新居に入居して真っ先にやりたい10の事。



待ちに待った新居の引き渡し。もしかしたら引き渡し当日にそのまま引っ越しなんていう方も少なくないかもしれませんね。私がi-cubeに引っ越して直ぐにやったこと、直ぐにやって良かったなと思うこと、後からあの時やっておけば良かったなと思うことをまとめてみました。

出来るだけ多くの方が対象となるようなオプションや事柄について記載をしたつもりです。この他にも真っ先にやりたいことは沢山あるかもしれませんが、代表的な例として10項目を挙げてみましたのでご一読されて参考になるものがあれば嬉しいです。

記事中の内容に関しては私の個人的な意見も多く含まれますのでご了承下さい。

1:水回りのコーティング

水回りのコーティングなどに関しては、フロアコーティングなどとセットで業者さんに施工してもらう方も多いのかなと思います。

我が家ではフロアコーティングを施工しなかったので、水回りのコーティングは事前の情報収集の上でビューティーコートⅡというフッ素コーティングを施工しました。ちなみに事前に情報収集させていただいたのはとりさんの記事でした。

我が家は引き渡しから入居までに1ヶ月程時間がありましたのでゆっくりと作業が出来ました。施工した箇所は以下の場所でした。

  • キッチンのシンク~人造大理石付近まで広範囲
  • トイレ内スロップシンク
  • 洗面台のシンク
  • お風呂の浴槽から大理石付近まで全て
  • その他ステンのタオル掛けやキッチンバー等

施工にあたってはかなり体力というか腕力を使うので出来るだけ小分けに作業出来るのが理想だなと思います。また、一手間を掛けるとコーティングが長持ちするそうです。(購入時に同梱されている書類に記載されています)いやいや作業自体は大変ではないのですが、家中の水回りを全て一辺にやろうと思うと大変ですよという意味です。また独特の匂いもするのである程度換気が出来る環境だと良いなと思います。刺激臭とかそういう系統の匂いではないですよ!

その効果は?

特にもメリットを感じるのが洗面やスロップシンクです。我が家では普段の手洗いなどは全てスロップシンクを使っているので、洗面台で水を使うのは朝の寝癖を直す為に頭を濡らすときぐらいです。使用後は直ぐに水分を拭き取りますが、たまに残った水滴がシミになったりします。そんな時でもマイクロファイバータオルで拭き取るとサッと消えてくれます。他の人のお掃除の苦慮具合を拝見してると汚れる前にコーティングをするというのは本当に大事なんだなと思います。

ビューティーコートⅡの詳しいところはこちらからご覧下さいませ。

ちなみにコスケさんも新たなコーティングを紹介されてましたね。私も後で試してみたいなと思います。

2:シール剥がし

これは性格というか人によるのか。私は家電品とかを買った時に必要と思わないシールなんかは直ぐに剥がしてしまいます。ビデオデッキ。。。。は今はもう無いか。HDDレコーダーとかの前面に貼ってある○○○GB!とかダブル録画!とか書いてある、そういうシールですね。ちなみに妻はお皿の底に貼ってあるバーコードシールもそのまま貼ったまま使える強者なのでここだけは性格が合いません。

でも洗剤とかのシールは成分とか確認したいことも多いので剥がさないです。ボトルなどに入れ替えて綺麗に揃えているのも見ていて綺麗だなと思う反面、面倒さと表示確認の頻度が高いのでそのまま使っています。

よく耳にするのが住設の注意書きが書いてあるシールですね。注意事項ですから基本的に剥がさないのは良いのですがやっぱり性格的に剥がしたい。。。長期間使うものなのでシールの跡が残ったり日焼けしたりするのが嫌でした。

ということで、家中の住設に貼ってあったシールを台紙に貼り直して念のために保管してあります。剥がすときにはドライヤーを片手に温めてから剥がすと綺麗に剥がれやすいですよ。でも端っこのほうに糊が残ったりして綺麗に剥がせない時もあるんですよね。そんな時に役に立つのがこちらです。

私の監督さんも使っていた3Mのり取りクリーナーです。近くのホームセンターで売ってました。

こちらを使うと色々な糊の汚れが綺麗になります。建築中には様々な場所に養生をしてあると思います。それらを剥がした後に監督さんがクリーニングしながら施工検査しながら気づいた場所を綺麗にしてくれると思います。しかし入居してしばらく経つと「ここにも糊が付いてたのね~。」という場所に次第に汚れがついていって目立つ場所が出てきます。そんな時にコレを使うとサッっと綺麗になります。

我が家で一番役立ったのは玄関ポーチのタイルの糊汚れですね。ブラシで擦っても擦っても取れなかった養生の糊汚れがこれを吹きかけて暫く置いてからこするだけで綺麗に落ちてくれました。

ちなみにシールにも剥がれやすいものと剥がれにくいものがありまして。。。

このダウンライトのシールは硬かったです。シール剥がしのヘラとか使うと傷がつきそうなので人力でコツコツと剥がします。しかし自分の爪がダメになるので小分けに作業してます。なので我が家の照明シールはまだ全部剥がしきれていません。

ちなみにハニカムシェードに貼ってあるこのシールは何も考えなくても労せずにスルスルと剥がれてくれます。

ということで完全に自己満足な世界ですが、シールを剥がすなら是非ともシール剥がしをお供に作業されると良いと思いますよ!

3:エコキュートの電力プラン設定

エコキュートは一般的に電気料金の安い深夜帯に沸き上げを行います。そしてお住いの地域の電力プランを設定する項目があり、その設定に応じて沸き上げやピーク停止の設定があります。

ピーク停止とは電力の高い時間帯に沸き上げを行わない設定であり、デフォルトではオフになっているので必要な方は設定が必要になります。また、電力プランの設定によりピーク停止時間は決まっていますが、これを手動で自分なりに変更することも可能です。

詳しくはこちらの記事にて触れておりますのでご覧頂ければと思います。

4:太陽光モニターの単価設定

現在は設置しない方も増えていると思いますが、太陽光発電をされている方はモニターで設定が必要なものがあります。

お住いの地域の電力プランによって時間毎の電気料金などが違うと思いますが、これをリモコンに入力しておくことにより概算の電気料金がモニターで確認できるようになります。こちらは1ヶ月おきに金額が確定されていきます。よって、季節により電気料金が変動するプランの場合は月替りしてしまうと前月分の料金設定を変更することが出来ません。

詳しくはこちらの記事で紹介しておりますので確認していだければと思います。

LAN接続の設定もお忘れなく

ネット環境が整っていれば太陽光モニターをLAN接続で繋ぐと良いことがあります。データを一条工務店に送ることにより不慮のトラブルで発電などが無い際に気づいて連絡をくれるそうです。

パワコンの故障などで発電が全くないような場合に周りの一条ハウスの発電情報を元に異常を見つけると営業さんから聞いております。パネル1枚の発電が止まっているとかの不具合は分からないと思うのでご注意くださいね。

また、現在はスマートフォンのアプリなどで発電状況や電力の使用状況を確認できます。こちらはLAN接続されていないと利用出来ないサービスのはずなので、是非とも忘れずに接続しましょう。

こちら2017年4月にバージョンアップを済ませたばかりの夢発電アプリです。今までは発電量のみ見れていたのですが、バージョンアップ以降は消費電力量も分かるようになりました。またオンラインストアがカード決済可能になったりしているようですね。

アプリの使用にはIDとパスワードが必要になります。郵送で送られてきたり監督さんから引渡し時に頂いたりと色々なパターンがあるようです。既に引き渡し済みの方は郵送にて送られているようですが、かなり時間差が出来ているようなのでまだ届いていない方はお客様相談センターなどに問い合わせてみると良いと思います。

5:緩衝材の設置

一般的な住設である洗面台やシューズボックスなどの扉が壁などに接触する部分には監督さんが透明な緩衝材を取り付けてくれていると思います。これって昔から見かけるので地域によってではなく全国的な標準作業としてやられているのかな?と思うのですが確証がないです。。。。

でも我が家では貼っていいですか?と聞かれてから監督さんが貼ってくれてたので施主さんによっては貼られたくない人も居るのかな。とにかく一般的な住設で接触する可能性のある場所にはお願いすると貼ってくれるのではないかと思います。

しかし家具などを搬入した後にはその扉などが接触する部分も出てきます。

例えば冷蔵庫のこちらの扉が開く部分ですね。結構ガツガツと壁に当たりますので。。。

こんな緩衝材を自分で用意して貼りました。監督さんが住設に貼ってくれている時にタイミングが合えば取り付けたりしてくれるかも。。。かもしれませんね。しかし住み始めるとちょいちょい取れてきたりするので自分で買って常備しておいても良いと思います。

6:冷蔵庫の上の汚れ対策

冷蔵庫繋がりではないのですが、冷蔵庫の上ってどうしても汚れが溜まりやすいんですよね。キッチンに配置されるということで油煙などの影響もあるでしょう。そして一般的に差圧感応式換気口は冷蔵庫の上に配置されやすいので予想以上に空気の流れがあり汚れが溜まりやすいのではないかと思います。冷蔵庫は角に設置されることも多いですしね。

冷蔵庫の上の汚れ対策は新聞紙を敷いたりチラシを敷いたり色々な方法があると思うのですが、我が家ではラップを敷いてみました。

本当に大したことじゃないんですけどね。お掃除の手間が一つ省けてくれると良いなと思います。また、差圧感応式換気口は冷蔵庫の真上に設置される事が多いのですが、風が強い日に外部の蓋がパタパタ開くとゴミというかホコリが換気口から落ちてくるんですよね。

フィルター付いてるのになんでだろう?っと思うのですが現実として我が家でもよく汚れに気づいてお掃除するのでやはり一手間を掛けるだけで後々のお掃除が楽になりそうです。

7:換気扇の連動確認

一条工務店で採用できるIHやガスコンロなどは2016年頃から換気扇と連動出来るようになっています。これはIHや換気扇のモデルが変更になり赤外線通信が出来るようになってから出来るようになったことです。

設定にはIHやガスコンロ側の設定が必要になります。切り替わり時期には監督さんもその設定を知らない人も居たようで連動できるという事自体を知らずに過ごしていた人も見かけました。

現在は連動が認知されてきて引渡し時に設定がされて居ない方はまず居ないと思いますが、念の為にご確認くださいね。

ちなみにIHの場合の連動・非連動はこちらの操作にて切り替えが出来ます。

これでも連動にならない場合はこちらの設定から赤外線のコードを変更してください。

以前の切り替わり時期に監督さんも設定方法が分からないなどと言っていたのはこの赤外線コード設定をしていないパターンがほとんどでしたね。一条さんの換気扇は14番のその他のレンジフードです。今はしっかりと設定されていると思いますが念のためでした。

8:お風呂の排水口の蓋の撤去

お風呂掃除って大変ですよね。特にも排水口の周りはちょっと気を抜くと直ぐに赤カビが出てきます。一条工務店さんで採用されているスマートバスは、床面の排水の溝が無くて良いのですが排水口には蓋があります。この蓋があると通気性が悪くて赤カビの原因になりそうです。かといって毎回外すのは面倒です。コツを掴めば簡単なのでしょうが意外と外れにくいんですよね。

ということで我が家は入居時当初から蓋を撤去しています。そして中の網は水流が渦になって髪の毛がまとまってくれる系のやつを装着しています。ホームセンターに行くと色々なものが置いてあると思います。

蓋が無くて見栄えが、、、悪いですかね?私には全然気にならないです。むしろお掃除が楽チンですしカビが生えにくそうで良いなと思います。お風呂から上がって鏡や壁の水切りをした後にはこの網も取り外し、カビ防止にアルコールスプレーを排水口と風呂の入り口扉のパッキンに吹きかけてお風呂が終了となります。

9:キッチン排水口カバーの撤去

我が家はステンレスキッチンです。現在の様子はこんな感じです。

細かいところは後で内覧会で紹介するとして、今回はこちらの排水溝ですね。排水口には通常は目隠しになるようなカバーと水を貯めるための蓋が付属しています。

我が家にはスロップシンクがあるので水を溜めて浸け置き洗いとかはここでは殆ど行いません。

加えて排水口の目隠しですが、これって見栄えの問題なのでしょうか?匂いが出ないようにでしょうか?排水口の風通しが悪くて赤カビなどの原因になりそうですし、掃除も大変なので真っ先に撤去しました。網に食材のカスが溜まったらその都度ゴミ袋に撤去すればずっと綺麗なままです。

この見た目が気に入らないという方には理解できないのかもしれませんけどね。

網は2個をローテーションしています。

この網ですが汎用品がホームセンターに売っていてかなりお安く手に入りました。色々な種類はありそうですが、我が家ではこちらの商品を購入しました。

SANEIさんの流し排水栓カゴです。近くのホームセンターに売ってました。お値段は1000円弱ぐらいかな、一条さんのアフターで頼むより安いし手っ取り早いのではないでしょうか?商品の詳細はこちらからご覧ください。

樹脂シンクの四角い網と違いステンレスシンクの丸い網カゴは汎用性がありそうなのでこの商品でなくてもサイズを間違えなければ大丈夫なのかなと思います。こちらを2個準備したのは、1日の作業を終えた後に食洗機に入れて洗うためです。

スペシアさんのこちらの記事を拝見してから、入居後はこのように運用しようと決めていました。夜間にまったくシンクを使わない方は網1個で足りるのかもしれませんが、我が家では直ぐに交換して設置しないとちょっとだけ不便でした。

ということで、我が家では網を2個ローテーションで使っています。蓋なども汚れる前に撤去できてよかったなと思います。撤去した蓋は収納してありますが使うことあるのかな?捨てちゃおうかなと考えています。

10:ナノイーユニットのフィルター取り付け

もうこの記事はこの為に書いたと言っても過言ではありませんね。何度も記事にしておりますが3個サービスで設置する方がほとんどだと思うナノイーユニットに取り付ける別売りの純正フィルターです。

こちらはフィルターを取り付けて3ヶ月で溜まったホコリです。

現在はフィルターを注文書に入れて予め注文している方もいらっしゃるようなので、引渡し時に取り付けられている方も次第に増えていくかもしれませんね。しかし定期的な交換が必要になるので是非とも1個ぐらいは自分で作業して覚えて欲しいなと思います。そんなに難しい作業ではありませんが、パッキンを切って貼ったりするので一度経験しておくと安心かなと思うわけです。

ナノイーユニットはホコリをかなり吸ってそのホコリが内部のファンに付着してしまうので、ナノイーユニットを稼働される予定の方は是非ともフィルターを取り付けて欲しいなと思います。フィルターの取り付けに当たってはこちらの記事で紹介しております。

またナノイーにどれだけのホコリが付くのか3ヶ月度の様子を記した記事はこちらになります。

まとめ

とりあえずほとんどの皆さんに該当しそうな物をとりあげて見ました。ちなみに皆さんが装着されているキッチン換気扇のフィルターは設置していません。月に1回ぐらい内部のファンまで外して洗っていますがその頻度で掃除してると特別落ちないほどの汚れが付いたことはありません。

特にも水回りのコーティングとナノイーフィルターは汚れる前の対策が大事になりますので、対応されたい方は早めの準備をお勧めします。