間取り紹介#28 リビング:建築化照明の為に天井下げました&プチ内覧会

今回はリビングのテレビ台を置くコーナーを紹介したいと思います。

リビング:テレビコーナー

図面の紹介

畳コーナーの北側、左側にある主寝室への通路の壁がテレビ台を置くコーナーになります。

天井補強

オプション料金:2,850円(3尺×9尺)

こちらは将来的に天井吊り下げのスピーカーやスクリーンなどを採用する事になった際に困らないように念の為に補強しました。しかし採用することはまず無いと思います。

壁下地補強

オプション料金:5,850円(幅2,730ミリ×高さ1,820ミリ)

基本的にテレビはテレビ台にのせて使用する予定ですが、壁掛けにする可能性を考えて補強しておきました。

床暖キャンセル

こちらのテレビボードが置かれる部分は床暖をキャンセルしました。テレビボードを置きますし一条さんの床暖は設置する部分が熱くなるものではありませんが、テレビボード内は唯でさえHDDレコーダーやアンプの排熱がネックになる場所なので床暖をキャンセルしました。

電気図面

図面の紹介

テレビコーナーなのでそれなりにコンセントなどが集約されています。

スイッチ及びコンセント

  1. 通常の3口コンセント
    扇風機や主寝室方面に空気を押し出すサーキュレーター用のコンセントです。
  2. こまめにコンセント&スイッチ
    こちらもお馴染みのセットです。テレビの裏側に設置する間接照明のスイッチを壁面のスイッチでON/OFF出来るように設置しました。
  3. JCTコンセント
    プレステなどに有線LANを使えるように
  4. スカパー用CSアンテナ
    我が家ではダブルチューナーのスカオアー機器を使用しているので、外部アンテナから配線を2本引き込まなくてはなりません。その為の端子になります。
  5. HDMI配線用空配管(Φ28ミリ)
    スカパーを主寝室側のテレビで見るためにセレクター操作一つで主寝室側へHDMI端子を通して信号が届くように設計しました。事情により空配管のみ設置しています。

コーニス照明の紹介

我が家では設計当初から間接照明(建築化照明)を採用したいと考えていました。リビングライコンを使用してのライティングにおいて一番の目玉と言えるのがコーニス照明の採用でした。

コーニス照明とは

間接照明(建築化照明)には数種類有るのですが、主に壁面を上から照らすことにより奥行き感と明るさ感を出すのがコーニス照明になります。

間接照明の種類と効果についてはオーデリックさんのHPに分かりやすい紹介がされていました。

パナソニックさんの資料によるとおおよそ100ミリ程度天井に窪みを作り、そこに照明を仕込むことでコーニス照明を作ることが出来ます。

パナソニック すまいのあかり設計集より

光の範囲を広げるには壁面との距離を広げれば良いのですが、それによって照明が直接目に入ってしまうことにより間接照明の意味を成さなくなる可能性もあるので、設置位置によって検討が必要かなと思います。

施工連絡票 C-1

リビング照明 天井さがる

このような施工連絡票を書いてもらいました。図面右上にある照明の設置に対するものですね。

使用したLED照明

LGB50147LB1
オプション料金:13,400円×2本=26,800円(定価26,800円/本)

我が家のコーニス照明を設置する部分は3マス分の幅になりますので内寸で言うとL2560ミリになるかと思います。使用した建築化照明は本体の長さがL1212ミリなので2本連結するとL2424ミリであり、両端に約68ミリの隙間が出来ます。

実際にはもっと短い照明を何本か連結するとギリギリに配置出来るのですが、作業性を考えるとこのぐらいが限度かなと思います。

スイッチに関しては以前に紹介しましたリビングライコンで一括制御しております。

コーニス照明を作るために

コーニス照明を含めて建築化照明と呼ばれるものを作るにあたり一番の基本は「光源を見えないようにすること」です。そしてこれが本当に難しい。一条ハウス(主にi-cube/i-smart)においてコーニス照明を綺麗に作るのが一番ハードルが高いのではないかなと思います。

その理由として断熱材の存在があります。基本的にコーニス照明は天井に窪み(凹み)を作らなければなりませんが、一条ハウスは断熱材がビッシリと配置されそれを削ることを物凄く避けます。なので断熱性能が下がっていいからと施主が言っても一般的には設計してくれないでしょう。
※FC一条さんでは対応してくださる場所もあるようですが、直営では恐らくかなり大変な交渉になると思います。

対処法その1 タレ壁を利用する

間取り検討をしていると出てくるタレ壁ですが、これを逆手に取りタレ壁の奥に照明を仕込んでコーニス照明のように作ることが可能です。

出典:cheerful days http://plaza.rakuten.co.jp/yume0531/diary/?PageId=3&ctgy=5

出典先の画像は一条工務店のお宅ではありませんが、構造に関わるSタレ壁は我が家では約27センチになっています。構造に関わらなければ何センチでもタレ壁は作ってもらえると思います。

この方法が間違いなく簡単にコーニス照明を採用できると思います。採用したい場所の両脇に壁が有ることが条件になりますけどね。しかしこの方法はデメリットがありまして。。。。

タレ壁に影が出来てしまうんです。

コーニス照明は壁面を上(天井)から照らす間接照明です。しかし実際には壁面だけでなく手前方向に光が拡散し全体を照らす効果も高いです。タレ壁部分に影が出来るのは気にしなければ良い反面やはり不完全感が否めません。

Sタレ壁が必要なければ10センチほどの垂れ壁を作っても良いのですが、やはり部分的にボコッっと天井が下がっているのは見栄えはよくないと思います。

対処法その2 ある区画全体の天井を下げる

タレ壁において必要な10センチ程度を下げる延長になりますが、テレビコーナーなどの区画全体の天井を下げることでも設置が可能です。これはホームシアターでスクリーンなどを設置したお宅でも使われる方法です。スクリーンを設置すると10センチの出っ張りが出来るようです。これを利用してコーニス照明を採用されている方はよく拝見しますね。

出典 i-smartであったか日記 http://ameblo.jp/unya1023/entry-12185410726.html

こちらはお友達のうにゃ♪さん宅で採用されたコーニス照明です。電動スクリーンを設置する為に10センチ下がった天井を利用してコーニス照明を採用されました。出典先の内覧会を見ていただくと分かるのですが、スクリーンなどが配置された区域が壁から一体となって続いているのでいかにもスクリーンや照明を取り付けました!という感が無くスッキリしていると思います。色々な角度からの写真が掲載されていますので念の為にリンク貼らせて頂きますね。

対処法その3 天井全体を葺き下げてしまう

これ、私が行った方法です。リビング全体の天井を10センチ葺き下げました。

当初はうにゃ♪さんのようTVボード上の部分だけ10センチ下げようかなと思っていました。しかしどうしてもタレた天井部分の段差が気になって気になって。。。。

打ち合わせ中に書いていたアメブロでは何度も記事を書きましてみなさんに相談しましたが、私の結論はリビング全体の天井を10センチ葺き下げる事でした。上の図面でいうと緑枠の部分が天井高CH=2300になっています。

リビングとダイニングキッチンの境い目にはSタレ壁があるのでリビング部分の天井が10センチ下がっているのは全く分かりません。恐らく何も知らないで入ってきた人はほぼ気づかないと思います。それだけ人の感覚というのは鈍感なのでしょうね。

我が家でこのような決断に至った理由の一つにはこの空間のメインが畳コーナーであることも大きいと思います。ソファもありますがやはり畳コーナーでゴロゴロする空間であるからこそ、あまり天井の高さを気にせずむしろ篭り感があって良いのかなと。実際には天井が下がっているのか全く分からないのでそういった感覚も無いのですがね。

天井全体を葺き下げるポイント

我が家ではこのリビングとダイニングキッチンを隔てる空間にSタレ壁が存在していました。このタレ壁がポイントです。これがないと天井を下げた事が丸わかりになって台無しになってしまいます。

建築中の記事になりますが天井が下がっている様子はとりあえずこちらをご覧下さい。

天井全体を葺き下げる際の注意点

私のように天井全体を葺き下げる決断をされる方は多くないと思いますが念の為に注意点を記載しておこうと思います。

  • カーテンを設置する場合に窓との関係でカーテンレールなどの取り付け幅が狭まる可能性があります。デザイン性の高い物を採用されるならばチェックしてください。
  • エアコンなどを取り付ける際はそのスリーブ配管の取り付け位置やコンセントの高さなども気を付けて下さい。間取りによってはエアコンの大きさによっては窓枠に接触する可能性も出てくるかもしれません。
  • 施主搬入の収納などが有る際は、天井が下がっていることによる弊害が出るかもしれませんのでご注意下さい。

これらは通常は設計さんが気付いて対処してくれる件だと思います。しかし天井を葺き下げるなんて事をしたことがない方はほとんどだと思うので念の為にチェックしてくださいね。

壁紙にも注意

このような間接照明を採用するに当たり、エコカラットなどを配置する方も多いでしょう。先程コーニス照明を配置されて紹介したうにゃ♪さん宅もエコカラットを採用してその凹凸の際立ち具合は素晴らしいですよね。

一方でアクセントクロスなどで暗い色の壁紙を採用されると、光の反射が吸収されるというのかな?配光が上手く出ない可能性があります。我が家ではこの出来上がりを想定しLDKの壁紙は白ではなくベージュ系の塗り壁調の壁紙を採用しました。結果として電球色の配光が自然に反射されていい雰囲気になったと思います。そしてエコカラットほどではないもの塗り壁調の壁紙でも凹凸が何となく見える良い空間になっています。

我が家で採用したクロスはIC-0068という品番ですが、こちらの記事にて壁紙をちょっとだけ紹介しましたので宜しければご覧下さい。

コーニス照明のフライング内覧会

ということで、出来上がった我が家のコーニス照明ですが、間取り紹介の説明だけでは分かりにくい方も多いと思いますので、内覧会を前にちらっと出来栄えを紹介したいと思います。いずれもtwitterやInstagramにて紹介した物なので、フォロワーの方はご覧になってると思います。

入居前でスマホ撮影なので画質が悪いのは勘弁してください。これがコーニス照明のみの様子になります。コーニス照明の光量がかなり有るように見えますが実際はかなり自然な配光になっています。シャッタースピードの関係でどうしてもこのような写りになってしまいます。見ておわかりになるように天井部分の凸凹が無いだけでこんなにスッキリした印象になります。

こちらテレビ設置前ではありますが、コーニス照明とテレビ裏に配置した間接照明を同時に点灯した様子です。テレビボード上に置いてある間接照明はコンセントの際に紹介したとおり、テレビボード右の壁面にスイッチを配置しましてそこでON/OFFの操作を行います。同じパナソニック製のLED照明な事もあり色合いも揃っていてとても綺麗です。使った照明の種類などに関しては正式な内覧会の際に紹介したいなと思います。

こちらはテレビ裏の間接照明のみを使った際の写真です。これは完全に想定外に良かった件なのですが、テレビに隠れた光が左右天井の3方の壁に均等に当たってなんとも綺麗な配光を醸し出してくれました。

壁全体が発光しているような感じになって本当に優しい光なんですよね。夜に寝る直前などはLDKの照明は全て消してこのテレビ裏の間接照明だけで過ごしています。タレ壁を使うようなコーニス照明だとこのような綺麗な配光は出なかっただろうなと思います。

まとめ

我が家のように天井全体を葺き下げようと言う方はほとんど居ないと思います。わざわざオプション料金を支払ってまで天井高H2600を採用する方も居る中でかなり異端だとは思います。

しかし天井高というのは10センチ程度であれば暮らしていく中で全く気になりません。むしろ凸凹した天井のほうが下がっている感が強いと思います。タレ壁を使用して天井下がりの部分を隠せるとこのような綺麗な建築化照明が一条工務店の家でも可能になります。

もちろん天井高H2600のオプションを採用した上で葺き下げることも可能でしょう。我が家では採用しませんでしたが、ソファコーナーの上に採用したダウンライトを使わずに南側もコーニス照明を配置しても十分な明るさを確保出来た確証があります。

この記事をご覧になってコーニス照明などの建築化照明に興味を持たれた方は、騙されたと思って是非ともトライして欲しいなと思います。コーブ照明なんかも壁を葺かす事によって簡単に設置出来ると思います。(コーブ照明は埃とか溜まりそうですけどね)結果として騙されたと思っても責任は負いかねますけど(;^ω^)

シーリングライトを設置する。ダウンライトを設置する。機能としては十分ですがこのうような建築化照明は本当に部屋の雰囲気がガラリと変わります。このような提案をして下さる設計さんや営業さんはまず居ないと思います。リビングライコンなどを使っての照明案を含めてこのような作業が出来るのは設計時だけです。

作業を嫌がる設計さんなども居るかもしれませんが興味をお持ちの方は頑張って設計されてくださいね。

間取り紹介はこちらからご覧頂けます.