木製のダイニングテーブルに傷が!目立たなくする方法を試してみました。



新居に引っ越して新調したものも次第に傷がついていくもの。小さな子供がいるのでそれは覚悟しておりました。しかし実際に傷がつくとそれなりに凹むものです。傷で凹んだ場所を見ると精神的にも凹みます。そんな傷を家にあるもので目立たなくする方法を試してみました。

今回の傷は?

新居に引っ越した時に購入したカリモクの木製ダイニングテーブルです。ふと気づくと爪が引っかかる程度の擦り傷がついていました。

長さは10センチ程ですか、原因は全く分かりません。本当に気づいたら出来ていました。爪が引っかかるのでパテで埋めてとか色々考えたのですがそこまで深い傷なわけでもなく、私は物凄い不器用なので絶対に失敗します。ペンで塗ろうかと思い入居時に貰ったメンテナンスセットに入っていた補修ペンで書き書きしてみましたが全く変わりがありませんでした。

とりあえずネットで調べると、なにやら家にあるもので目立たなくする方法があるとのこと。とりあえず試してみました。

必要なもの

用意するものはこちらです。

オリーブオイルとお酢ですね。こちらを1:1の割合で混ぜて傷口に塗り込むと良いそうです。我が家では傷は一箇所だけだったので小さじ1杯ずつ混ぜて見ました。

塗り込むのにはタオルなどを使うと良いとありましたが、今回の傷は範囲が狭いのでキッチンペーパーを切って使ってみました。

果たしてその結果は?

さて、このオリーブオイルとお酢を混ぜたものを傷口に垂らして丸めたキッチンペーパーで塗り込んでいきます。途中でオイルを追加しながらひたすら塗り込みます。

開始当初のこの傷が。。。。

段々と周りの木目と馴染んできました。もちろん傷はえぐれているので根本的には直っていないのですが、かなりの変化にビックリ!がぜんやる気が出てひたすら塗り込みます!

ということで、最終的にはこの状態でタイムアップしました!塗り込んだ後は乾いた布などでオイルを拭き取って終了です!お酢が入っていますので若干酸っぱい匂いがしますが拭き取れば直ぐに匂いは無くなります。

お出かけの時間がきてしまったので途中で終わりましたが、後で真ん中の部分も目立たなくなることを願って作業を続けてみたいと思います。

作業時の注意

今回の方法は木目に出来た傷口にお酢とオリーブオイルを塗り込んでニスのような役割を果たし周りと馴染ませて目立たなくする方法のようです。よって木製の素材意外には使えないと思いますのでご注意下さい。

まとめ

今回の傷は傷口に爪が掛かるほどだったので結構深かったと思います。子供がおもちゃを擦って出来たような細かい傷であればかなり見た目を改善できるのではないかと思いました。

実際に作業を終えてみて傷を見るともちろん分かります。目を凝らしても見えないなんて絶対に言えません。でも意識して見ないと気づかない程度にはなってくれたので私としては満足な結果でした。これ以上を望むならプロに頼んでリペアしてもらうしかないでしょう。

ダイニングテーブルに透明なマットなどを敷く方もいらっしゃいますが、我が家では家具はそのまま使ってこのような傷とも付き合っていくつもりでおります。

お試しになられる方は目立たない場所で試すなりしてから自己責任で作業していただけると助かります。