床暖房を切るタイミングは?目に見える指標で考える。



4月も半ばになってくると床暖房をOFFにしたという報告がどんどん見えますよね。我が家ではある指標を元に床暖房を切ろうかなと思っています。それはどんなものでしょうか?参考になるのかならないのか、とりあえずご紹介しますね。

一般的には外気温の最低気温が○○℃を数日超えたら切るだとか、最高気温が○○℃を数日超えたら切るだとか、家族が暑がりだから室温が一定温度を超えたらか切るだとか、ご家庭によって様々な基準があると思います。

外気温の変化の仕方というのはもちろんお住まいの地域によって変わるものでしょうし、それこそ陽当りなどによっても大きく左右されそうですが、そのような物を抜きにして一定に数値で確認できる方法を紹介します。

床暖房を使わないとどの位まで室温が下がるのかを知る

これは実際に床暖を切ってみないとわからないことだと思います。そして室温を計測する部屋の条件によってもかなり変わると思います。今回は我が家の例をみて居住空間のメインとなるLDKを考えてみたいと思います。

LDKの熱源

人が家で暮らしていると発せられる熱源は色々あるわけです。人の体温・家電品の放熱・料理をしたときの発熱・そして陽当り。それらはもちろん暮らしている人の生活環境によって違うわけです。

湿度環境も同じく加湿器の稼働状況・外気の乾燥具合・部屋干しの有無・お風呂の換気扇の稼働状況・発汗具合・食洗機なんかも大きそうです。食洗機って稼働してる時に湯気がかなり出るんですよね。初めて見る時にびっくりしました。食洗機を使うか使わないかってある程度の部屋のサイズになると結構大きそうな気もしました。

個別の計測は出来ない

各家庭により条件が違うわけなので計算なんて難しいのですが、ある程度のQ値から室内の温度上昇は計算が出来るようです。

こちらフエッピーさんの記事にある「床暖房はいつ切る?」の項目にてこのような事をおっしゃられています。

Q値が1.0W程度の家は8℃程度は内部発熱で室温が上昇します。直近1週間の外気の平均気温が15℃を超えたら、床暖房を全部止める時期でしょう。

東京では4月中旬ということでそろそろですが、窓が大きい家は夜に冷えるため、もうすこし床暖房を継続された方が良いと思います。

この平均気温が分からなくてお聞きした所、気象庁の発表している気象データ内にある平均気温だということです。

気象庁のデータを確認する

気象庁のデータはこちらから確認が出来ます。私も場所がよく分からなかったので紹介しますね。

気象庁のホーム>各種気象データ>過去の気象データからこの画面に飛べます。こちらでお住まいの地域と検索する条件を選択します。

今回は4月の床暖を切る時期を調べたいので

地点(福島県郡山市)→2017年→4月→2017年4月の日毎の値を表示 をクリックします。

こちらに出てくる平均気温を見て下さい。こちらが基準になる平均気温になります。

 平均気温+8℃が基準になる

フエッピーさん曰く、Q値が1.0W程度の家だと内部発熱が8℃程あるはずなので平均気温+8℃が床暖を使用しないときの室温の目安になるとのことです。

実際に我が家の地域を見てみると16日は確かに室温が25℃近くまで上昇しました。床暖を切っていてもそれなりに暑くなったのだと思います。対してその他の日に関してはもしも床暖房を切っていたら16℃前後までしか上がらないことが多くまだまだ寒いのだと思います。

我が家の床暖の切り時は?

平均気温とは単純に最高気温と最低気温の平均というわけではないようですね。しかしながら最低気温が5~8℃を下回るような段階ではまだまだと言うことかなと思います。

先日はかなり暖かい日がありましたが、週間天気予報を見ると私の地域ではまだまだ床暖を切る段階では無さそうですね。以前の記事でも触れたとおり、床暖房は室温が上がれば最低限の稼働をするだけなので慌てずに様子を見ながら切りどきを探りたいなと思います。

特にも妻は寒がりなので室温は理想では22~23℃ほど欲しいとの事。我が家では生活の主となるLDKの掃き出し窓が結構陽射しを取り込むので平均気温が13~14℃を超えてきたら床暖房を切ろうかなと思います。そして我が家のQ値はフエッピーさんの計算では1.07Wということで、床暖を切った後にどれだけの室温を維持できるので継続的に調べてみたいなと思います。

Q値は各家庭により変わると思います。しかしながら何となくの勘に頼ったタイミングではなくこのような目に見える値を元に床暖を切ってみるのも楽しみの一つなのかなと思います。一条の家って条件や対策によってリニアに反応が見えるフエッピーさんが言うスポーツカーみたいなものだというのが今更になって分かります。乗りこなすのは大変ですがその分検証のしがいがあります。もちろんあまり何も考えなくても快適な生活は送れるのだと思いますが、もう一歩踏み込むとまた新しい発見がある楽しい家ですね。

っと住んでから改めて思うのでありました。