【一条工務店】不凍液の保管は?補充は?水道水?床暖房の開始前には必ずしたい循環液の確認作業。



一条工務店さんで標準採用されている長府製の床暖房システムにはピンク色の不凍液が使われています。我が家の床暖房も不凍液が使われています。

しかしながら2016年の秋頃から床暖房システムの循環液として使われている液体が不凍液から水道水に切り替わっている方も多いのではないかと思います。

今回の記事においてはピンク色の不凍液を採用されている方に向けて書く記事になります。

循環液として水道水が使われている方に関しては私は詳しい資料も情報も持ち合わせておりません。

水道水の方のメンテナンスに関わる記事などがあれば紹介したかったのですが、私が普段から拝見している方々の記事には見当たらなかったので紹介することが出来ません。

しかしながら水道水の方も不凍液と同じように定期的な補充は必要なのかな?と思いますのでご一読頂けますと入れしいです。

今回は我が家で不凍液をどのように保管してどのように補充をしたのかを簡単に説明したいなと思います。

今回は我が家で使用している電気ヒートポンプ式を例に紹介をしています。灯油ボイラー式の場合には若干の違いがあると思いますので別途ご確認下さい。

循環液に使われる不凍液と水道水

導入でも触れましたが、現在床暖房システムに循環液として使われている液体は不凍液と水道水の2種類になります。

床暖のHB(ヘッダーボックス)を開けると床暖の元栓などがあるわけですが、このパイプを見てピンク色であれば不凍液が使われていますので一見して分かると思います。

不凍液に関しましては長く全国的に使われていたものです。

対して我が家が建築中であった2016年の夏から秋頃にかけて水道水を採用している地域もあるというお話を聞いていました。

寒冷地などに関しては今まで通り不凍液を使っていると思われるのですが、私の住んでいるⅣ地域なども水道水になっているのかな?というお話も聞きました。
※採用地域に関しては全く情報を得ていませんのでご了承下さい。

我が家はⅣ地域でも周りにⅢ地域の市町村が結構あるので微妙な場所といえば場所なんですよね。

我が家の建築時にちょうど切り替わり時期だったはずなのですが、監督さんもどの時点からどこの家から切り替わるのか分からない状態でした。

明確な指示はなく、建築現場に届く資材として不凍液が届けばそれを使うんだなと言う認識だと仰っていました。

メンテナンス費用が抑えられる水道水を採用できる地域の方がちょっとだけ羨ましいです。

不凍液に関わるメンテナンス費用

不凍液は気温の低下により凍る心配が無い反面、メンテナンスに掛かる出費が掛かるデメリットがあります。

毎年の液補充

今回紹介する液補充に関わる費用はそこまで大きくありません。

入居時に床暖房システムに入れた不凍液の余りを渡されると思います。後に紹介しますが我が家ではおよそ2.5リットルの不凍液の余りを渡されました。

不凍液の注文は基本的に営業さんや監督さんに依頼するようになると思いますが、太陽光発電システムを導入されている方は一条工務店さんの夢発電アプリから注文することも出来ます。

参照:一条工務店 夢発電アプリ

こちら10kgで3,564円(税込)という価格になっていますね。

10年に1度の液全交換

10年に1度の液全交換に関してはメンテナンスマニュアルにもこのような記載があります。

液交換に関しては一条工務店さんを経由して専門の業者さんに依頼することになりそうですね。

不凍液の代金はそこまで大きくないと思われますが、やはり業者さんの手間賃と古い不凍液を産廃として廃棄するための料金が大きいのかなと思います。

ピンク色の不凍液が使われている方は家の大きさによりますが10年で4~5万円程のメンテナンス費用は見込んでおかないといけませんね。

長期の検証により不凍液を使う必要がなくなった?

この不凍液ですがそもそも気温低下時に凍ることを恐れて一条工務店さんで独自に入れたものなのではないのかな?と思います。

不凍液に関しては循環パイプが外気に触れる部分は屋外に設置されたRayエアコンの室外機から屋内に引き込まれる部分だけであり、その他は基本的に屋内の暖かさを保てる銀色のパネルの中を通っていますよね、

銀パネルの下には断熱材もしっかりと配置されていますのでほぼ凍る心配はないかなと思います。

また外気温により循環液の凍結を防ぐように自動的に液を回すようなシステムも組み込まれていると聞きます。そのシステムが急激な温度低下の際にしっかりと働くのか?は別ですけどね。

とはいえ、このような条件でも温暖な地域に関しては水道水でも凍らないというデータが取れたのかな?と想像します。

不凍液は床下点検口に小分けに保存

不凍液はダンボール箱に入っています。灯油タンクのような形になっていますので補充の際に液が一気に流れてきたりしてとても面倒そうに思っていました。

我が家では脱衣所に設置した床下点検口の下に不凍液を保存しています。

床下点検口の下は夏季も冬季も気温がある程度一定なので冷蔵庫に入り切らないお米や貰い物の保存が効く野菜、買い置きの飲み物などが置いてあります。

またこのように500mlのペットボトルに予め小分けに保存しています。

  • 補充時に余計な量の不凍液を持ち出さなくて済む
  • 補充時にどれだけの量を補充したのか分かりやすい

というメリットがありますね。

1.5Lや2.0Lのボトルでも良いと思いますよ。

液の補充方法

液の補充方法は簡単なので順を追って簡単に説明させて頂きますね。

外部蓋・内部蓋の取り外し

室外にあるRayエアコンの室外機が床暖房システムの循環液補充場所になります。

この室外機ですがこちらの記事でも紹介しましたね。通れない場所に設置しちゃいました。

普段は通り抜けたりする場所ではないのですが、このように不凍液の補充などの際にはちょっとだけ作業性が悪いです。

こちらの蓋はプラスドライバーを使って開けますので準備を忘れないで下さいね。

このように外部蓋を開けると中にも蓋が見えてきます。

内部蓋は車の給油口のような作りになっていますので回せば簡単に外れます。

液量の確認

蓋を開けたら中身を確認してみましょう。

中には不純物などが入らないように網のような物が見えると思います。

写真では分かりにくいのですが、1シーズン稼働した我が家ではこの網の下にギリギリ不凍液が見える程度まで液量が減っていました。

液の補充量

明確な指示がメンテナンスマニュアルにも無かったので工事課さんにお問い合わせしてみました。

液を補充の際は溢れない程度まで上まで補充するように指示を受けました。

よってどんどん補充してみたいと思います。

ペットボトルで不凍液を簡単補充

それではどんどん補充してみたいと思います。

ペットボトルなので重いタンクを持ち上げる必要もなくとても楽チンです。

このように網の部分ギリギリまで補充しました。

内部蓋・外部蓋を閉めて終了

作業後はしっかりと蓋を締めましょう。

1シーズンでどれだけ補充した?

延床面積が約27坪の我が家では約800mlの不凍液を補充しました。床暖房のエリアが広い家の方が補充量は増えるのかな?

最初の1シーズンを稼働しての補充量です。

来年度も同じぐらいの量が減っていれば経年の減少量として把握ができそうですね。

小分けのペットボトルだと補充量も分かりやすいので、不凍液を保管の際はやはり小分けにしておくと良さそうだなと思いました。

また、補充量が極端に増えた際には何かの異常のサインとして気づける点があるのかもしれませんね。

液が減ると床暖のパフォーマンスに影響する

今シーズン床暖の不凍液を補充したというブログ記事の多くに参照されている記事を私も紹介したいと思います。

事の発端はしろのすけさんのこの記事でした。

床暖房を稼働していてもなぜか室温が上がらないというこの事例に対しては当時結構な衝撃で記事を拝見した覚えがあります。

結果として不凍液を補充することにより改善されました。

また後日の検証により床暖房にかかったであろう消費電力にもかなりの差が出たと推察されるようですね。

そもそも不凍液の補充はエラーが出てから

一条工務店さんから渡されるメンテナンスマニュアルには不凍液の補充に関してこのように記載されています。

こちらには床暖房と連動しているRayエアコンにエラー表示が出たら不凍液を補充するように記載があります。

しかしながらしろのすけさんの例を見ても床暖房を稼働する前にはエラー表示などが無くても必ず不凍液を補充するべきと考えます。

まとめ

床暖房の不凍液補充に関してはメンテナンスマニュアルに書いてあるエラー表示を待たずに毎年の補充が間違いないなと思います。

また水道水を採用されている方は、恐らく水道水に切り替わって初めての2シーズン目を迎える方がほとんどではないかな?と思うのです。

現在は不凍液を使っている方と水道水を使っている方が混在していますので、水道水を採用されている方はそのメンテナンス方法をしっかりと監督さんなどに確認されることをお薦めします。

床暖房に関してましてはこちらのカテゴリにまとめてありますのでよろしければご覧下さい。