掃除をしないより、使って毎月掃除したほうが適切に良い状態を保てそうな気もします、個人的に。なので、我が家では自己責任にはなりますが気にせず入浴剤使っていこうと思います。

エコキュートの配管洗浄をする際にはエコキュートの取扱説明書を確認してくださいね。間違った手順で洗浄されている方が予想以上に多いみたいです。洗浄の手順を紹介した記事はこちらになりますね。